Ygwxh9fnhgz4c9cglopq

スーツ

CATEGORY | スーツ

メンズコート|ビジネスシーン|スーツに合うアウターの種類・選び方!

2018.04.22

男性で通勤などに使うメンズコート。あなたはどのようなコートを使っていますか?コートはスーツと同じようにビジネスシーンに合ったものをしっかりと使わなければいけませんね。ここでは、ビジネス用メンズコートの選び方と種類について見ていきます!

  1. ビジネスシーンで使うメンズコートのおすすめ!ダウンは?カジュアルぎない?疑問を解説
  2. ビジネスシーンで使うメンズコートの選び方
  3. ビジネスシーンで使うメンズコートの選び方①落ち着いた色を選ぶ
  4. ビジネスシーンで使うメンズコートの選び方②丈は膝上までの物を選ぶ
  5. ビジネスシーンで使うメンズコートの選び方③季節ごとに選ぼう!
  6. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!
  7. ビジネス用メンズコートを種類別見見てみよう!①ステンカラーコート
  8. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!②トレンチコート
  9. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!③チェスターコート
  10. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!④ダッフルコート
  11. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!⑤キルティングコート
  12. ビジネス用メンズコートを種類別に見ていこう!⑥ダウンコート
  13. まとめ:ビジネスシーンでメンズ用コートを着こなそう!
引用: http://gahag.net/img/201607/25s/gahag-0109430770-1.jpg
冬などの寒い季節になるとスーツだけでは防寒が足りないのでコートを皆さんは使うと思います。ですが、スーツと同様にコートにもビジネスシーンに合ったコートと合わないコートがあります。しっかりとビジネスシーンに合ったコートをちょっとした服装のマナーを守る程度の感覚で良いのでビジネス向きなコートを選んでみましょう!
ビジネスシーンで使うには、ちゃんとした物を選んで置いたほうがよいですよね。適当に選んで失敗してしまわないためにもコートもしっかりと選ぶようにしましょう!
ビジネスシーンで使うにあたって、何回かはコートをきて重要な場面に出向くこともあると思います。そういった場面で派手なコートを着てしますと印象があまりよくないでね。なので、コートの色もしっかりと選んで使うようにしましょう。基本的にビジネスシーンで使われるコートのカラーは・黒・グレー・ネイビー・ベージュです!
丈が長すぎるとコート重く見えてしまいます!膝上ぐらいまでにコートの丈を抑えるとスタイリッシュな見た目になり、おしゃれにコートを着こなすことができます!なのでコートの長さは自分の膝よりも上なコートを選ぶようにしましょう!
丈の長めなコートでおしゃれを楽しみたい人は、膝上くらいの長さのコートで良いと思います。もちろんジャケットタイプコートでもビジネス面でもOKです!丈にかんして注意したいのが、ひざ下くらいまである長すぎるコートと逆にコートが短すぎて下のスーツが出ないことを意識して選びましょう!
様々なコートがありますが、使う季節はコートの素材などによって異なります。季節用のコートで持っておきたいのが、春秋用と冬用でコートを分けておいたほうが良いと思います。
基本的には冬に良く使うイメージがありダウンなどの防寒性の高いコートを使いますが、肌寒い秋や春にも使う機会があります。そんな時にダウンなどの厚いコートだと暑くなってしまいますね。そうならないためにも使う季節でコートを選んでみましょう!

