Vrowy426ucc2pldnygws

テクニック

CATEGORY | テクニック

写真写りが悪いのはなぜ?その理由と写真写りを良くするポイント!

2018.04.05

写真を撮った時に自分がどのようにうつっているのか気になるのは当然ですが、いつも自分の写真うつりが悪いと、出来上がった写真を見るのが怖くなってしますね。今回はそんな方におすすめできる悪い写真うつりの改善ポイントをご紹介します。

  1. 写真を撮られる機会はどんどん増えている!?
  2. 自分だけ!?写真うつりが悪くなってしまう!?
  3. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:自分がかっこよく見える顔の角度を知ろう
  4. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:髪の毛はしっかりセットしよう
  5. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:光をうまく使おう
  6. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:表情を豊かにしよう
  7. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:笑顔のポイントを知ろう
  8. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:姿勢を正しくしよう
  9. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:カメラを凝視しない
  10. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:顎を引いて目線を上げよう
  11. [なぜ写真うつりが悪いのか]写真うつりを良くするポイント:まとめ
誰にでも友達同士で写真を撮ったり職場で集合写真を撮ったりと写真と接する機会はありますよね。また、スマートフォンが普及した今では更にどんどん高機能のカメラが備え付けられるようになっていることからも、昔よりも写真を撮られる回数も多くなっているはずです。そんな時代だからこそ、男性でもいままでより自分がどのように写真にうつっているのか気になりますよね!?今回はそんな写真うつりを改善するためのポイントをご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/f8/99/09f8991d66ec062e4ff4f4a2ce052d6c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/9b/e3/eb9be3559a90648f9714b401495f5b3b.jpg
出来上がった写真をまず見るときに探すのは当然、自分自身だと思います。しかし、写真にうつっている自分と普段鏡で見る自分は一緒でしょうか!?いつも鏡などで見るときはもっとカッコイイのに、写真の時だけかっこ悪くなってしまっている男性は多くいます。これはあなただけではなく一緒に写っている男性に関しても同じことが言えるのです。写真うつりがいい人と悪い人の違いは自分の写真うつりを良くするポイントを知っているか、知っていないの違いなのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/0e/41/6f0e4188f9d8a46445a98d414c4325af.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/3f/f0/72/3ff072e248935b01ecf31e8f21fa361b.jpg

関連記事

人それぞれ顔が違うように写真にカッコよくうつる角度というのは人によって異なるのです。写真うつりがいい人というのはこの自分が上手にうつる角度を知っているのです。この自分がカッコよく映る角度を確認するのに一番早く確実な方法は過去の写真をさかのぼることです。過去に友人や彼女、家族などから撮ってもらったときの写真を見直して自分自身がカッコよく映っている時の写真をピックアップして見てください。また、もし過去の写真がないのであれば、スマートフォンで角度を変えて自撮りを行ってみると良いでしょう。カッコよく映る角度は人それぞれ異なりますが、誰もがカッコよくうつる角度を持っていますので、自分自身が最もカッコよくうつる角度を見つけ出しましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/ff/32/d0ff3274d806216c6f75c3645adb1a5c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/34/1b/25/341b259f1664cba7f5b3f1adf3ab5402.jpg
写真うつりを良くするには髪型のセットも欠かすことはできません。特に男性は鏡に映った自分の正面ばかりきにして髪の毛をセットしてしまう傾向があります。写真を撮るときに全身のバランス良く撮るためにも髪型のセットを行う時に後頭部から左右全てがカバーできているように丁寧にセットするのがベターです。特にファッション雑誌や街角スナップなどでは全ての男性がイケメンではないのに、カッコよく写っているのはこの髪型のセットが多く起因しているといえます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7a/76/16/7a7616e60a40c26bc7c5b153f4bc30c8.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/9f/7f/e19f7ff274e7a15f9753024d02878166.jpg
写真うつりを良くするには光を上手に使うテクニックを覚えましょう。光をうまく使うことで自分自身の肌のシミやシワなどを光が消してくれたり、笑った時の歯の色をより白くしてくれたりと、写真にうつる自分をより爽やかにしてくれる効果があります。上手く光を使うには、光の入ってくるポイントを把握し、自分の顔に対して横か斜めから光が当たるようにすることが鉄則です。こうすることで、光によって肌が明るくなる上に、顔に立体感を出すことが出来ます。逆に最もNGな光の位置は頭の真上です。真上の光にたいして頭のみや顔の半分上が明るくなり、顔の半分下は暗くなってしまい、頬がこけたような表情にうつってしまいます。写真うつりを良くするには写真を撮影する位置も非常に大切なのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/11/ca/5511cac3d5052db992b6a1e5d925dd44.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/47/2c/77472cc9e2b9eb525b2c5a639dfc1fdd.jpg

関連記事

写真うつりが悪い人の傾向としてありがちなのが、もともと写真になれていない場合です。写真に撮られ慣れていないと写真が撮られるその一瞬で顔がこわばってしまいます。最も写真がうつりがよいのはやはり笑顔の時が最も良いとされています。また、固い表情というのは写真うつりを悪くしてしまいますので、出来るだけ自然体な表情で写真にうつれるようにしましょう。良い例として、いつもの写真うつりよりふとした時に撮られた写真の方がカッコようつっていたことはありませんか?表情を豊かにすることで、写真うつりはグッと改善することができます。もし笑顔で写真を撮ることが難しい状況にあるのであれば、笑顔を作らなくても少しだけ口の口角を上げることで、笑顔と同じで雰囲気を柔らかい印象にしてくれます。どうしても表情が硬くなりすぎてしまう人は写真を撮る前に顔面マッサージなどを行っておくのも効果的です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/9a/53/109a536ad7e5f736272cadae9aab7c43.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/23/55/a7/2355a7e7e417e84852096d3ba23b1f75.jpg
写真で笑顔を作ると表情が豊かに見えてとても印象は良くなります。そんな笑顔ですが、一体どの程度の笑顔が最もカッコよく映ることができるのでしょうか!?一般的に写真うつりで最も最適な笑顔は上の歯を8本程度見せた笑顔と言われています。これは、思いっきり下の歯まで見せて笑ってしまうと、写真にうつった時に顔が横に膨らんで見えてしまう為です。笑顔を作るときは下の歯は見せない程度に笑顔を作りましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/cd/ac/e8cdac67c12e98353917bbf09ae11e5b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/de/6d/58de6d28aef00bf6f7b2c756e7bbf6f3.jpg
写真うつりは顔の表情のみだけではありません。特に男性の場合で身体が写真にうつる時は、写真を見る人の目線は顔以上に身体の姿勢と雰囲気に集中しやすいのです。背中が丸まってしまっては、せっかくいい表情で写真にうつっても台無しになってしまいます。まずは背筋を真っ直ぐに伸ばし、胸を少し張った状態で肩の力を抜き、写真にうつることを心がけましょう。男らしい姿勢で写真にうつればこれまでの写真うつりと雰囲気は大きく変わりますよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a0/53/1f/a0531f882fd9337a3ad79b1f71305793.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/cc/af/e9ccaf0414d1613b0124013c35a20636.jpg
写真うつりの上級テクニックの一つに写真にうつるときの目線をカメラに凝視しないことがあります。写真を撮るときに「こちらを見てください」と言われるのでついつい目線をカメラのレンズを凝視してしまいがちですが、あまりに一点を見過ぎてしまうと、にらみつけているような印象で写真にうつってしまいます。少しでもナチュラルで柔らかい雰囲気を出すためにも写真にうつるときには、目線はカメラのレンズ自体を凝視せず、写真を撮ってくれる人に目線を向ける程度にとどめると良いでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/61/ee/3d61ee756b19aacbc69d7f255863a386.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/85/0d/93850db63cddd18c2bff663f8ae80151.jpg
写真を撮られるときにシチュエーションが自然でカジュアルな感じであれば、自分に最も合ったアングルと背景などをチョイスして写真にうつることができますが、集合写真や免許証の写真など、決まったシーンで映らないといけない場合は多々あります。そんなときには、誰もが写真うつりが良くなるポイントである顎を引くことと、目線をわずかに上げて写真にうつると良いでしょう。顎を引くと言うと、どうしても頭を下に下げてしまい、二重顎になってしまったり、違和感のある表情になってしまう人が多いのです。顎を引くというのは正しくは顔全体を後ろに引くという意味合いになります。特に仕事でパソコンを使う男性などに発生しやすいストレートネックなどは知らず知らず姿勢を悪くしてしまっています。顎を引く時に自分の位置と、耳の位置が同じ位置にあることが理想的な姿勢になりますので、ポイントとして覚えておくとよいでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/80/c1/be/80c1be88dc0d9cea50a57b7148433e74.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/b5/9c/57b59c25d30619fa5ed3885f68dcd04e.jpg
写真のうつり方を良くすポイントとして写真を撮るに出来ることから写真を撮る直前の目線のやり場までご紹介しましたが、いかがでしたか?今回ご紹介した内容を知っているのと知っていないのでは今後の写真うつりは大きく変わるはずです。是非、今回ご紹介したポイントを次回写真を撮られる時に実施してみてくださいね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/33/a7/ab/33a7ab3f2576f0f361faadb82a5de5e0.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/89/46/ad8946aa2d4be25c33818d920d25ebd1.jpg

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/d1/66/44/d16644c8b60c992b8182a559372a0d8f.jpg