2018年04月10日 UPDATE

クロスバイクの楽な姿勢とは?ステムを交換して快適に走ろう。

クロスバイクに乗る時に普通の自転車と違い乗りにくいと思ったことはありませんか?クロスバイクを乗る姿勢で楽な姿勢があるのでしょうか?クロスバイクの楽な乗り方を考えてみましょう。また快適に走るためにはどのようにしたらいいのか?ステムの交換もみていきましょう。

目次

  1. クロスバイクと他のバイクとの違い 姿勢が変わる?
  2. クロスバイクの基本的な姿勢
  3. クロスバイクの基本的な姿勢【サイズ】
  4. クロスバイクの基本的な姿勢【サドルの高さ】
  5. クロスバイクの基本的な姿勢【ハンドルの持ち方】
  6. クロスバイクの基本的な姿勢【乗り方】
  7. クロスバイクの基本的な姿勢【降り方】
  8. クロスバイクの基本的な姿勢【疲れない漕ぎ方】
  9. クロスバイクの基本的な姿勢【腰が痛くなったら】
  10. クロスバイクの基本的な姿勢【まとめ】

クロスバイクと他のバイクとの違い 姿勢が変わる?

Hyg9a3qexagydjbe4awh
引用: https://pedalista.net/beginner-2/2111/attachment/2...
Beqkbptk7esiyskuej3b
引用: http://www.1jyo.com/takarazuka/news/2012/05/post-6...

クロスバイクとシティバイクの違いは多数ありますが主に外観が全く違います。シティーバイクはママチャリとかいういい方もしますがサドルの高さ調整は出来ますが元々のデフォルトのサドルの位置がクロスバイクとシティバイクでは違います。高さ調整をしてもクロスバイクではシティバイクのような乗り方は出来ないです。その他細かいサドルの調整などシティバイクではできない微調整もクロスバイクではできるためクロスバイクの方が最初の位置合わせが細かく設定できます。シティバイクもクロスバイクもどちらもまずはサドルの高さから調整して乗りやすいように自分自身に合わせて調整してみましょう。

クロスバイクの基本的な姿勢

Enpigrw3dji9n9lbvalg
引用: http://life-b.jp/?p=11270
Kwx8g21xfppgsknhx042
引用: http://yuuki-violin.com/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8...

クロスバイクに乗るには基本的な正しい姿勢があります。この正しい姿勢で乗らないと腰痛の原因やその他各体の故障の原因となることもあります。特にクロスバイク初心者は絶対に最初のサドルポジションから調整して正しい姿勢で乗れるように調整しましょう。クロスバイクの正しい姿勢で一番大切なのが運転するときの重心を置く場所です。シティサイクルと桑部るとクロスバイクはやや前かがみで前傾姿勢になります。しかし重心を持っていく場所はシティサイクルと同じようにお尻側、後方に持っていきます。腕はまっすぐに伸びた感じになるため力を入れ過ぎて突っ張ってしまうこともありますが力は入れ過ぎないように軽く添える感じで大丈夫です。

クロスバイクの基本的な姿勢【サイズ】

Edb9eqaiukledzfco1ni
引用: http://www.raleigh.jp/InfoFAQ/080427_crossbike.htm
Jhsd9b6lfqkdww4dxkuv
引用: https://www.trekstore.jp/news/?p=3444

クロスバイクを正しい姿勢で乗るために腕と腰の位置も重要ですが全体的なサイズも重要です。クロスバイクで全体が大きすぎたり小さすぎたりするとサドルポジションが合わせられなかったりして結局は乗れなくなります。最初が肝心ですので自分にあったサイズのクロスバイクを見つけましょう。またクロスバイクは前傾姿勢で乗りますのでしっかりと準備しておきましょう。サイズ感がどれぐらいがいいかわからない時の参考ですがまず、サドルにまたがります。腕と腰の位置をあわせて腕も軽く伸ばしてみましょう。そしてまたいでるサドルからそのまま前に折りて跨いだ状態で立った時に股下とクロスバイクのフレームとの間が10cmほどあいていたら大丈夫です。サドルに座った場合では地面に足のつま先が触れる程度で丁度いい高さです。

クロスバイクの基本的な姿勢【サドルの高さ】

G5ktqbliworrtcoyzi18
引用: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_...
Mitqr0hqrpfdhi9j9rzt
引用: http://ff-cycle.blog.jp/archives/1051632544.html

クロスバイクの基本的な姿勢でサドルポジションが重要です。楽に乗るためには最初が肝心です。なかなか楽には最初は乗りこなすことは難しいと思いますがサドルポジションを合わせるのがシティサイクルとは違い細かいです。また市販されているサドルでは3種類のサドルがあります。水平、前上がり、前下がりと3種類です。サドルはセッティングしてみて好みもあると思いますのでまずはサドルの微調整からしましょう。クロスバイクのサドルはシティバイクのサドルとは違い上下の調整に加えて前後の調整と角度の調整ができます。高さと前後と角度の調整を行ってから実際に座ってみましょう。そして腕と腰と定位置にもっていき、正しい姿勢で楽に運転できるようになりますので調整は面倒でも行っておきましょう。

クロスバイクの基本的な姿勢【ハンドルの持ち方】

Pvudcbvt0bd7ghzvjule
引用: https://pedalista.net/maintenance/2530
Llpajqi9awrh3iwihx89
引用: https://escape.poo.tokyo/crossbike-escape-air-vs-r...

