Mmncn9f8jt36a1nc1r5d

自転車

CATEGORY | 自転車

ロードバイクのタイヤ交換のコツ!正しいサイズの選び方とは?

2018.04.30

ロードバイクのタイヤ交換、経験ありますか?誰もが最初は苦労したかと思います。今回の記事ではロードバイクのタイヤ交換のコツに加え、費用や適切なタイヤ交換の時期、適切なサイズを後輪の交換手順を例にご紹介。これでロードバイクがもっと楽しくなるかもしれませんよ!

  1. ロードバイクタイヤの種類とサイズ
  2. ロードバイクタイヤ交換 必要な道具
  3. ロードバイクタイヤ交換の手順①タイヤの取り外し
  4. ロードバイクタイヤ交換の手順②ブレーキの取り外し
  5. ロードバイクタイヤ交換の手順③タイヤの空気を抜く
  6. ロードバイクタイヤ交換の手順④ホイールの取り外し
  7. ロードバイクタイヤ交換の手順⑤タイヤの交換
  8. ロードバイクタイヤ交換の手順⑥ホイールの取り付け
  9. ロードバイクのタイヤ交換の時期
  10. ロードバイクのタイヤ交換の費用
  11. ロードバイクのタイヤ交換のコツ!正しいサイズの選び方とは?まとめ
Whb4eywsazjrcnzrqwnv
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=am65T5kXyLGIIrBRE4xG5wCDewCZtwXL4eqimUCBeTOKGRIeW_gsWBnFVX1YkF4gKFVE6AAs87MKEuK2TxY5SqNlYj.0mydnDWO2mZnbThnQNlBG3lgF2Rykr4YJTnGokP_z.djDzdNqUBOO0e3X&sig=13apoqfkk&x=225&y=225
ロードバイクのタイヤの交換をしようと思うものの、 どのようなサイズや種類があるかまず知らなければ、何も対処することができないでしょう。まず、ロードバイクを乗っている人たちが知るべき知識は、自転車のタイヤの「WO」や「HE」の区別です。この規格自体間違えてしまえば、ロードバイクになかなかタイヤが上手くはまらないという事態が起きます。
Qh91tjy2rnln89u5vvkz
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=YZrWkbMXyLE35nSXAxyHZybKxNOI5F5WVV8pLCFrz4_bUEudGLE6j.xc4UYJxvXA5X8B1gYzv9IuaQ7s4apQ4LjLcXSu9SYdi2h5aQ9cidEHJ6rHux1RrFjOXqZmwbkSzp3fQlIWPRfZ01CL.N1v&sig=13aqhsfvm&x=251&y=201
Frrltnfnc4hsj78uyc17
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=c4g_s0gXyLFuzzTEzVSSmHt07b12w5cR1gPI0MFE40CJ9VwF0z4JB7oajTQenqn2OUD6BJGCzGNhOLHtD8Ia0QPgANGR.bjCJbpUKQMx7_kaUoLS4XVl2VsetPHLhXGWR0i1PDe4tAzSGmGDxNhN&sig=13aq6gj1m&x=259&y=194
基本、W/O・ワイヤード・オンと呼ばれるものに対しては、700×25cのサイズがあり、それはクロスバイクやロードバイクなどで使われるタイプです。26×1 3/8のサイズは、ママチャリなどに利用しているタイプです。さらに、 H/E・フックド・エッジと言われるタイプに対しては、 26×1.50のサイズのものがあり、クロスバイクやMTBなどで利用されているものです。
I8fu6u05djyukapbro4y
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=Y4LWUy0XyLHXE4gYtAj0pkwvqkdGRXeOwfjJ_2bLAK9rcU9X7qoauFymrXQahugWSN_YbUfyP5SqDBzVd412_cYevyDa3HbCMmlMQunU_m5LKUMQ0d7uxSAY.yNzc8Di_kx5wOLbQqvaJaAM568x&sig=13asahmn5&x=299&y=168
ロードバイクにおいてもタイヤ交換の意識は基本、交換する前と同じモノです。サイズによって、タイヤの価格には、バラバラな感じもありますが、 3000~4000円あたりのものをサイズとともに選択するといいでしょう。白や赤などの色つきタイヤもあり見た目はいいのですが、耐久に乏しいデメリットもあると言われています。サイズがピッタリだとしても、 黒いタイプのなかに入っているカーボンがカラーには入っていないことによって、スり減りやすいデメリットを抱えています。
基本、サイズを見るコツは、難しい問題を抱えるものの、ザックリ言えば現在使用しているタイヤにサイズが記載されてあるので、それと同じサイズのものを購入すればほとんど間違いないでしょう。更にコツは、メーカーによって、グリップ力が良かったりすることもあり振動を吸収する力が違ったりするのでタイヤ購入のときにはそのあたりのことを確認してください。
Kqarjmcyndxbrd7uu4f5
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=qlaZz4sXyLEn4.Wb1jrsabiW82iqbjMYQ9HPeTBGWEbP2po9mhs0oAD.IY5Ui5fkbZqe9xUcTx92AMMAFEvl.Y2EacPQ5bynbkTVGztXrX.ZCIT92.UOU0KzHzJlVLGNmzYKjWGxhWBLtggGbAaA&sig=13aj9psgp&x=276&y=183

