Yveyskfzem4l91lbf0pq

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

写真写りを良くする方法とは?今日からできる秘密の心得10か条!

2018.04.05

写真を撮る際には写真写りを良くする方法・ポイントが存在するのをご存知ですか?普段何気なく写真を撮ることが多いと思いますが、写真写りが悪い方も多いと思います。今回は写真写りを良くする方法・ポイントなど意識していただきたい点を10選ご紹介します。

  1. 写真写りは良くする方法・ポイントが存在する!
  2. 写真写りが悪いと悩んでいる人も多い!
  3. 自撮りがうまい人を参考にするとコツがつかめやすい!
  4. 写真写りを良くする方法・ポイントはこちら!
  5. 写真写りを良くする方法・ポイント① 写りの良い角度を知る
  6. 写真写りを良くする方法・ポイント② 寄り目にならないように
  7. 写真写りを良くする方法・ポイント③ 口元
  8. 写真写りを良くする方法・ポイント④ あごを引く
  9. 写真写りを良くする方法・ポイント⑤ 真ん中で写る
  10. 写真写りを良くする方法・ポイント⑥ リラックスする
  11. 写真写りを良くする方法・ポイント⑦ コンプレックスは手で隠す
  12. 写真写りを良くする方法・ポイント⑧ 服はおしゃれな服装を
  13. 写真写りを良くする方法・ポイント⑨ 笑顔を作る
  14. 写真写りを良くする方法・ポイント⑩ ポーズ
  15. 回数を重ねると慣れやすく上手に撮れやすい!
  16. 【まとめ】写真写りを良くして自分に自信を付ける!
引用: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net/uranaru/item/image/normal/b459f317-9e93-43ef-8aa9-5eae2fd23011.jpg
皆さんは写真写りいい方ですか?悪い方ですか? 写真写りには良い、悪いが存在し、写真写りが良い人はどの写真を見ても綺麗に写っている場合が多いですよね。 この写真写りは男性女性問わず共通して言えることなので、今回は写真写りが良くなる方法についてご紹介していきたいと思います。
引用: https://cf-media-storage.com/uploads/picture/2017/08/middle_shutterstock_506932969.jpg
写真写りが良くなるようにするためにはまず、カメラの特性についてや自分自身について知るようにしましょう。 というのも、カメラのレンズにも特徴があったり、一人ひとり顔等の見た目が異なると思います。 その人によって見え方が違うので、今回ご紹介する写真写りが良くなる方法を行い、自分にとっての最高の移り方を見つけてください。
引用: http://www.daddo.jp/wp-content/uploads/2014/11/141118_a1.png
最近はSNSなどで自分の写真などを挙げることが多いと思いますが、写真写りが良い人は綺麗に見えて良いものの、写真写りが悪い人は自分の写真をあまり上げたくないと考える人が多いと思います。 特に女性よりも男性の方が写真写りが悪くて悩んでいる人が多いです。 そのため、男性はぜひ写真写りが良くなるポイントを覚えて挑戦していただけたらと思います。
Ii2iegzip62v4udsvosq
引用: https://i2.wp.com/lier.jp/wp-content/uploads/2015/10/Fotolia_92936454_Subscription_Monthly_M.jpg?resize=596%2C245
まず、最も早い写真写りが良くなる方法は自撮りがうまい人と一緒に写真を撮るという点です。 やはり一緒に撮るとその人がどのようなことに気を付けているのか見て覚えることができます。 実際にうまい人と一緒に撮ったほうが勉強になるので、近くにいる場合にはぜひ一緒に撮って見てください。
引用: https://cf-media-storage.com/uploads/picture/2017/05/middle_shutterstock_393137731.jpg
さらに、一緒に撮って気を付けるべきポイントなどを直接聞くのもいいかもしれません。 写真を一緒に撮る場合はある程度の関係性は築けていると思います。 その際に、自分はどのように見えているのかや、どのような点を気にして撮っているのか聞くだけで大きく変わります。
Nw5xxqhpgib9geqg5qzc
引用: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net/uranaru/item/image/normal/5d71b95e-1a3a-4ba3-8248-3213c58937ac.jpeg?w=700&h=700&t=resize&q=90
次は実際に写真写りが良くなる方法・ポイントについて具体的にご紹介していきたいと思います。 先ほども触れましたが、写真写りが良くなる方法は男性女性問わず共に共通して言えることなのですが、さらにその人にとってベストな写り方が存在します。 参考にしていただいて自分が最も輝く写り方を見つけていただけたらと思います。

