// FourM
Iwgrffhlyisbtsivkscq

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

モンステラの育て方!葉が広がる時は支柱が必要?水やりの頻度は?

2018.05.19

いろいろな観葉植物に注目が集まっていますが、特にモンステラが人気です。モンステラの葉が広がる問題、水やり、育て方はどのように解決すればいいのでしょうか。ここでは、広がる問題や、水やり、そんなみなさんのな素朴な育て方の疑問を解決しましょう。

  1. モンステラの魅力 育て方一つで葉も広がる!
  2. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】様々な疑問 
  3. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】選択肢
  4. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】葉の広げ方
  5. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】強剪定
  6. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】年間スケジュール
  7. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】直射日光
  8. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】水やり
  9. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】見栄え
  10. 【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】空間
  11. モンステラを美しく育てる【水やりの頻度は?添え木は!室内で葉が広がるモンステラの育て方】
引用: https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/07/DSC_0112-1-e1500617310442.jpg
いま、観葉植物に注目している多くの人たちがいます。モンステラもそのひとつではないでしょうか。モンステラは、うちわのような葉に、切り込みが入っているのが特徴の観葉植物です。モンステラは、寒いのに強い性格もあり、お部屋の中でも容易に育てることができます。 モンステラは、学名を、Monstera deliciosa Liebmといいます。サトイモ科・モンステラ属(ホウライショウ属)で、英語では、Monstera Swiss cheese plant Mexican breadfruitです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSd4vL6vZk2R3pWYw1uawfhVRxuv1d88ldhZ0SSwnkQyqiytQhgoA
Monstera Swiss cheese plant Mexican breadfruitは、別名、鳳来蕉(ほうらいしょう)とも言います。花は通年開き、白い色の花です。 アメリカの熱帯地域に多く、モンステラという意味は、ラテン語の、モンスラム(怪物)が由来となっています。モンステラは、モンスラム(怪物)に匹敵するほど、エキゾチックなイメージを持ち、大きくなれば、葉は、1メートルにもなると言われています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTSRC7dZIHRtK7YgoVW2AGHJfUYlgkZaVH7ffMebe-6RwD_mjZaDQ
サトイモ科という意味では、モンステラは、セロームやスパティフィラム、ポトス、シンゴニウムと言ったものと仲間です。 モンステラには、うれしい便りとか壮大な計画、深い関係という花言葉があります。 案外、気楽な感じで育てることができるのがモンステラとも言われていますが、育て方にはこのようなことを注意してください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR-uw8W_3cKornsyIInswvdv4IW3SLOnGnwmahr_SZeKiEuf8cz
モンステラを実際に育てるうえで、それでも水やり、添え木など様々な疑問や悩みって出てきてしまうものではないでしょうか。育て方が楽ということは、ちょっとサボっていても、観葉植物はなかなか枯れないということです。しかし、思った イメージで室内で育てて行こうと思えば、ある程度の頻度しっかりモンステラに愛情を注ぎ、育てるモチベーションが必要です。愛情が注がれていないと、モンステラが広がり過ぎてどうにもならない状態になってしまうことになります。葉が広がる事態は、モンステラの魅力とも言える部分です。広がる問題を抱えるというものの、デメリットとして判断するのはみなさんの考え次第ではないでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSFMFOMrSdQ4uHdjpJB3so3HptRJ4-46I28BUYyq9xWNWB64WieHg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQh1AUv10jEOxKjYedOYRDoie3GntFQMKQN0cM7Tx2JCUfsTGv4jQ
とにかく、葉が一杯に広がって、葉に穴もあいてきて、ダイナミックなモンステラがいいという人たちもいます。 特に、そのようなモンステラを求めているのなら、モンステラ・デリシオーサの選択がいいでしょう。 室内で、大人しめに育てたいというのなら、姫モンステラがいいのかもしれません。姫モンステラなら、室内のテーブルにもピッタリのサイズです。
引用: http://birthday-complete.com/wp-content/uploads/2016/02/img_3-e1454723631585.jpg
デリシオーサみたいにモンステラが大きくなったては困る!という人たちには、モンステラ・ペルツーサがあります。 みなさんが、頻繁にモンステラを購入している場合、結構モンステラ・ペルツーサが多いようです。室内で、育てたいという場合、まず、このような感じで品種に注目すれば、ある程度問題は解決できるかもしれません。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQg-XJWCrvU48G76wpX8x94pL6sDjslGdOGOG8E3Ig4CWyyDTAD
モンステラの育て方として、葉をどのような感じで広げたいと思っているのでしょうか。ふわっと全体的に広げたいと思っているのか、それとも室内で見ばえよく片側だけ広げたいという人たちもいるでしょう。苗をひたすら、窓の方向に向けて育てる意識を頻度高く持つことで、一定方向に向かせることができるでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTy6gwVxasmP9gcT1D_tz3dNpSBHgy4N92U1X_PQqCDJ5ofM32B1Q