関連記事

V7c8q9oimf2yscq4lhxt
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=DMPnlXAXyLEjoeKgjD9E13PVQANqBDaN.Wi35W3Ir9RWYPkcvure8T6UfqNWWRV6cF7946562ApEstj9h73WFmJpDunYXNdJeas.jQ0p7QgGipaNudGL.BUF.uIvYCHrCySsTlvB0kKGfa2ms75b&sig=13ae5j8j0&x=300&y=168
J0fayf1nzwuhiimyseiv
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=1dY9EhYXyLHm5ETJeI8.wxbcfZEJE0OHKLdPzHLXFebiNQ3RzshAwiR9vfcxesSHjXt2wabrPzngn099aVQSIvEFdeGGDEhZafjZdjjBLnltcJwxLy24dXtZJHjWieTwWx7Xvc2Q8x3KFzDrmK7R&sig=13aro9ovh&x=300&y=168
しっかり、ロードバイクのタイヤ交換のコツをマスターしましょう。まず、サイズの次は、必要な道具です。タイヤ交換のためには、タイヤレバーが必要であり、これは、ホイールからタイヤを外す道具です。パナレーサー タイヤレバー3本セットなど購入するといいでしょう。さらに、空気入れの道具のポンプが必要です。Panaracer ミニフロアポンプなどがいいでしょう。
Gkyvn1qiz8kx4dt21prs
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=Dt_mA8gXyLF_XCXhCydMKsdgExsWwW5wi9kE4arZg5oqWUFD3DSh48mWiDdNOw.TSiLddL0LObXOP5WDr3INNI28.sfOTtwl3ZtNGE6KQr7CCz2.GhUM_H.N6RYz5OoilQKkKarvL_6J3TWX03sl&sig=13a8brngd&x=275&y=183
U0hwdanplbvafvl06ny3
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=1FlepDkXyLEu4siivmEmHh0B4gOlqjA7yru7cB_tMpCEk5On3ljX7DqztMcH3xFNcBeWElmD2EGqJa5KGrHcksYrySVahJIOzaciZbiGFn7G4vZynqMEkTj5oRJ.vIS_4gikXC96tIIj73rPtYvm&sig=13angv9fn&x=259&y=194
さらに、ロードバイクタイヤ交換時にはケガをしないためにも、しっかり軍手など買って使うようにしてください。そして、新しいタイヤが必要ですが、ロードバイクタイヤの交換が決して難しいということではなく、基本、これだけのグッズがあれば、タイヤ交換と向きあうことができます。
Jgvbw19jaicjivr3lkp1
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=BYpBQxoXyLE7833IFVc2u3gBZ9IReOr1XdWTp0n_oSKrYydxvnTgLIG33UPXajKOREg0m_FKtkCdfJJUOWogVLgaQt_y_bvflhOzDottkZRXdmI05zGCIIJijxgQHSUDf1JxKoDavQAuMbWBagJC&sig=13a7llge4&x=238&y=212