関連記事

引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/09/50289910/shutterstock_157132148-689x573.jpg
まず最初にご紹介するポイントは角度です。 SNSなどを見る機会が多い方は見ていてわかると思いますが、人の写っている角度によって見え方は大きく異なります。 特にカメラを上にして見下ろすように撮ると写真写りが良くなる場合が多いので、角度を意識しながら写真を撮るようにしましょう。
引用: http://otowota.com/imgs/2017/04/morningcoffee_1492901824_12202.jpg
次にご紹介するポイントは「目」です。 目は顔の印象でも大切なパーツです。写真写りになっている人は寄り目になっていることが多いです。 これはレンズを集中して見ようとするためで、カメラで写真を撮るときはできればカメラのレンズに集中しない方が寄り目にならず、綺麗に撮れます。
引用: https://epistation.net/wp-content/uploads/tai-hanme002.jpg
次にご紹介するのが口元です。 口元もやはり写真写りでは重要です。 口元はできればやはりにっこり笑っているような笑顔の口元が作れるのが好ましいです。 そのため、口元も意識するようにしましょう。 できれば歯を見せる場合は上の歯を見せても下の歯は見せないようにしましょう。
引用: https://feely.jp/wp-content/uploads/2015/01/17c2a2d512391bc0d7bab3a1f34c2589.png
次にご紹介するのはあごです。 あごはやはり印象を大きく変えるので大切なポイントと言えます。 よくあごを引いた方がいいと聞く機会があると思いますが、これはあっており、あごを引いた方が写真写りが綺麗になる場合が多いです。 しかし、二重あごになってしまう人はあごを引きつつ、二重あごにならないように注意しましょう。
引用: http://1min-geinou.com/wp/wp-content/uploads/2014/08/sinoda-mariko-top-300x200.jpg
次にご紹介するのは真ん中で取ることです。 これはカメラのレンズの特性によるものですが、レンズは湾曲しているため写真の端の方になると自然と横幅が広がってしまうことが多いです。 一方、真ん中に移るとスリムに写りやすいと言われているのでできれば真ん中で写るようにしましょう。
引用: https://d4w9i1j5cm7ll.cloudfront.net/rc/C001/640x360rq60/u/063/0639276523.jpg
次にご紹介するのはリラックスです。 やはり緊張した状態の姿を撮っても写真映えするのはなかなか難しいです。 リラックスした姿の方が自然で美しい姿が取れる機会が多いので、できる限り写真を撮る際にはリラックスするようにしましょう。
引用: https://stacademy-images.s3.amazonaws.com/uploads/class_detail/class_image3/31523/detail1_38ee9a0e-5035-4b02-a2ca-87801bd62488.jpg
次にご紹介するのはコンプレックスな部分を手で隠すです。 これは自撮りや他の人に撮ってもらう際にも使える方法で、コンプレックスを感じているところは手で覆い隠すことによって写真映えをさせることが多いです。 特に男性よりも女性の方がこの技を使うことが多く、印象も大きく変えることができるので、おすすめです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20130621/17/shi-ge-ku-n/c4/3a/j/t02200293_0480064012583361475.jpg
あごのラインに手を添えることによって小顔効果を引き出すことができるとされています。 こちらも男性よりも女性の方が使う機会が多いと思います。 もちろん男性も小顔効果があるとされていますので、男性も写真を撮る際にはぜひ使ってみていただけたらと思います。
引用: http://days.yogamaga.com/images/articleimage/47a18333248957483e666780236bb0d3.jpg
次にご紹介するのは服です。 やはり写真を撮影するときは服装も大切です。 おしゃれな服装を着て写真を撮った際には写真映えすることが多いので、ぜひ写真を撮ることが事前に分かっている場合はおしゃれな服装で撮っていただけたらと思います。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2017/01/50289910/shutterstock_356213114.jpg
服装でもできれば季節に合った服装が好ましいです。 色々な場所で写真を撮影すると思いますが、周りも季節に合わせていることが多いですよね。 そのため、季節に合う服装・コーデを選ぶと違和感のない写真にすることができるので、季節感の合う服装で撮るようにしましょう。
引用: http://days.yogamaga.com/images/articleimage/54c14f4a9a02db7efce9443c4672889d.jpg
次にご紹介するポイントは笑顔です。 口元の時にもご紹介しましたが、やはり写真は笑顔の写真を意識して撮った方が見栄えがいいです。 そのため、笑顔が作れるように練習するのがおすすめです。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/deai_jissen/imgs/9/f/9f0c32fe-s.jpg
最後にご紹介するのはポーズです。 ポーズは難しい点だと思いますが、最近では虫歯ポーズや目隠しポーズなどが流行っています。 他の人と一緒に撮る場合はポーズを合わせると浮くことがないので、綺麗な写真になる場合が多いです。 ポーズは様々あるので、自分に合ったポーズを見つけるようにしましょう。
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/09/50289910/shutterstock_234059389-689x460.jpg
写真写りを良くする場合はやはり回数を重ねるのが好ましいです。 写真の写りが悪い人は苦手意識があることから緊張してしまいがちですが、回数を重ねると慣れる場合が多いです。 そのため、写真写りを良くするためにも写真を撮る回数を増やして慣らしましょう。
引用: http://eye-media.jp/common/images/uploads/2016/05/54f9cf510541de0ac9d9232a6247211a-700x467.jpg
今回は写真写りについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 写真写りは少し工夫するだけで大きく変わるとされています。 なれることができれば常に写真映えする写真を撮ることができるので、ぜひ皆さんも挑戦していただけたらと思います。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://garage-static.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/articles/images/000/000/817/large/08411ec5-8a2b-4c93-be44-5e5822ba417c.jpg?1503316561