Aku7bv5p8mz1wieav1kz

頻度

CATEGORY | 頻度

水泳で筋肉はつくor減る?鍛えられる部位、ほぐす方法など一挙解説!

2019.03.19

水泳で筋肉は本当につくのでしょうか?水泳は筋肉をほぐすイメージがあり、水泳をしすぎるとむしろ減るような気がしますが、今回は水泳で鍛えられる筋肉・部位について詳しく解説!水泳でつく筋肉部位をしっかり理解して効果的にトレーニングしましょう!

  1. 水泳で筋肉をつけられる?
  2. 水泳で鍛えられる筋肉
  3. 水泳で鍛えられる筋肉①上半身
  4. 水泳で鍛えられる筋肉②筋肉の持久力(筋持久力)
  5. 水泳で筋肉を付ける方法とは?
  6. 水泳で筋肉を付ける方法①筋肉を付けるための泳ぎ方
  7. 水泳で筋肉を付ける方法②より筋肉を付けるには
  8. 水泳で筋肉を付ける方法③栄養に気を付ける
  9. 水泳で筋肉を付ける方法④期間や頻度、どのくらいすればよい?
  10. ダイエットとして始めるのにも水泳をおすすめ!
  11. 準備運動で筋肉痛などを防ごう
  12. まとめ:水泳で体を鍛えよう!
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/29/13/10/leisure-1869744_960_720.jpg
引用: http://free-photos-ls04.gatag.net/images/lgf01a201410060500.jpg
ダイエットや筋トレとしても行われている水泳。周りの情報を聞いてみると結果を出している人は多いようです。 では、なぜ水泳が筋トレやダイエットとしても効果があるのか?その理由と筋肉をよりつくためにはどのような泳ぎ方が効率が良いのかなどについて見ていきます!
引用: http://img01.gatag.net/201504/14jjf9y/gatag-00001265.jpg
ジムなどのトレーニングと比べ負荷が少ないような見える水泳ですが、これで本当に筋肉がつくのか?と思う方もいるのではないでしょうか?泳ぎ方などにによってもほぐすことができる筋肉や、筋肉のつく部位などがそれぞれあるのでこれから見ていきましょう!
簡単に始められる運動といえばランニングを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ですが、ランニングだけだとほとんど下半身しか鍛えることはできません。しかし、水泳であれば上半身も使って運動することもできます。上半身を使うので普段使わない部位をほぐすことができ、普段あまり使わない難しい脇腹や脇、上腕二頭筋などの筋肉をほぐすことができ、余分な肉を減ることができます!
引用: http://img01.gatag.net/201504/07gx4me/gatag-00000589.jpg
ランニングや筋トレなどでも陸で行う運動は筋力の消耗が激しくて筋肉より呼吸が持たず、長く続けることが難しいです。筋肉のつく部位は足などに集中してしまい全体的な筋肉の持久力をあげることは難しいです。
Fkf7s9btfm3uvhgtuylt
引用: https://www.instagram.com/p/BUdZyOqDPG9/?taken-by=hashiruhito.jp
逆に水泳の場合は外で行う運動とは違い抵抗が少ないです。体を浮かせている分、筋力の消耗が少ないので長い時間運動することができます。なので長く続けることによって筋肉の持久力を上げてくれます。全体の筋肉を動かし普段使わない部位をほぐすことが出来るので筋力の消耗も減ることができます!
ですが筋力の激しい消耗を減ることができ息切れがあまりしない運動なので、心肺機能が鍛えることができません。現に私は長く水泳のみを続けてきたので長く泳ぐことができても持久走はとても苦手です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/030TSURUTAMA17529_TP_V.jpg
全体の筋肉をほぐすことができ余分な肉を減ることができるのでダイエットなどに良いと言われている水泳ですが、筋トレとしても水泳をする人は多いです。ですが、普通に泳いでいるだけだと筋肉をつくことは難しいです。そこで、水泳で筋肉を付ける方法について見ていきます!
引用: http://farm3.static.flickr.com/2735/4152254541_c9ef001990_b.jpg
普段使わないような部位をほぐすことで筋肉をつけやすくれる水泳ですが、体重が減ることができても筋肉を付けるのはある程度限界があります。
水泳で筋肉を付けるとなると、なるべく大きく体を動かして筋肉を意識して泳ぐことです。胸筋や脇の筋肉などといった筋肉は普段使わない分、筋肉を使っているのが意識しやすいと思います。こういった筋肉を意識して大きく体を動かすことによって、水の抵抗をより受けることができ筋肉をつきやすくしてくれます!
いつも同じ泳ぎ方だと、鍛えられる筋肉は限られてきます。なので、できるだけいろいろな泳ぎかたを実践してみましょう。クロール、背負泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ、それぞれ違った筋肉を使います。どれも大きく動くことが重要です。いろいろな部位を動かしてほぐすことによって、インナーマッスルや足、腕、腰、肩などを一気に動かして固まってしまった筋肉をほぐすことができ、筋肉が付きやすくなるので色々な泳ぎ方を試してみましょう!
それと、水泳だけでは筋肉の持久力やいろいろな部位をほぐしてくれますが、水泳だけでは肺活機能があまり鍛えられません。水泳で持久力を得るためにはハードに泳ぐことである程度、心肺機能を鍛えられます。またはランニングなどと併用することによって肺活機能だけが減ることを防ぎ、まんべんなく鍛えることができます。また、水泳はインナーマッスルなどを鍛えられるので筋肉が付きやすくなりますが外の運動と比べて抵抗が少ないです。さらに筋肉を付けたい人は通常の筋トレと合わせてみてみましょう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/nichinanIMGL8928_TP_V.jpg
色々な筋肉を使う水泳は体力も多く消費します。エネルギーが切れてしまうと筋肉が分解されるので水泳をする時にはしっかりと栄養を補給するようにしましょう。特にたんぱく質や糖質、脂質などは水泳によって多く消費されるので、ある程度摂取しておいたほうが良いです。魚などはこういったものの良質な成分が多く含まれているので、ダイエットや筋トレをしている人におすすめな食材です。
引用: http://gahag.net/img/201602/24s/gahag-0059577225-1.jpg
水泳は人によって行える日数が限られてくると思います。ですので、期間や日数は自分で決めて取り組んでみましょう。週に一回からでも全然大丈夫です。大事なのは継続させることです。
そして、水泳によってより筋肉をつくことを目的としている人は、筋トレを併用していくことです。筋トレの頻度は週に5回程度するようにしましょう。基本的な筋トレの腹筋、腕立て伏せ、背筋、スクワットなどでも大丈夫です。まんべんなく鍛えるといったことを意識しましょう。特に有酸素運動である水泳の前や後に行うことで、より筋トレの効果が表れやすくなります。
引用: http://gahag.net/img/201509/28s/gahag-0008729560-1.jpg
先ほども書いていますが、水泳はダイエットとしてもおすすめです。普段動かない人でもあらゆる部位の筋肉を使うので固まってしまった筋肉をほぐしてくれるので体重を効率良く減ることができます。
中には泳ぐのが苦手な人もいるとおもいます。泳ぐのが苦手な方は水の中を歩くことから始めてみましょう。水の中を歩くだけでも消費されるカロリーは陸よりも大きく、普段使わない筋肉を使ってほぐしてくれるので痩せやすい身体作ってくれます!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-188_TP_V.jpg
普通に運動するときには準備運動は必要なのですが、水泳をする時にも準備運動はしっかりとするようにしましょう!準備運動をしなかったときに起こることといえば、筋肉痛や足などが吊ってしまうことです。特に水泳の場合、全身の筋肉を使うので準備運動や上がってからのストレッチを怠ってしまうと全身筋肉痛で苦しい思いをすることになります。
また、水泳をしているときに足が吊ってしまうとおぼれてしまう危険性があります。水泳を行うのであればおそらくプールで監視員などが助けてくれるのですが、水中で足が吊ってしまうということはとても危険です。こういったことを防ぐためにも準備運動はしっかりと行いましょう。
引用: http://gahag.net/img/201605/21s/gahag-0088193249-1.jpg
水泳は陸で動くよりも抵抗が少ないので、水の中に入ってしまえば長時間動けると思います。ですが、上記で上げたように準備運動を怠ってしまうと、筋肉痛や足などが吊ってしまう危険があります。こういった危険性もありますが、筋肉痛が酷くなってしまうと続けることがしんどくなってしまいます。長く続けて効率の良い筋トレ、ダイエットをするためにも準備運動はしっかりと行いましまいます。
水泳はこういったことに気を付けるだけで安全に取り組むことができます。外で筋トレやダイエットをするには、骨折や身体を痛めてしまったりする危険性がありますが、水泳ではこういったことは少ないので安全に始められる運動です!皆さんも安全に取り組めるように準備運動はしっかりと行いましょう。
引用: http://img01.gatag.net/201507/31voaoi/gatag-00012761.jpg
外の運動と違っていろんな部位を動かし、ほぐしてくれる水泳は体重を減ることができる効率の良い運動です。ダイエットとしても筋トレとしてもおすすめできます!
水泳は普段使わない部位をほぐして体重を減ることがしやすくなるので、より筋肉をつくことができるので泳ぎ方を意識してみたり、筋トレと併用することもおすすな運動です!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img01.gahag.net/201510/06o/gahag-0011636856.jpg