関連記事

Ukddbtxbuwfa8mu47wly
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=tuVxXcEXyLGkFHBO9YbxNT7RirCdMuPRsWRMAhpjtwLRjRTeFF0mY_53apBNwqIdqtvuGrq_VyYd8BAlstmvtEVt_RguuCZFsL2EeVpgh5eI1IQoLRmxTPyERTTTOQDb_WqzBOUhSqZRVrTY7A--&sig=138l2ntng&x=259&y=194
Offetl9vbpexi6r4r55y
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=BJORbfgXyLF2e1KLCwJDyX8elmxmCFZmwwoGdhrLyim0.iigKYFCmhdn5ErPhybRHFjRQQ3I_b.p8RASm7.979U4ru5Zp0AvR9dgTYBwqBnCyctSFai7zH9fzonT0523SoXVRBe5nfNtMAkZtmOk&sig=13a350141&x=225&y=225
どのような方法でタイヤ交換をしていけばいいかということを次にお話ししましょう。今回、ロードバイクの後輪タイヤの交換です。(前輪、後輪の手順はおなじです)まず、後輪に触れる前には、軍手をしてください。後輪のサイドに付いているレバーをつかんで、反対まで倒してください。そして、後輪のクイックリリース反対のつまみを動かない状態にして、レバーを時計と反対の方へと回していきます。
Yir7vy9kd7zqavwnq5o5
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=FVXIL4QXyLGIKA.bEs7kixehEnxfRf8kWWxFOkf.ejPMrt5Al9fNrky_Tduqsn5CBvsXsVwcQ7B7.cPMa.lRfccZbv3BbgsYBqmpuYtJr0y54GwvuIte9UJv2Nq3s_sVI_49kH3dpsUwtedLBwoz&sig=13a118f5e&x=300&y=168
そのような方法によって、段々とネジはゆるんでくるでしょう。 クイックリリースという「車軸」は、実際に、このような感じで、スピーディーに、タイヤ交換がしやすいようにと考案されているものです。 後輪を交換するために取り外してください。クイックリリースをはずすことで、バネがなかに入っていることに気付くでしょう。バネをなくしてしまうことがよくあるので、しっかり管理してください。
Uv5jjyc6dmf7gie5mxnt
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=4MyfpfYXyLEoiTLysifaLyuNK09q8hIZFgpHDeNRCaR7GvJ.CLA9ODNCYB74JVn8UIpA7Ss.i9WI.dn0cT5Fy5dfJRMGnIA3QVInZXMMOr2fvPFtB3zregTdAsQ8ZeXFXwswvx1G.BWl.rWLlUTp&sig=13ao47nl8&x=275&y=183
そして、次にはブレーキを外す作業をしていきます。ブレーキが、そのままの状態では、後輪自体を外すことができません。例えば、Vブレーキの場合には、左のアーチのツメには、ワイヤーが通っている切り込んだ部分があります。ブレーキアーチを両サイドからおさえ、金具は外すことができます。
カンチブレーキという場合も、おなじ方法でOKです。キャリパーブレーキのコツは、アーチ部にあるレバーをあげて、ブレーキ解除をすることができます。 ここまでの過程をおこなえば、フレームから、ホイールは上手く外れてくれることでしょう。ディレイラーの反対側は、地ベタに向けておくことがコツです。外したものはすべて傷がつかないように注意をしてください。
Owb10v6xobl1diyo3kej
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=NLtjKsMXyLEmIi7aKjfrujUrtoyaV6riTWD4u3LIQrfpTCH_3wRAV7ZEzlD9DZU9nlwWDqBbiSaBhgneQY9BEXccG.imY3hd_Lg2Hk11_AkrfkdoscoOOeaXkAG5KOXAM50BunePV5O.0mB43o07&sig=13aa3p4he&x=259&y=194
