Z7xihyer9hbzy7mrypr9

お酒

CATEGORY | お酒

ウイスキーはスモーキーなピート香を嗜むのが大人!おすすめ銘柄20選!

2018.03.25

大人の嗜みとして代表的なウイスキー。スモーキーな香りと熟成された味わいは、まさに大人のための飲み物です。スモーキーな香りでも、銘柄によって違ったりするのも、ウイスキーの特徴です。今回はそんなウイスキーのおすすめ銘柄を紹介していきたいと思います。

  1. ウイスキーの基礎知識 スモーキーって?
  2. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:マッカラン
  3. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ジョニーウォーカー
  4. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:カティサーク
  5. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:山崎
  6. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:白州
  7. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:サントリーウイスキー角瓶
  8. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:響
  9. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ブラックニッカ
  10. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:富士山麓
  11. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ブッシュミルズ
  12. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ジェムソン
  13. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:カネマラ
  14. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ジムビーム
  15. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ジャックダニエル
  16. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ワイルドターキー
  17. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:アーリータイムズ
  18. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:カナディアンクラブ
  19. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:ボウモア
  20. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:アードベッグ
  21. スモーキーなビート香と味が良いおすすめウイスキー銘柄:サリヴァンズコーヴ
  22. ウイスキーはスモーキーなビート香と味がおすすめ
ウイスキーというのは、主にスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本で作られており、これらの国で作られているウイスキーを、世界5大ウイスキーと呼ばれています。また、ウイスキーでもシングルとダブルという種類があったり、製造法などによっても味が変わります。まずは世界5大ウイスキーを押さえると良いでしょう。そこからマニアックなものを選んでみるというのも、ウイスキーを楽しむ方法のひとつです。
Gcseoqiudj8pgisrsmsi
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTJb7NaFwLP6u7CY0POLzW-MKiNdxzZXz210ggfJ4kx7_nkknAg

関連記事

ウイスキー好きの人たちには有名な銘柄であるマッカラン。スコットランド生まれのこのウイスキーは、シングルモルトウイスキー界のロールスロイスと称えられるほど、香り、味わいともに非常に素晴らしく、ウイスキーをはじめて飲む人にも飲んでほしい一本です。豊かな味わいとフルーティーな香りは、はじめてのウイスキーにはうってつけです。
He88yl02hsvzgdk4p86i
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQHHyMm-hsHlsHIhpYjFlWhtBa2YNCBvSRwqe1pw0yPHFVLgXjqr082S0yB0w
世界的に有名なウイスキーブランドのひとつであるジョニーウォーカーです。こちらもスコットランドのウイスキーであるこのブランドは、先程のマッカランとは違い、複数の蒸溜所の原酒を組み合わせて作られたウイスキーです。複数の原酒をブレンドしているだけに、奥深い味わいと、スモーキーな香りが特徴です。ちなみに、レッドラベル、ブルーラベル、ブラックラベルの3種類が出ていますが、ブラックラベルがおすすめです。
Tyoz6c3cs3wmqidb8zmx
引用: https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSBWcrs35ysA6p96GXx1m71m6RaHTV8OtznV7-Sev8R1OWCsFuHC8d4xEE5yA
ウイスキーは香りや味を楽しむものでありますが、それゆえに癖の強いものばかりです。そういう癖を楽しむことが醍醐味ではありますが、どうしても飲みやすいものがほしいと思ってしまう人も多いです。そんな方におすすめのウイスキーはカティサークです。こちらもいくつかのものをブレンドしていますが、口当たりが良く、ハイボールにして飲むと爽やかな味わいを楽しむことができます。
Aombahssoindwzv6aiki
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQlu35r78coXdtyBRJvG_hdyU2VeVWKnWwL7y4jewrGuxdDBWkxO8wkf5Wn

関連記事

人の名字でよくありそうですが、こちらは人の名字ではなく、地名です。大阪府にあるサントリー山崎蒸溜所で作られたこのウイスキーは、日本を代表するシングルモルトウイスキーとして人気を集めています。甘くて滑らかな味わいは、ロックで楽しむもよし、水割りでも楽しめるなど、様々な飲み方にも合うため、色々試したいという方にはおすすめです。
Scdqckexsaz53hfpqmiz
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT39uCNdGWiDea5nUUZYfoEn1vK7PrespYx9q3X6PsaoF4iy1UOLQ
ところ変わって、富士山のある山梨県は白州町。こちらはサントリー白州蒸溜所で作られたウイスキーです。先程の山崎ウイスキーとは違い、軽快でフレッシュな味わいが特徴です。ちなみに白州は、白州蒸溜所おすすめの、森薫るハイボールというスタイルがおすすめでありますので、興味のあるかたはお試しくださいませ。
Gntk6ghrulkqvw63phhs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTVxzMQwPlTaMSVV4vZQ2Tzm6DkpWm_AM94eI7WlBazINpYwpTe
瓶の形、ラベル、風味、香り、全てにおいてまさにウイスキーの象徴と言っても過言ではない、王道のウイスキーであるサントリーウイスキーです。日本人好みのジャパニーズウイスキーを目指して作られたこのウイスキーは、ウイスキー初心者を始め、ウイスキーマニアにも愛される、まさに王道中の王道です。
Mp25gnvf9dqfoohvkbed
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQhtmMz39dwsS4c9Vcr0xMqtPX9LZ_3tAbMFamc9ftdrz87Z976rqLMvfMyCQ

関連記事

日本には、匠の技が注ぎ込まれているものがたくさんあります。家屋や料理はもちろん、工具や食器など、あらゆるものに注ぎ込まれていますが、ウイスキーにも匠の技が注ぎ込まれています。響は、あらゆる種類の原酒をブレンドし、味の柔らかさと奥深さが両立されています。
Cfk5f9ik5eodpbdgtsfm
引用: https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT5QflLQa06dhTgfnldHu6xDSkNZ_NDspneJaBqgzsfq3J1v0LsrQ
朝ドラのマッサンでお馴染みのニッカウヰスキー。そのニッカウヰスキーを代表する銘柄小曽が、ブラックニッカです。芳醇な香りと、豊かでコクのある味わいが特徴であり、こちらもかなり飲みやすいウイスキーとなっていますので、初心者には是非飲んでほしい一本です。
Woj7gotmrdtspc3qjrdw
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXexwbk7zFQqpKINsFN_IfM6J88yg_EEdqjC1NScanV7NnNOicDQ

関連記事

通常ウイスキーを作る上では、樽から出したあとにろ過をするのが一般的ではありますが、この富士山麓ウイスキーは、足るから出した状態のものをそのまま瓶詰めしていることが特徴です。アルコールは50度と非常に高いので、酒に弱い人には少々きついかもしれません。こだわりの詰まったウイスキーは試してみる価値ありです。
Cyssxs4so1mibyaq1ykm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRSzk-4Gl4tYG92GmP9HTRzfxn1S7_U0743N0ZMIKnY02iPU8c2jw
ここまでスコットランド、そして日本のウイスキーを紹介してきましたが、今度はアイルランドのウイスキーを紹介していきます。ブッシュミルズは、甘い香りとまろやかな味が特徴のウイスキーとなっています。通常ウイスキーを作る際、ろ過は2回するのが一般的ですが、ブッシュミルズは3回もろ過をしています。また、スモークされていないモルトを使用することにより、独特の臭みも消えています。
Znoluhmt0bkbimrww098
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSyg-BwoXjc8wWBaH4ge_mlZuA-dpchV0PYJjUbH09rCmRtQZBAvLssCqN0
ウイスキーを作る上で決め手となるのは、熟成する樽です。ジェムソンの樽は、最初はウイスキー作りでは一般的なシェリー樽で熟成させ、その後バーボン樽に移しています。そうすることでバランスの良い風味に仕上げられ、飲みやすくなります。ほのかに香るバニラの香りも特徴です。
Vbmfeosop86q9w3gjecx
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT7Shl7eA4E6Uc2dDh6ubxcZDRWo8bi74Y5JyH3cwpO4MkrNWMEsTyPAuiKmQ
通常のウイスキーは、例えば8年熟成させたウイスキーはそのものだけを瓶詰めしますが、カネマラのウイスキーは、熟成させた期間の異なるものをブレンドするという、シングルモルトウイスキーでは珍しい製法を用いています。カネマラとはアイルランドの西部の町で、国立公園もある有名な地域です。スモーキーな香りと、口当たりの良さは、ロックで味を楽しむにはもってこいの一本です。
Ejemgks6c8wd3xfj1xl4
引用: https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQtxTBb3TsJYr3eWfIfKM7BeZgpkAGrpU1j8oIQZiAUEFtinsOouUR4Sl7cHw
世界的に有名な銘柄であり、日本でも、タレントのローラさんのCMで注目を浴びているジムビームです。バーボンって酒の種類でウイスキーではないのでは、と疑問に思う方も多いですが、本来のバーボンの定義とは、原料の半分以上がとうもろこしを使用したアメリカのウイスキーのことです。材料はもちろん、水にも厳選したものを使用しているのが特徴です。
Dtv0mnbmqrxvlmongpf8
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJOW2kcQWP6vKg5segJWikfDlrYWAvxFMwjaLul2g-mKx-ehrmW7zaihc1Vw

関連記事

芸能人やアーティストのなかにも愛飲者の多いジャックダニエル。ラベルのカッコ良さが目を惹くウイスキーですが、同じアメリカのウイスキーでも一線を画しています。木炭を用いて丁寧にろ過されたチャコールメローイング製法と、テネシー州で生産されていることから、テネシーウイスキーと呼ばれています。
Vscf74kjka3svqhkk0jn
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRNXPr8nauzC48Wo_XimOx8P-eETlTu4WoUdQ8Ekwl1kB8lPBv384DWY3NE
アメリカの歴代大統領にも愛飲者の多いプレミアムウイスキーといえば、ワイルドターキーです。アルコール度数は50度とこちらもウォッカ並みに高く、弱い人には厳しいかもしれません。甘さは他のウイスキーよりは控えめであり、風味の豊かさとこくを強調した仕上がりとなっています。定番の飲み方以外にも、カクテルのベースとして使用するのもありです。
Rlkugjxdwpelhgn1gmqj
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRcho8d4YXZdZCSfQ9ZvS0BoE-yrRIcMwbkHQSKg9MyGDKqluYPYORbTJ_r
バーボンウイスキーの代名詞とも呼ばれるほどのロングセラーの銘柄が、アーリータイムズです。1860年にアメリカで誕生し、バニラやキャラメル等の甘い香りと、クリアな味わいが特徴です。フルーティーでありながら、後味にキレのある味は口当たりが良く、スムーズに飲むことができます。バーボンの入門編としてもちょうど良い一本です。
Jepkwhmbeovqtvi04wvb
引用: https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRv_XQKQSIPsHCKzJMr4yr_tfucYPf5F5300RDq1wBQvmPuSF2f
カナダを代表するウイスキーとして有名なウイスキーは、カナディアンクラブです。カナダを代表する銘柄と呼ばれていますが、そのわりに癖がないクリアな味わいが特徴です。定番のロックや水割りで飲むもよし、ハイボールやカクテルのベースとして用いてもよしと、何でもありの一本です。ウイスキー初心者にもおすすめできるほど飲みやすいです。
L9twixjixrfhelfjpskb
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRoad8cxcH0hKy_0T32HtwEQWls1sVKqOJ3kWdwwjkHagCQffz6dg
スコットランドにあるアイラ島。ここはウイスキー生産国で有名なスコットランドのなかでも、ウイスキーの聖地と呼ばれています。そんなアイラ島で作られるウイスキーが、ボウモアです。島でつくられているだけに、貯蔵庫は海に面したところに作られており、潮の香りも感じることができます。複雑な味のなかにこくを楽しむことができるロックがおすすめです。
Tibiet8jsypxrvofwjfn
引用: https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSsDNgk9N0QTP27bGgNUgYQPztemW39TJqnIZ5hDYCREmY15dxUE3kMKYqo
アードベッグもアイラ島で製造されているウイスキーであります。こちらもアルコール度数は46度とかなり高く、弱い人は水などで割ってマイルドにして飲むと良いでしょう。強烈なスモーキー感と、独特な味わいが特徴です。ほんのりと甘く、様々な味が楽しめる、まさにウイスキーを楽しむためには押さえておきたい一本です。
Sm5azuj3bh1btkpmcpgx
引用: https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTyK-X1MfiEv6EVXwYxmP5NHA3FMhGOmSheIW2S5HbSjmLg6op43pLFioNCjg
ウイスキーマニアの間ではマニアックな生産地として知られているタスマニア島。ここで作られているウイスキーが、サリヴァンズコーヴです。すべての工程がタスマニア島で行われており、原料もタスマニア島で作られた大麦を使用しています。後味に余韻が残るのが特徴です。
Ij4o8yai05qe9mr9jpic
引用: https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRaTdyfeZ8OQoZa7t51gaqzi4ENJfWEfD6TDmZNvxBEHm3_bdqg
いかがでしたか。ウイスキーには独特で癖の強いものもあれば、癖がなく飲みやすいものもあります。皆さんも、ウイスキーを飲んで大人の奥深さを味わってみてはいかがでしょうか。
Xnbxjypkhnnchbu2x3lz
引用: https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTvDOZj9wiUrlzn3eOU1Nz_UAUQ4AwOi-NBkb4z6ZU9P9Mdxgl9wQ