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQrB6DcmfUvSkRRHoOqs93YOd7oBuFzcDWa00FspJp8nG8dUYNHsw
みなさんの期待通りに育ってくれないのなら、モンステラには、ぱさりと強剪定という意識が必要です。 室内で、いい感じに育ってくれるために、バサリと強剪し、数ヶ月たてば、またまた育って来てくれますが、デリシオーサらしい穴はなくて、まるで、ポトスかのようです。
引用: http://b-birds.com/ban/blog/wp-content/uploads/2017/04/20170319_15.jpg
しかし、みなさんが頻度高くこのまま愛情を注ぎ込めば、いい感じで、穴も次第に開き始めてくれることでしょう。
引用: http://b-birds.com/ban/blog/wp-content/uploads/2017/08/20170801_12.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQMyTC3lnV3Xvbuh-BEVkNCCMfugv86VuGT25OjcsBooBMYqCkSJw
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/hitohana/note/item_images/52957/tumblr_npomiy3s4e1qc91i1o1_1280.jpg?1505379778
モンステラは、春から、初夏にかけて、気温が20度~25度ぐらいの時期に一番成長してくれるでしょう。秋から冬は休眠期に入るので、なかなか元気よく成長をしてくれません。 みなさんが、モンステラを育てる場合、年間スケジュールを組み立てるのがいいでしょう。 生育期の5月~7月頃に肥料や植え替えをするという意識があれば、あとは、水やり程度で楽に育てられるという感じがあります。 モンステラは、とても人気があるので、お花やさんでも、インターネットでも簡単に購入することができますが、一番出回っているのも、5月~7月頃の生育期の頃です。みなさんが、モンステラに拘りを持つのなら、この頃、いろいろモンステラを物色すれば、かなり選択肢も広がることでしょう。 モンステラは実際には、育てやすい観葉植物とも言われていますので、それほど、育苗に対して神経質になる必要はありません。鉢植えを植え替えるタイミングとして、5月~7月の生育期に植付や植え替えするのがいいでしょう。 やはり、この時期のモンステラが一番元気に成長して行ってくれます。このような時期のタイミングを狙うことで、休眠期までにしっかり根をはらせることができます。寒い時期も、しっかり乗り越えてくれることでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJbMVrEwSmlE4n1yx2Bax0ABXE0oq5WYrosdjziH_rVCxgqRvwZQ
モンステラはもともと熱帯地方のジャングルに生息しています。ですから、みなさんは、ガンガンに日があたっても大丈夫ではないかと判断するのかもしれませんが、実際に、湿度が高く鬱蒼とした場所を求めているものの、直射日光に強いということではありません。直射日光に当たると葉が焼けてしまうリスクもありますので、注意するようにしてください。
引用: https://www.apego.jp/contents/wp-content/uploads/2016/04/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%89%AA%E5%AE%9A%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81-618x484.jpg
実際に、室内で育てる場合、モンステラは、寒さにも弱いので、モンステラだけ室内で放置して、5度を下回らない環境を作らないようにしてください。
引用: https://a-t-g.jp/wp-content/uploads/2014/06/8.jpg
そして、水やりの問題です。 モンステラは、比較的乾燥にも強いと言われていますが、水やりも大事な問題です。夏は、頻度多角毎日、春と秋には土の表面が乾いていないかしっかりチェックして、冬は、休眠状態なので、乾燥ぎみというのがいいです。頻度が高いと、鉢の中が蒸れてしまって、根腐れの原因となるので注意をしてください。時々葉っぱにもお水をあげる意識を持つようにしてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR0OBGat9actvVRZQQEY-tr4PtPsO1z6ZlHq-Axke4uzhdeBSmrvA
モンステラは、基本、肥料は要らないです。 みなさんがもっと大きく育てたいと思うのなら、5月~7月あたりの生育期に固形の肥料などあげるといいでしょう。 しかし、肥料をあげないでも、モンステラって結構成長して行ってくれるものです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRexIF1Toc2UGYKTbKnDgi4zgD776QpPbC3WqVDwowoQdjJLPe-4w
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSHAjlqJB36l37ATNPpZBDXS036RPfbqC3dLJb2Ek0LzrM31dQH
モンステラって、ワイルドにどんどん成長して行って、おさまりなくバランスが崩れてしまう頻度も高くあります。室内では、やっぱり、インテリアとして美しく育って欲しいというのなら、添え木という意識も持つ必要があるのではないでしょうか。モンステラは、つる性の着生植物であることからして、伸びてくれば添え木など、支えが必要にになって来ます。 添え木という意識によって、室内でもモンステラをかなり見栄えよく育てることができます。
引用: https://imgkondou.sakura.ne.jp/img/9124c418f6.jpeg
引用: https://happamisaki.jp-o.net/green/others/monstera03.jpg
さらに、添え木によって、植物同士の距離をある程度維持させることができ、葉と葉にスペース空間ができ、添え木で病気、害虫が瞬く間に広がるのを防ぐことがてきます。まずは、しっかりした太さのまっすぐな添え木を用意してください。ヘゴという植物の幹を乾燥させ、棒にしたヘゴ棒は添え木にかなりおすすめです。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT6ozM0_zqzCWLw5lsJLEl8Ig6XLPWxF6jI6wES9rPpYL16py4DRQ
いかがでしょうか。モンステラを室内で育てる場合、やはり、見栄えで必要です。そのためには、ちょっとだけ頻度ある配慮をしなければならない植物かもしれません。