次には、後輪のタイヤの空気を抜いて行きます。 アメリカ製のバルブの場合、キャップを取って、バルブ上中央あたりにある出っ張りを押すと抜けて行きます。 フランスで作られているバルブは、ロードバイクなどに使用されることが多いですが、そのようなものは、まずキャップを外し、バルブの頭にあるネジをゆるめて、 押すと段々と空気が抜けて来るはずです。
Pppjmsdzelekdbqedjsl
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=FVXIL4QXyLGIKA.bEs7kixehEnxfRf8kWWxFOkf.ejPMrt5Al9fNrky_Tduqsn5CBvsXsVwcQ7B7.cPMa.lRfccZbv3BbgsYBqmpuYtJr0y54GwvuIte9UJv2Nq3s_sVI_49kH3dpsUwtedLBwoz&sig=13a118f5e&x=300&y=168
そして、後輪を外します。タイヤレバーを使って、ホイールとタイヤのあいだに挟み込んで、スポークの近くまで倒す感じです。コツは、力を入れすぎないようにです。タイヤレバーが折れてしまわないように注意してトライしてください。タイヤの中のチューブにレバーを引っ掛けてしまったため、破裂させてしまうケースもあります。
1本目が上手く行けば、次は2本目です。コツは、スポークの間が3本分離けた場所あたりです。 2本目をはさみ、 1本目のレバーをホイールの外部に対して沿う感じで、滑らせて行けば、タイヤの片側は、上手く外れてくれることでしょう。バルブに固定するネジがついてるときには、あらかじめ取り外しておく必要があります。
Y2dp1sr3ulj3audyivdj
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=leD_0J4XyLGwomJ0nau9Jb.gWPToq5xmuhRJZm4UO.psDj6KD2eQi06TiJGl11ridsOY3q8RIlnFq0jOj0rp_kXcDqm2qLjIPWLxbWlRse6Lj082jpwbNJ9yuRVkfv5PLIWV1fgz_7l0ncJKLA--&sig=138fqqbnu&x=262&y=192
そして、後輪に対して、新しいタイヤをはめていきます。 タイヤの向きにも注意をしてください。進行の方向が記載されてあるものは、それに従って、そうでないものは向きは意識しなくても大丈夫です。 まず、片方だけはめ込んでみて、なかにチューブを入れていきましょう。ねじれがなくにおこなうのがコツです。ポンプで1から3程度プッシュして空気を入れておこなうとややスムーズにいくかもしれません。
チューブを入れるときには、バルブをホイールの穴にはめ込んで、固定のネジをつけるやりかたによって幾分作業しやすいと思うでしょう。次は、タイヤをホイールにはめ込みをして行きます。 タイヤとホイールのあいだにチューブが挟まってしまわないよう注意をしておこなうようにしてください。後輪のタイヤ全部を、全てはめ込みが終了したら 、ホイールとタイヤのあいだにチューブが挟まっていないかをチェックします。バルブのネジをチェックして、空気を入れてください。
後輪のタイヤ交換が終了したら、 ホイールをフレームに戻してください。後輪の場合では、ギアをチェーンにからめ、かぎ爪上のもとのところに差します。車軸を差していきますが、そのとき、「ネジ・バネ・ホイール・バネ・ネジ」という流れになっているかチェックしてください。
バネは、ヤマのカタチをしているので、ヤマの頭部は内に来ます。 車軸のレバーの方向も間違いなくおこなうようにしてください。ホイールをつけて、 「正中線」が出ているかをチェックしてください。シートチューブからみて、真っ直ぐになっているのなら大丈夫です。 正中線を出し、 今度は、レバー反対側のつまみを持って車軸のネジをしめます。 コツとして、親指のふくらみに当ててみてレバーを上げ、やや痛い感じの程度がちょうどいいしめ付けです。間違って下向きに固定してしまうことで、タイヤをつけても簡単に外れるので注意をしてください。そして、ブレーキレバーを元に戻します。