ハンドルはシティバイクと違いまっすぐになっています。ハンドルの握り方があります。楽になりますので是非慣れてください。正しいハンドルの握り方は?よくある危険なハンドルの握り方は?とハンドルの握り方も細かくあります。正しいハンドルの握り方は腕を前のハンドルにもっていってから軽く握ります。そして親指以外の4本の指は上から、親指は下からハンドルを握ります。よく握り方で危険な握り方をする人がいます。親指以外が普通は上から握りますが親指は下からが普通ですがうえの4本の指と同じく上からにぎる方が増えてきました。この持ち方は何かの拍子で姿勢が崩れたりしたときは危ないので必ず正しい握り方をしましょう。

クロスバイクの基本的な姿勢【乗り方】

Zx39v4rbrg0us581pnct
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/09110001...
Ui5vzxjhe2zovxjgtd4p
引用: https://matome.naver.jp/odai/2136642865747233601

クロスバイクは乗り方もシティバイクとは少し違います。乗り方を説明します。まずは車体の左側に立ってから右足を後方にあげてさどるのまえにあるフレームにまたがってから右足をペダルに乗せて踏み込みその反動を使ってからサドルに座ります。なかなか乗るのが慣れるまでは難しいです。慣れると簡単に乗れるようになります。最初が少しクロスバイクも軽いため乗りやすいかな?と思ってましたが軽量化はあまりよくないようですね。よくシティーバイクでは片足をペダルに乗せてケンケンのような感じで走らせてましたが、この乗り方をクロスバイクで行うと大怪我しますので注意が必要です。クロスバイクは軽すぎるためバランスを崩して乗れなくなります。

クロスバイクの基本的な姿勢【降り方】

Cvck1w0pv8cdhq0gttut
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/09110001...
Wqrizjg1qh6tr5adfs11
引用: http://www.qbei.jp/info/bicycle-maintenance/2129

クロスバイクでは降り方も慎重になりましょう。シティーバイクよりはスピードが出ますのでまずはブレーキで減速しましょう。原則できたら完全に停止する前にお尻を持ち上げてからペダルの上に立ちます。左足を地面に付けてフレームにまたがった状態で停車します。停車後は乗る時と逆順で降りてみましょう。自転車の乗り方降り方は自分が楽なように調整するのも良いですね。またクロスバイクから降りる時は必ず安全面重視で行うようにしましょう。信号などで停車するときはサドルにお尻をのせたままで傾けて左足で止まる方法などクロスバイクはシティーバイクとは違い降り方は不細工ですね。

クロスバイクの基本的な姿勢【疲れない漕ぎ方】

Xl9fawnbjvwru8swmwiu
引用: https://rakuyase-diet.jp/hinami11/archives/4800
Es2hjthv1wpxwnuas83r
引用: http://crossbike-first.com/299/

クロスバイクの基本的な姿勢で疲れない漕ぎ方で腕や腰に負担をかけない漕ぎ方を考えてみましょう。まずクロスバイクは腕と腰を痛める人が多いです。特に腰は気を付けましょう。クロスバイクに乗っている体制がきつかったりすると疲れますよね。クロスバイクで楽な漕ぎ方はギアチェンジを使っていくことです。ギアチェンジはクロスバイクでは特に多いため楽に仕事できます。クロスバイクのギアチェンジは前後にあるためフロントが3、リアが8の24段階変速かフロント3リア9で27段階のギアチェンジができます。疲れない漕ぎ方はもうギアチェンジが一番ですね。

クロスバイクの基本的な姿勢【腰が痛くなったら】

Kbyf3o958msbio0mzdi3
引用: http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/09110001...
P9qxoubh5rbe3pukmv8o
引用: http://zdex.net/1466.html

クロスバイクを運転していて腰が痛くなった場合は無理な姿勢をしているかもしれませんね。クロスバイクを乗っていて腰痛が激しいようならクロスバイクのサイズ感が違うのかクロスバイクの正しい乗り方でサドルポジションなどが合っていないかです。いずれにしても腰が痛くなった時は無理して自転車を漕がなくてもすぐになおりますので、正しいクロスバイクの乗り方をきっちりと定着させて守らせていきましょう。腰痛が軽いうちはいいですがひどくなってきたら迷わず病院へいきましょう。

関連記事

クロスバイクの基本的な姿勢【まとめ】

クロスバイクの基本的な姿勢ですがシティバイクとは全然違いました。シティバイクはサドルポジションなど高さのみ合わせるだけでしたがクロスバイクの場合はサイズと角度を変えられていたりしてました。クロスバイクをのる姿勢はちゃんとした正しい乗り方の癖が付いたら簡単に乗り降りもできるようになりますが慣れるまでは一苦労ですね。普段の自転車は乗れるのにクロスバイクは乗れないという人も多くいますね。クロスバイクを始めるなら知っておくと良いかもしれませんね。あとステムの交換もすると姿勢も変えられるので楽になりますね。ステムの役割は重要です。ステムの種類も多くありますのでひとつひとつ形状をみてステムを好感して一番ベストな位置を決めると良いでしょう。ステムを交換するだけでここまで変わった、ステムを変えるだけで快適になったとかも良くある話です。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1523355860/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly93d3cuY3ljbGluZy1leC5jb20vd3AtY29udGVudC91cGxvYWRzLzIwMTcvMDgvcXVpY2tfNF9ncnkuanBn/RS=%5EADBYSTs1uZl4uZgq5dXLzN_xavsfds-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVG5UVUJORGVjUEZvdDVocUQwU3h0TjJFR3JzUGlieHU1N1JtajI5TVQxeTRhZ3B6bmpBQVVobHB3BHADNDRLdjQ0T3Q0NEs1NDRPUTQ0S2s0NEt2BHBvcwM2BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp