R2l8uveka5siljbjmoer

雑貨

CATEGORY | 雑貨

折り畳み傘ケースが便利!大きい傘でも収納できるものはある?

2018.04.08

皆様は折り畳み傘をお持ちですか?急な天気の崩れに非常に便利な折り畳み傘、でも使った後カバンに入れるのは濡れていて少し気が引けますよね。そんな時に大活躍の折り畳み傘ケースが今非常に種類豊富で人気となっています。今回は高機能の折り畳み傘のケースについての紹介です。

  1. はじめに:折り畳み傘は急な雨に便利!使った後はケースに収納!
  2. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】吸水にマイクロファイバータイプ【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  3. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】デザイン性に富んだ可愛らしいものも【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  4. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】カバンの外付けタイプも登場!【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  5. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】トートバッグ付属の折り畳み傘も【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  6. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】シンプルに密封したいあなたに【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  7. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】通常の大きい傘は収納できる?【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  8. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】自作折り畳み傘ケースの作り方!?【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  9. 【吸水性抜群の折り畳み傘ケース】100均にもあった!便利な折り畳み傘ケース【大きい傘の収納、100均、自作の作り方も】
  10. まとめ:吸水性抜群でおしゃれな折り畳み傘ケースを持ち歩こう!
引用: https://image.rakuten.co.jp/importshopaqua/cabinet/umbrella/mabup-main.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Ejf2zsqsL._SY355_.jpg
急な天気の崩れ、天気予報では晴れる予報だったのに、なんてことありますよね。特に梅雨の時期はこのようなことが非常に多く、毎日毎日大きい傘を持ち歩くのは非常に面倒だし荷物になります。そんな時の強い味方が折り畳み傘ですが、これに関しては使った後カバンに収納するのが問題です。濡れたままの折り畳み傘、皆様はどのように収納していますか?恐らくもう使っている人は使っている、折り畳み傘ケースというのがあります。最近は大変に高機能で、且つデザインも良質なものが取り揃っているため、さまざまな場面で活躍するようになりました。ではどのような折り畳み傘ケースがあるのか見ていきましょう。

関連記事

Msirq4ptjcqjpykqxkvh
引用: https://i2.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/img_2312660_m1.jpg?resize=300%2C207
Rrhnj0fqrr0y3xtjcmvj
引用: https://i2.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/shk_tu23.jpg?resize=290%2C218
吸水といえばマイクロファイバー。そんなマイクロファイバーの機能を盛り込んだ折り畳み傘ケースが今大人気となっているわけです。ポイントは中がひだ状になっているところで、この形状こそが大きな吸水性を生み出しているポイントです。勿論ひだ状になっていないタイプもあり、その場合においても吸水性は非常に高い物になっています。ここで気になるのはサイズに関してです。折り畳み傘はサイズが非常に幅広いものになっていますが、その幅広さに対応するがごとく、多岐に渡る大きさが登場しています。
Ycthcw2wpbuc3y1fgtdh
引用: https://i1.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/20160608111618.jpg?resize=300%2C300
Gv3s3ygqfcdhacg7pzy9
引用: https://i1.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/20160608111616.jpg?resize=300%2C300
折り畳み傘ケースといえば少しシンプルなものが多く、あまり地味なものは持ちたくないという方もいらっしゃいますよね。そんな方にはデザイン性に富んだケースがおすすめです。例えば上記の画像のような猫型のケース、どちらかといえば女性向けですが、このようなデザイン性に非常に優れたケースも多数登場しているのです。ペンケースなんかも昨今は幅広いデザインのものが登場していますが、これは折り畳み傘ケースも同じ、幅広いデザインのものが登場しています。またこのデザイン性でありながら、先程のマイクロファイバーを盛り込んだものもあるので、選択の幅は非常に広いです。
Svl4qfeihwceiasrfrvm
引用: https://i0.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/9_006006000005.jpg?resize=300%2C211
Ppmivnyhrfcdgg110y7g
引用: https://i1.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/4_006006000005.jpg?resize=300%2C200
Jelsgabsep9igttsuxe9
引用: https://i0.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/5_006006000005.jpg?resize=300%2C200
折り畳み傘は使った後はケースにしまってカバンの中にしまう、そのような常識を覆す、なんと外付けタイプのものも登場してきています。取り付けはマジックテープやワンタッチなど、どのようなカバンにも対応できるようなタイプ、そしてさまざまなサイズに対応できるように調節が可能なものまで、ここまで折り畳み傘ケースは進化したかと言わしめるようなものばかりです。値段も手ごろで大体の商品が1000円程度、非常にリーズナブルでコストパフォーマンスも大変良いものばかりです。
Rjny5d08zdw9t7vbmn63
引用: https://i2.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/usp-000-flowergreen.jpg?resize=300%2C225
折り畳み傘は基本的に購入した際にケースが付いてきています。勿論その傘に対応した大きさやサイズ感なので、その傘が使うケースとしては非常に最適なのですが、どうしても薄くて吸水性に欠け、それ単体では少し使いにくいことが多いです。しかし最近は付属のケースも馬鹿にできる物ではなく、トートバッグのようになっているケースが付属しているものも。このケースは吸水性に優れているといえ、わざわざサイズ感などを把握してケースを購入するという手間が省けます。付属のケースに関しても少し吟味すると良いかもしれません。
引用: http://image.itmedia.co.jp/bizid/articles/1206/04/shk_tu13.jpg
Ucbtzobqlltavzpuywoj
引用: https://i2.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/img65296351.jpg?resize=300%2C275
「別に折り畳み傘のケースにそこまでこだわらなくても」という方もいらっしゃるでしょう。そんな方には本当にシンプルに、そして機能性も抜群なものがおすすめです。外見は本当にシンプルに中身が見えるタイプで、その機能は食品を保存するジップロックのような役割になっています。このジップロックのような形状が水漏れを防ぎ、カバンの中に湿気なども起こしません。吸水性には優れないのでそこは難点ですが、吸水性は求めないけど防水性、カバンに水が漏れだすのさえ防げれば良いという方には値段も安価ですしこちらをおすすめします。
引用: https://askul.c.yimg.jp/ais/img/product/3L1/1323409_3L1.jpg
折り畳み傘を使う場面というのは「急な雨」の時です。外出の際に降っているようであれば通常の傘を使うのが基本的です。では大きい傘のカバーやケース、そして収納できるものはあるのでしょうか。これに関しては残念ながら【生産されていません】。しかしながらこういったタイプの商品はあります。
Mr9fc8fcgvxnvclbymep
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/nikochandou_ag-105
外出の際に雨が降っていたとしたら、何故通常の傘を持ち歩くのでしょうか。答えは簡単、そちらの方が面積が大きいからです。面積が大きいとやはり雨が当たりにくいので、こちらを使いたい場合が多いでしょう。しかし最近は折り畳み傘にも大きなサイズのものが登場してきています。そのサイズは通常の傘と同等クラスの大きさで、しかもしまうときはコンパクト、なんてものがあるのです。付属のケースはマイクロファイバータイプなので吸水に関しても安心です。折り畳み傘を選ぶときは、開いたときの面積に関しても選ぶ観点に入れてみましょう。
引用: http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5e/f2/94d829c4d22c25be3df96b87841f0e90.jpg
引用: http://ouchi-love.com/wp-content/uploads/2017/07/kyuusui-kasa-cover2-500x330.jpg
昨今はDIYなどが主流になっていきているので、大概のものは自作できてしまう時代になりました。折り畳み傘のケースに関しても例外ではなく、100均の商品を組み合わせることで簡単に作れてしまうのです。ポイントは2枚目の画像のマイクロファイバータオル、100均に置いてある物です。これで包み、あとは周りを覆えるようなケース、カバー、ポーチを作ってしまえばもうできあがりです。100均のマイクロファイバータオルは吸水性が非常に良く、馬鹿にできないほどの能力をもっているのでおすすめです。
Gwwu0k0wdoghjncnev3t
引用: https://i0.wp.com/cocalab100.com/wp-content/uploads/2017/06/cl-67-4.jpg?w=400&ssl=1
E5ecbwghcrhh55mxa4ya
引用: https://i1.wp.com/cocalab100.com/wp-content/uploads/2017/06/cl-67-2.jpg?w=400&ssl=1
そしてそんな100均にも折り畳み傘のケースが販売されています。通常の雑貨屋などで買うよりかは少し吸水性は落ちますが、サイズ感さえあってしまえば十分機能する性能になっています。これで吸水性や防水性が気になる方は、先程のマイクロファイバータオルと併用したり、何か密閉できる袋と併用したりと、工夫できる点はさまざまあります。全てが100均商品で済ませられてしまうので安価で抑えられますし、コストが気になる方にオススメです。
折り畳み傘のケースについての紹介でしたがいかがでしたでしょうか。今日本は非常に大気の状態が不安定で、いつ雨が降ってもおかしくない、天気予報が外れるシーンが多々ある、というのが現状です。そんあ時に大活躍の折り畳み傘、やはりケースは持っておくべきでしょうね。今回紹介した以外にもさまざまな機能性に優れたケースがたくさんあるので、皆様自身でも探してみてください。
引用: http://original-novelty.jp/upload/save_image/01110359_50efd487558f5.jpg
引用: https://grapee.jp/wp-content/uploads/14274_010.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i2.wp.com/love2evol.com/wp-content/uploads/2016/08/shk_tu23.jpg?resize=290%2C218