Lzdr4ij77ykjyfswdi4c
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=X47rvGIXyLHv9bLJWrEzfqWT4Wl8mLsZS1cU5Bx.OcAua_CVLHWTrLIDfZPEOjqMjXhkcMH6S3RIoat7zdgUQfsBBYqEaaXus_XY.k5cp0_wHcaWg3xBmJObPZyCH0cSAo8K6jUOs1ttsz2fPEZN&sig=13a99tvo8&x=262&y=192
私達は、どのような時期、ロードバイクのタイヤ交換と向きあうのがいいのでしょうか。時期を考えるときタイヤの寿命についても考える必要があります。タイヤの交換時期は、一般的にミシュランPro4であれば2000km程度であるとされ、 コンチネンタルグランプリであれば5000km程度が時期と言われています。
交換時期は、実際には、タイヤの、構造に関係するものです。ただし、交換の時期は、構造、走行距離だけということではなく、使用している期間や、どのような保管かで大きく変わると考えるべきでしょう。紫外線を多く浴びてしまい、ゴムがダメージを受けたりして、時期を早めてしまうこともあります。 小さな鋭利なモノでも刺さっていたりすることでも時期を早めてしまうことになります。
Umnxuocykudkn2bpynwu
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=dwb3ksUXyLETEMQaxWmBqF_jmnieJJK71pWHASJMWD.S1P6G_Bi9__JunPD3WfsWHm2Qn5i2z9v.iiI8qL4QPG8YoKNDkB6BvVOO7yrv.c1YxIOaQKsqTAIljwWOF2jE4vDDIG4iVNl_WpfwSQ--&sig=1382t64jq&x=259&y=194
Q0quaoyxqkcimsvw5q3y
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=.Pmj8SoXyLG_QaOxXhXsy5YUR4BfCuJWMzJkr.bLKNrbmjFHSdVX9EI5WmIFnzKcZgZc0RV8r8NE9UTTHS_JVnrZLfcNNzu8gMIBeg5yf3VldN3Hhc8ZJSiunEzoKt5ELdLKWxpelG5NgKif2ySN&sig=13acvos39&x=275&y=183
費用とはどのような感じで向きあえばいいのでしょうか。ロードバイク自体、費用は安くないので、タイヤ交換にも費用がかかるから奥手になってしまうっていることはないでしょうか。でも、費用が高いからと言って、メンテという意識と向きあわないのでは、ロードバイクに乗る資格がないでしょう。 タイヤ交換費用は、安いものは1本3,000円あたりからあり、プラスα工賃1,000円~3,000円程度(であり、チューブ交換の費用は、安いのは1本1,000円前後あたりで、プラスα工賃1,000円~2,000円程度です。
更に、ブレーキ費用に対して、1組が500円から、プラスα工賃1,000円前後~あたり、ブレーキ調整費用として1,000円前後かかります。チェーン関連費用は、1,500円前後~、プラスα工賃1,000円あたり~という感じであり、チェーンの調整する費用は1,000円前後です。
ワイヤー関係の費用は500円以下からあり、工賃も含め1,500円前後あたりです。ロードバイクに年間でかかるお金として、前後輪のタイヤとチューブの交換が約15,000円あたり、チェーン交換は約3,000円、ブレ―シューの交換に約2,000円、合計で約20,000円という感じでしょう。その他には、パンクのメンテナンス、チューブの交換が1~2回程度あり、更にチェーンの洗浄や調整、そしてワイヤーの交換など、プラスα約10,000円あたりかかります。

関連記事

いかがでしたでしょうか?正しいタイヤ交換をして、お気に入りのロードバイクを長く楽しんでみてください!