Dfrfvqbyjscazqwsmraq

バイク

CATEGORY | バイク

バイクの空気圧ってどうするの?高め?低め?チェック頻度は?

2018.04.09

バイクの空気圧をどの位入れて良いのか、分からないという方もいると思います。そんなバイクの空気圧は高めでも低めでも、様々なデメリットがあるの注意しなければいけないんです。今回はそんなバイクの空気圧について、詳しく解説していきます。

  1. バイクには適正な空気圧がある
  2. バイクの空気圧単位は4種類ある
  3. 【バイクの空気圧が低めの場合のデメリット】燃費が悪くなる
  4. 【バイクの空気圧が低めの場合のデメリット】転倒する恐れがある
  5. 【バイクの空気圧が低めの場合のデメリット】すり減りが早くなる
  6. 【バイクの空気圧が低めの場合のデメリット】バーストする恐れがある
  7. 【バイクの空気圧が高めの場合のデメリット】のり心地が悪くなる
  8. 【バイクの空気圧が高めの場合のデメリット】グリップ力が低下する
  9. 【バイクの空気圧が高めの場合のデメリット】停止しにくくなる
  10. 【バイクの空気圧が高めの場合のデメリット】タイヤに亀裂が入りやすくなる
  11. 【バイクの空気圧が高めの場合のデメリット】タイヤの中央だけすり減る
  12. バイクの空気圧をチェック傾度は乗る際に確認する
  13. バイクの空気圧ってどうするの?高め?低め?チェック頻度は?のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/32/c1/a432c1a160eac3dc3369941d911088e7.jpg
バイクのタイヤには適正な空気圧があり、その適正な空気圧でないと様々なデメリットがあるんです。そのバイクの適正空気圧は、バイクの車輪付近のフレームに張られているので、必ず確認しておく必要があります。またそのバイクの車種や、2人乗りする際などにも異なってくるのでタイヤメーカーに確認しておくことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5e/bd/d7/5ebdd7364e030928c7860afd5afe4f1b.jpg
そんなバイクの空気圧の単位は一つだけでなく、4種類もあるのでそれぞれの単位を十分に理解しておくことも大切です。そんなバイクの空気圧の単位を以下に紹介していきますので、参考にしておいて下さい。

空気圧の単位:kpa

引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/dc/91/7adc9103a1737e13b72b3163c1e8cd40.jpg
一つ目の空気圧の単位は、kpa(キロパスカル)です。kpaは最も空気圧の単位で使われており、近年バイクの空気圧で統一されつつある国際的な単位でもあります。

空気圧の単位:BAR

引用: https://i.pinimg.com/564x/86/bc/8b/86bc8b9dd5a3a0f348845227c2feac65.jpg
二つ目の空圧の単位は、BAR(バール)です。BARはヨーロッパで使われている圧力の単位でもありますが、日本でも台風の気圧を表す為に使われていた単位でもあります。

空気圧の単位:PSI

引用: https://i.pinimg.com/564x/10/98/f1/1098f10d5abde0743dd87dec71f0b34b.jpg
三つ目の空気圧の単位は、PSI(ポンド・スクエア・インチ)です。PSIは圧力を表す単位でもあり、主にアメリカの空気圧で使われている単位となっています。ちなみにPSIは、ポンド・スクエア・インチの略ですので参考にしておいて下さい。

