Ixnn0cm7quhlwdomhibe

自転車

CATEGORY | 自転車

ロードバイクのハンドルを交換しよう。おすすめの幅や高さは?

2018.04.30

ロードバイクでハンドル交換も自分でできるようになればとても便利ですよね。ただロードバイクのハンドルといっても 高さや、幅などまちまちです。そこで今回の記事ではロードバイクのハンドルにおける基本的な知識とタイプ別のおすすめモデルを紹介していきます!

  1. ロードバイクハンドル交換
  2. 【ロードバイクハンドル】 ドロップ
  3. 【ロードバイクハンドル】 フラット
  4. 【ロードバイクハンドル】 ブラケット
  5. 【ロードバイクハンドル】 ショルダー 下ハンドル
  6. 【ロードバイクハンドル】 サイズと幅
  7. 【ロードバイクハンドル】 ポジショニング
  8. 【ロードバイクハンドル】安全・快適・効率
  9. 【ロードバイクハンドル交換】PRO(プロ):LT コンパクト
  10. 【ロードバイクハンドル交換】Deda(デダ)ZERO100
  11. ロードバイクのハンドルを交換しよう。おすすめの幅や高さは?まとめ
Tfgdsol4byzoszapzjht
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668305/tfgdsol4byzoszapzjht.jpg
Frjezjxslzylfrgzwl05
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=afZF2SQXyLGZwKQb1sRzSjtitxwFxdmKflvuciaXgyLL1Ks2vxKjaAxLnpc97KHAojox6a4lTTMRy2Uvp7J3drrYUQI4bYweP3hLXqtOlFHB4j09v734TzAuW.9qjJ9lxCp3mnazUej5CHwdrKu9&sig=13an3qr8i&x=259&y=194
いままで、ずっとロードバイクに乗っていた人たちは、プラスαより自分に対してのしっくり感を求めて、ハンドル交換などしようという思いが起こるかもしれません。そのような人たちが追求しなければならないのは、正確なハンドリングと適正なブラケットポジションです。どのようなハンドルがおすすめでしょうか。素材に対して意識を向ける必要もあります。素材では、アルミからカーボン製のものがあり、ケーブル内蔵型の空力を意識したものまであります。
Slk1rrsyzgw1tmilav89
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668352/slk1rrsyzgw1tmilav89.jpg
Gcddz7gagmyufhyelq3r
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668376/gcddz7gagmyufhyelq3r.jpg

関連記事

Is6vsl8ui758oys0o2dg
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668434/is6vsl8ui758oys0o2dg.jpg
私達が意識しなければならないのはハンドルに対してのノウハウです。 ドロップハンドルは、ロードバイクにおおかた使用されるハンドルです。実際に、自転車のなかでも、一番理想型に近いハンドルのカタチがこれと言われています。ドロップハンドルだから、いろいろな場所を握ったりすることもできます。
ドロップハンドルの一番前は、ストレートラインになっていますよね。フラットという言い方もしますが、前傾ポジションに疲れた時には、姿勢を起こすことができ、酸素を多くこのような姿勢によって取り入れることができます。 シフトブレーキレバーからは一番遠い位置で、急いでブレーキを踏まなければならないとき、このようなハンドルの扱い方には注意も必要になって来ます。
Nid3b1rgljnf5nukfgxi
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668623/nid3b1rgljnf5nukfgxi.jpg
ブラケットと、シフトブレーキレバーの取付金具の位置あたりのことを言います。ブラケットは、ロードバイクの基本のスタイルを取るときに握るハンドルの位置とされています。このような姿勢によって、よりブレーキ踏みやすい状態を作ることができます。
Mxguylqq4hlp9luzy4ca
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668733/mxguylqq4hlp9luzy4ca.png
そして、ショルダーはフラットとブラケット真ん中あたりに位置するハンドルポジションです。フラットと同じく、前傾姿勢に疲労したときはここを握るといいでしょう。下ハンドルは、一番前傾の状態になることができるポジションであり、加速させたいときなどにいい効果があります。
シフトチェンジとブレーキングもしやすいですし、はじめてロードバイクを乗るというというケースでは、なぜだかわからないですがここを握っている人たちが多い場所です。プロフェッショナルの人たちを真似てそのような方法を身に付けてしまった人たちが多いようですが、プロはプロでいいとして、はじめての人たちは、フラット、ブラケット、ショルダーをしっかり使い分けるということした方が、みなさんの疲労感をより少なくさせることができるでしょう。
Tgwpdtbgetnoxd871iqq
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668842/tgwpdtbgetnoxd871iqq.jpg
ロードバイクハンドルを交換するとき、サイズと幅についても向きあう必要があります。ハンドル幅はメインでは、380と、400、そして420と、440mmの4つのタイプです。幅とはドロップハンドルのエンド部分を計って出した数値のことです。芯から芯までを計り、「C-C」と呼ばれることもあります。
ただし、幅をはかる方法はそれだけでなく、ヨーロッパの企業では、外-外の幅のはかり方を採用する場合もあります。幅はもちろん変わり、同じ420ミリのものだとしても、「芯-芯」と「外-外」とでは違ってしまうので、注意をする必要があります。
まず、「ハンドル幅」というときにどうなのか……ということを意識する必要があります。幅だけでなくハンドルとステムをクランプする太さにも私達が知らなければならないサイズがありますので注意をしてください。クランプの径は26.0ミリと31.8ミリの2つがメインで使用されています。
みなさんが、ロードバイクのハンドルの選択で、カーボンフレームやアルミを選択する場合には、31.8ミリをチョイスする傾向があります。細めのフレームには、26.0ミリでしょう。そして、リーチとドロップにも意識を向ける必要があります。それは、ハンドルのフラット部分から先端部分までの長さのことです。
Vwyuqpawe9t3mpqnblna
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668888/vwyuqpawe9t3mpqnblna.jpg
ハンドルのフラット部分から先のところまでが短いと、ハンドリングがクイックな感じとなり、身体に近いあたりでブラケットを握ることができます。短くて60~70㎝程度のものがあり、長いものは、 120mmのものがあります。
ドロップとはハンドルの落差を測ったものです。落差が大きいものほど、下ハンドルを握った時、前傾の状態になってしまうことでしょう。そのような方法によって、身体にもフレキシブル性が必要になってくることになります。リーチ、ドロップは短めのほうが、はじめての人たちがロードバイクに乗るのにいいでしょう。

