Ddquv53dazrmojf6aqtc

バイク

CATEGORY | バイク

バイクの排気量の種類は?おすすめバイクと維持費などを基本から丁寧に。

2018.04.09

バイクの排気量にはどの位種類があるのかご存知ですか?そのバイクの排気量によって、メリットやデメリット、維持費なども変わってくるのでどれを選んで良いのか悩んでしまう方も。そこで今回はバイクの排気量の種類や、おすすめのバイクなどを紹介していきます。

  1. 【バイクの排気量の種類】50cc
  2. 【バイクの排気量の種類】51〜125cc
  3. 【バイクの排気量の種類】126〜250cc
  4. 【バイクの排気量の種類】251〜400cc
  5. 【バイクの排気量の種類】401cc~最大排気量
  6. 【排気量250ccのおすすめバイク】カワサキ|ニンジャ250
  7. 【排気量250ccのおすすめバイク】ヤマハ|YZF-R25
  8. 【排気量250ccのおすすめバイク】スズキ|GSX250R
  9. 【排気量400ccのおすすめバイク】カワサキ|ZRX400-2型
  10. 【排気量400ccのおすすめバイク】ホンダ|CB400SF
  11. 【排気量400ccのおすすめバイク】カワサキ|ZEPHYRX
  12. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】ホンダ|CB1100
  13. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】ヤマハ|XJR1300
  14. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】スズキ|バンディット1250
  15. バイクの排気量の種類は?おすすめバイクと維持費などを基本から丁寧に。のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/68/12/a2/6812a2a3ed6f7472e202a0e5e8249904.jpg
バイクの排気量の種類で最も低いのが50ccのバイクになります。50ccのバイクの免許は最短で1日で交付することができるので、簡単に免許を所得することができるんです。またバイクの中でも価格が安く、維持費も比較的に安価で済ませるメリットがあります。

50ccのデメリット

引用: https://i.pinimg.com/564x/55/55/1b/55551b06eb4158d44925e0a1ebe1a45e.jpg
そんな50ccの種類のデメリットには、他の排気量とは違いたとえ道路標識が50㎞などであっても、時速は最大で30㎞しか出せないということがあります。また交差点で二段階右折の標識があると、二回に分けて右折もしなければいけないのです。50ccは比較的に維持費を抑えることはできますが、長距離の移動には向かない排気量でもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/3d/e8/9c3de873acefc9f6cb634c3661354316.jpg
次のバイクの排気量の種類には51〜125ccのタイプがあります。50ccのバイクとは違い時速は60㎞まで出すことができ、二人乗りもできるメリットがあります。また50ccと維持費もあまり変わらないので、50ccよりも比較的に乗りやすい排気量の種類でもあります。

51〜125ccのデメリット

引用: https://i.pinimg.com/236x/35/98/4f/35984f8340fdf3d3a46794013ee069f0.jpg
50ccよりも比較的に乗りやすくて、維持費もあまりかからない51〜125ccでもデメリットがあります。50ccの排気量の場合は最短で一日で交付することができますが、51〜125ccの場合は小型自動二輪の免許を所得する必要があります。また時速は60㎞まで出すことはできますが、高速道路に乗れないデメリットもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/c5/40/2ac5406c8ac37fac337715c4d78599e7.jpg
バイクの排気量の次の種類として、126〜250ccがあります。126〜250ccの排気量のバイクは、上記でお伝えしてきた種類よりも比較的に維持費はかかってしまいますが、高速道路が走れるメリットがあります。また車検もなく、車種の種類も様々あるので好みのタイプから選びだすこともできます。

126〜250ccのデメリット

引用: https://i.pinimg.com/564x/55/0c/3e/550c3e2b4b1ce7ab90afca09b5489368.jpg
そんな車検もなく高速道路を走ることができる126〜250ccでもデメリットがあるんです。比較的に長距離移動は楽になりますが、上のクラスの排気量に比べると車体が軽いため、高速道路などで風に煽られてしまう恐れがあります。また車検がないとしても、メンテナンスなどの維持費はかかるので、ある程度バイクの知識がないと整備することができない種類でもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/77/0f/b7770f241c9f5c786a274f1a3a47aba9.jpg
次の251〜400ccの種類は、普通自動二輪で乗ることができる排気量で、どんなシーンでも乗りこなせるメリットがあります。この排気量になると苦手な場面が少なく、バイクの楽しさを堪能することもできるので、趣味としてもおすすめの排気量になります。