関連記事

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalakakudaikyouOL20140321_TP_V.jpg
ビジネスコートには・ステンカラーコート・トレンチコート・チェスターコート・ダッフルコート・キルティングコート・ダウンコートの種類があります。それぞれの種類のコートについて見ていきましょう。そして自分に合ったコートを偉るようにしましょう!
秋、冬、春など、肌寒い季節に身に着けることができます。春でも着ることができることが特徴ですね!春は、少し涼しく、日によってはコートを着ておきたい日もあるとおもいます。ですが、厚いコートだと厚くなって今いますよね。ステンカラーコートはそんな春の日でも身に着けられるコートです!
ステンカラーコートは主にビジネスマンたちに重宝されていて、紺色やベージュなども使われています。ポリエステルなどで防水加工されているので、突然の雨でもスーツを守ってくれるようなコートです。表面の素材にポリエステルの素材が使われていることが多いので、見た目があまり固くなりすぎないので合わせやすく、カジュアルなシーンでも使われることが多いので、とりあえずコートが欲しい人におすすめなコートです!
トレンチコートは機能性が色々とあり、中にはベルトが付いている物もありますね!ベルトを付けることによって、ウエストを引き締めてくれるのでスタイリッシュな印象を持たせてくれますね。主に冬用のコートとなっていてビジネス面でもちょっとしたおしゃれを楽しみたい人におすすめです、
引用: https://image.t-fashion.jp/greenlabelrelaxing/images/goods/1509-31251990316/z-1509-31251990316_67.jpg
このトレンチコートは第一次世界大戦のときにイギリスで軍用コートとして開発されました。軍用としてつかわれていただけあり、防水性があり機能性にもすぐれたコートです!当時は必要な運ぶために双眼鏡や水筒を身に着けられるようになっていたそうです。このトレンチコートは腹部を暖かくするようになっていて冬におすすめなコートで、また整ったシルエットがおしゃれなコートです!
一般的にはチェスターコートと呼ばれていますが、正式名所はチェスターフィールドコートだそうです。丈がやや長めで、膝ぐらいの長さが基本的なチェスターコートの長さです。先ほどはコートの丈の長さは膝上くらいと書いていましたが、チェスターコートであれば膝くらいでも大丈夫かと思います。
丈の長いアウターは人気がるので、カジュアルとしてもこのチェスターコートは人気があります!ビジネスシーンで使われる、黒、紺、ベージュなどでもプライベートでもおしゃれに着ることができるので、ビジネスとカジュアルの両方で使いたい人におすすめなコートです!
フード付きのコートなのが、特徴なコートです。主にカジュアルとして使われることが多いです!メルトン生地なので保温性があり、かつおしゃれを楽しむことができるこのダッフルコートはよくカジュアルなシーンで良く使われています!プライベート用のコートとしておすすめなコートです!
このコートは一般的にはビジネス向きなコートではないです。通学として使われることは多いのですが、通勤などでは使われることはほとんどありませんが、服装が自由な会社であれば通勤などでも使うことができます。
防寒性がしっかりとありながら、軽量なのがキルティングコートの特徴です。このコートはあまり、ボリュームがあるものだと重く見えてしまうので、ファッションとして着るのであれば薄いキルティングコートをおすすめします!
このキルティングコートは見た目に落ち着きがあり、爽やかな印象がありカジュアルとして使用する人が多いです。ですが、デザインやカラー的にも落ち着いたものが多いので最近ではビジネス面でも使われるようになりました。軽く防寒性のあるこのコートは機能面敵にビジネスマンにおすすめです!ですが、キルティングコートは、まだカジュアルな印象がある人もいるので、客先に出向くときなどはまだ避けておいたほうが良いアイテムです。
引用: https://shop.r10s.jp/zenmall/cabinet/17m10b/7537214071_1.jpg
こちらも軽くて防寒性のあるアイテムです。羽毛を使っているので軽くて暖かいので冬場では着用している人を良く見かけますね。こちらもカジュアルとして使われているイメージがありますね。
引用: https://shop.r10s.jp/easyhome-calac/cabinet/yr/yr03.jpg
カジュアルとして良く使われているこのダウンコートですが、ビジネス面で使われていることもあります。ですが、ダウンというと、ボリュームがあり重い印象になってしまいます。ですので、ダウンコートを選ぶときにはできるだけ薄い物を選ぶことをおすすめします!また、ダウンコートもまだビジネスシーンとして使われているイメージがまだあまりないので、客先などの重要な場面で使うことはまだ避けておきましょう。

関連記事

以上、ビジネス用メンズコートについて見てきました!コートにはいろいろと種類があり、それぞれ特徴がありましたね!その中でも自分に合ったコートを選べるようにしましょう!是非あなたもビジネス用コートでクールにおしゃれなビジネスマンになってみましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201602/29s/gahag-0061070180-1.jpg