空気圧の単位:kgf

引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/86/ba/4d86ba5067e75f7699677f78c1c91c13.jpg
最後の空気圧の単位は、kgf(キログラム・平方メートル)です。またkgfはKgf/㎡とも表記されていることもあり、日本で使われていた単位でもあります。またKgf/㎡は1平方メートルにかかる力を表す単位でもありますが、空気圧の単位としても使われることがあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/62/61/eb6261417c6acbd5c832d5973423145b.jpg
そんなバイクの適正な空気圧を入れないで空気圧が低めの場合のデメリットとして、燃費が悪くなることが考えられます。空気圧が低めの状態で走行してしまうと、タイヤの接地面が増えてしまうだけでなく、路面との抵抗力が加わってしまい、本来のバイクよりも燃費が悪くなってしまうんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/54/d3/e154d39b98fcdff18ebe0f309d4398b3.jpg
空気圧が低めの場合の次のデメリットとして、走行時に転倒してしまう可能性もあります。空気圧が低めに入っていることで、路面のグリップ力が低下していまい、カーブなどで体を傾けた際にそのまま転倒してしまうこともあるので、たとえ運転に自信があったとしても空気圧には十分に注意しなけばいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/3c/b2/003cb284557c748ca0c8861fcc430473.jpg
また空気圧が低めの入っていることで、タイヤの接地面が広くなりすり減りが早くなることも考えられます。タイヤの摩擦抵抗によって、摩耗が著しく早くなり常に空気圧を低めに走っていると、一年でタイヤがすり減ってしまうこともあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/83/d8/7a83d8d38cb0bb38c5db0af9acd448b9.jpg
タイヤの空気圧を低めにしてしまった事で、バーストする恐れもあります。空気圧が低い状態で走ってしまうと、タイヤの内部で発熱してしまい破裂することもあるんです。走行時にバーストしてしまうと、事故の原因にもなるので空気圧は低めにしてはいけないのです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/58/be/4c/58be4c9ed20f01812d80dd2b68e750d7.jpg
バイクの空気圧を低めにしただけでなく、高めにした事でも様々なデメリットを引き起こす可能性があります。そのデメリットの一つ目は、走行時ののり心地が悪くなることも考えられます。空気圧を高めに入れてしまった事で、タイヤ本来のクッション性を発揮できなくなり、走行時に跳ねて乗り心地が悪くなってしまうんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/fd/34/9efd348cb4395f0fbaf43b0b478f9ad0.jpg
また空気圧を高めにしてしまうと、タイヤと地面の接地面積が少なくなってしまい、グリップ力の低下も考えられます。グリップ力が低下するということは、悪条件な路面などでカーブなどをすると、滑りやすくなってしまい転倒する恐れもあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/f9/7f/f2f97f73e871022a68b7772a71c4a3b8.jpg
上記でお伝えしたようにグリップ力が低下してしまうと、転倒する恐れもありますが、ブレークをした時でも止まりにくくなってしまいます。接地面積が少なくなるということは、路面抵抗もなくなり停止しにくくなってしまうんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/ad/57/caad57e1651aa2d06bbe82ff947d59fd.jpg
バイクの空気圧を高めに走行していると、タイヤに亀裂が入りやすくなるデメリットもあります。空気圧が高い状態で走行すると緩衝能力が著しく低下してしまい、タイヤに亀裂が入り結果バーストしてしまうことにも繋がります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/2a/9a/a22a9ace9bb555883a7311f503c4402c.jpg
また空気圧を高めにした事でタイヤの接地面積が少なくなり、タイヤの中央だけすり減ることも考えられます。タイヤの中央だけすり減ってしまうと、走行時のバランスを取るのが難しくなり、乗り心地が悪くなるだけでなく、事故に繋がることもあるので注意しなければいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/51/0c/5c/510c5ce718c570e52f336a4a3903b969.jpg
そんなバイクの空気圧は低めでも高めでも様々なデメリットがありますが、その空気圧をチェックする傾度が分からないという方もいると思います。基本的に適正な空気圧をチェックする傾度は、バイクを乗る際にチェックすることをおすすめします。バイクの空気圧は気温や様々な条件で変化することもあるので、傾度は乗る際に定期的にチェックした方がいいのです。

エアゲージがおすすめ

引用: https://i.pinimg.com/564x/d7/4d/ec/d74dec64611a86cbfaacd671afe8e12d.jpg
そのバイクの空気圧をチェックする傾度は乗る時にすることが大切ですが、どれでチェックするのか分からないという方もいると思います。そのような方は、自分でも傾度的にチェックできるエアゲージがおすすめです。エアゲージは、空気圧測定用のアイテムになっており、誰でも簡単に今どの位の空気圧なのか確認することができます。

ガソリンスタンドで確認するのもOK

引用: https://i.pinimg.com/564x/f5/f1/1f/f5f11f04a8696cf2c552eb44f45eefae.jpg
またエアゲージの使い方があまり分からない方は、ガソリンスタンドでも空気圧をチェックすることができます。ガソリンスタンドのスタッフが確認してくれるので、バイク初心者にもおすすめです。しかし毎度ガソリンスタンドに行くわけにはいかないので、チェックする傾度が少なくなってしまいます。その為、常に適正な空気圧でいる為にも、エアゲージを一つ持っておいたほうがいいと思います。

自分で空気を入れるのも大切

引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/12/af/2f12af206decd31b284df7bfa778c119.jpg
空気圧をチェックする傾度を乗る際にしていたとしても、自分で空気を入れることができなければ、適性の空気圧にすることはできないです。そんな時に必要なのがバイクの空気入れですが、その空気入れにはコンプレッサー式と足踏み式があります。どちらのタイプもバイクのタイヤに空気を入れることはできますが、楽に空気を入れるのであればコンプレッサー式をおすすめします。しかし安い物を購入したいのであれば、足踏み式が良いと思います。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/59/e0/1c59e095e41b2a8d48700c90ed66e986.jpg
バイクの空気圧についておわかりして頂けましたか?バイクの空気圧は、高めでも低めでも様々なデメリットがあるので常に適正の空気圧を保つ必要があります。その空気圧をチェックする傾度は、バイクを乗る際に確認して空気圧が減っていたら空気を入れてあげるのも大切です。そんな適正の空気圧で、快適なバイクライフを過ごしてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/b5/ad/e6/b5ade6249d4c649d8b62d46d1d23ce67.jpg