251〜400ccのデメリット

引用: https://i.pinimg.com/564x/22/14/40/221440b12e694522b56e12ee8497b227.jpg
そんな251〜400ccは今までお伝えしてきた排気量の種類とは違い、車検が2年に一度あるので比較的に維持費がかかってしまうデメリットがあります。またメンテナンス費用や保険料もかかるので、更に維持費が必要になってきます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6b/c6/46/6bc646563b8ee472207744bf3ff1b4b1.jpg
バイクの排気量の種類の最後は401cc~最大排気量までになります。400ccを超えるものはすべて、大型自動二輪の免許が必要になってきて、800ccのミドルクラスや1000ccを超えるリッタークラスなどもあります。他の排気量とは違い、圧倒的な性能を誇っており、趣味として乗りこなしている方がほとんどです。

401cc~最大排気量のデメリット

引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/83/bd/b283bd76cb5b038fc3d3f9bc1c4c4daa.jpg
そんな401cc~最大排気量のバイクにもデメリットがあり、400cc以下の排気量の種類に比べると、車体の価格が高いだけでなく、メンテナンス費用も高くなるので維持費がさらにかかってしまいます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8d/05/aa/8d05aabd0913f478ae65bcebd0de36ca.jpg
そんな排気量が250ccのバイクでおすすめするのは、カワサキから展開しているニンジャ250です。ニンジャ250は250ccバイクの火付け役となったタイプになっており、その乗り心地とスピーディーさが特徴のおすすめのバイクです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f5/a9/cd/f5a9cd715d9a16b6e73ba975fb43112e.jpg
次におすすめする250ccのバイクは、ヤマハのYZF-R25です。YZF-R25は他の250ccのバイクに比べ、動力性に優れておりスペック面に最大の魅力があるおすすめのバイクになっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/75/12/74/751274e151be0076f0d6ccc225be79f5.jpg
排気量250ccで最後におすすめするのは、スズキから展開しているGSX250Rです。このシリーズは圧倒的な走行性能を誇り走りやすさに特化したバイクです。また最大出力を抑えることで、燃費性にも優れたおすすめの種類になっています。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/be/b3/1bbeb330b383f10e9a470b4c46055e0b.jpg
次は400ccのおすすめバイクを紹介していきます。そんな一つ目のおすすめのバイクは、カワサキのZRX400-2型です。このバイクは現在では生産が中止されていますが、今でも圧倒的な人気を誇っている400cc排気量の種類でもあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/74/3b/7e/743b7ec03c40c5036c082ff9043391ad.jpg
400ccの排気量で次におすすめするバイクは、ホンダのCB400SFです。CB400SFはスーパーフォアとして知られている種類となっており、その快適な乗りやすさが魅力でもあります。また走りのパフォーマンス力が高いことから、バイク初心者にもおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/80/3d/b1803da2d1e2542101ecb891447f9283.jpg
400ccの排気量で最後におすすめするバイクは、カワサキから生まれたZEPHYRXです。ZEPHYRXはネイキッドの立役者でもあり、とても希少価値が高いタイプでもあります。4気筒のエンジン音はバイク好きにはたまらない音を放つこともあって、圧倒的な人気を誇っている種類です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/7e/e0/7d7ee0b98d0453040af3ba83efe91246.jpg
続いて排気量401cc~最大排気量のおすすめバイクの一つ目は、ホンダから展開されているCB1100です。馬力や最高速も魅力的ですが、なんといっても散歩しているような乗り心地が人気の高いおすすめの種類になっています。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/41/4b/4d414b993767f97c21ef38b1da0b4e29.jpg
次に401cc~最大排気量でおすすめするバイクはヤマハから生まれたXJR1300です。XJR1300は軽やかなハンドリングを実現したバイクになっており、その操作性はまるで車体の重さを感じさせないほどの、快適な乗り心地を提供してくれるおすすめのバイクになっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/55/15/c255158cb8cad89612abce12e90d6366.jpg
最後におすすめする排気量401cc~最大排気量のバイクは、スズキのバンディット1250です。バンディット1250はスズキが新開発した水冷エンジンを搭載しており、トルク力にも優れたバイクになっています。またボディーも軽量化されており、スピーディーな走りを実現したおすすめのタイプです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6b/77/52/6b7752b79f1c588ac58d89c9616eccfc.jpg
排気量の種類のおすすめのバイクはいかがでしたか?今回は様々なバイクがある中でも、排気量別におすすめのバイクを厳選して紹介してきました。排気量の種類によって様々なメリットやデメリットがありますが、今回紹介したバイクを参考にお気に入りの愛車を見つけ出してみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/19/47/a1/1947a1d8ee7d8d8acc9af5ede33b0eed.jpg