関連記事

Vxjjb2ggejgjbjm8mrdb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668927/vxjjb2ggejgjbjm8mrdb.jpg
引用: https://d1yeifm1osn10i.cloudfront.net/wp-content/uploads/2016/12/26023234/320x320-aboutroadbike18-e1487715282917.jpg
私達は、交換の意識を持つとともに、理想のロードバイクのポジショニングがどのようなものか理解しておく必要があります。フレームのサイズに拘りを持つのも必要ですし、サドルの高さ・前後・角度も大事なポイントです。そしてハンドル交換にておすすめの高さを求めていく必要があり、ブラケットの位置、クランク長、クリートの位置など様々な問題と向きあう必要があります。

関連記事

Izs8dx7a3ollobhyyhko
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523668983/izs8dx7a3ollobhyyhko.jpg
Hoypdglcmgggcc8op5td
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669029/hoypdglcmgggcc8op5td.jpg
みなさんは、ハンドル交換に対して安全・快適・効率というトライアングルを完全維持できるでしょうか。高さを意識しないことで、快適なロードバイク体験は実現できないかもしれませんし。高さもバランスのためです。自分自身の身体の寸法を理解していないからそれが実現できないという人たちもいます。 そして、次にはロードバイクに対する肉体の適応具合について知る必要があります。
はじめての人たちも、ちょっと見栄を張りたい気持ちがあって、シートポストは高さを意識し、ハンドルは高さではなくもっと低く、ステムは長く……という前傾姿勢がとれるロードバイクは格好がいいという認識があるかもしれません。 でも、そのような姿勢が本当に日本の人たちにあっているのかも考える必要があるのではないでしょうか。
Gb0qnfqmaleeeae5kmlg
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669070/gb0qnfqmaleeeae5kmlg.jpg
Ghic48wqlnaaxax5ed7z
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669128/ghic48wqlnaaxax5ed7z.jpg
Hdcblqazmiyulca6wscv
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669164/hdcblqazmiyulca6wscv.jpg
O0zinqqochmjyt0ijtbm
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=568U6K0XyLFXFcUinI9gpdDt33hdBTV9EB6TATvpaSpGvgPUhX7G54vQWdu8GawZmkHu0Al6S1_llfRftnceLHnredrujgcc1_dfOLMu6QJh.AeDNvQ4TB4X7S2xO1EkwamaCnFacEhOQ2i0aw--&sig=138qbkd56&x=220&y=165
ロードバイク、ハンドル交換をはじめてするとき、おすすめのブレーキを紹介しましょう。世界のパーツメーカー、シマノのPRO(プロ):LT コンパクトがおすすめです。アルミで値段以上に、軽くて使いやすいときっと感じるでしょう。エルゴノミックタイプは、上ハン部がタマゴのカタチになっていて、手を置くところを選ばないでもOKです。コンパクトでも、広め感覚で、サイコンやライトも迷わずつけることができます。 ただし、ロードバイクに慣れて、今後、レースなどにトライしようと思っている人たちには、ちょっと物足りないと感じてしまうこともあるでしょう。
Smazcgu3zoglexh7jaii
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669200/smazcgu3zoglexh7jaii.jpg
R7stfxz284r0zrwfgxy2
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669274/r7stfxz284r0zrwfgxy2.jpg
次におすすめのハンドルはDeda(デダ)ZERO100です。自転車が好きという人たちなら一度は聞くことがあるだろうおすすめのメーカーです。ちょっと知ったかぶりして、デダ・エレメンティのハンドルを使っているというだけで、相当のレベルの持ち主と思われることもあるでしょう。はじめての人たちが、そのような上辺のカタチから入るというのでもいいでしょう。
ZERO100シリーズは、コンパクト、ディープ、シャローの3つの種類が用意されています。はじめての人たちも、使いやすいという点からはコンパクトがいいでしょう。前傾を深くしたいというのなら、シャローです。もっと格好良く乗りこなしたいというのなら、おすすめはディープです。値段は安いということができませんが、このようなハンドルに意識を向けると、俄然、ロードバイクのランクをアップさせることができます。いかがでしょうか。とにかく、ロードバイクのハンドル交換の意識をもって、さらに楽しく乗っていただきたいですね。
Jxhd0xsasgdkjogmpzko
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523669147/jxhd0xsasgdkjogmpzko.jpg

関連記事

いかがでしたでしょうか?おすすめの幅や高さを理解して、ハンドルを交換してみましょう!