Qdfdyqr6krchbgkpln0u

コーヒー

CATEGORY | コーヒー

コーヒーグラインダーおすすめ特集!手動と電動の比較やお手入れ方法。

2020.07.20

コーヒーを挽くアイテムとして欠かせないのが、ミルとグラインダーですよね?しかしミルとグラインダーって何か違いがあるのか疑問に思う方もいると思います。そこで今回はコーヒーミルとグラインダーを比較し、手入れ方法やおすすめのアイテムなどを紹介していきます。

  1. コーヒーグラインダーとミルを比較
  2. コーヒーグラインダーとミルの種類
  3. コーヒーグラインダーの手入れに必要なもの
  4. コーヒーグラインダーの手入れ方法
  5. コーヒーグラインダーの刃の手入れポイント
  6. コーヒーグラインダーを手入れしないとデメリットもある
  7. 【おすすめコーヒーグラインダー】ラッセルホブス コーヒーグラインダー
  8. 【おすすめコーヒーグラインダー】全自動コーヒーグラインダー
  9. 【おすすめコーヒーグラインダー】桐箪笥のコーヒーグラインダー
  10. コーヒーグラインダーおすすめ特集!手動と電動の比較やお手入れ方法。のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/bd/e1/6e/bde16e078e2419d1590c0f43bada91ea.jpg
コーヒーを挽くアイテムとして、グラインダーとミルがありますが、その二つを言葉で比較すると実はほとんど一緒の意味を表していたんです。グラインダーとミルを比較した時に、同じコーヒーを挽くための粉砕機のことを指しているのです。その為、コーヒーを挽くツールのグラインダーとミルを比較すると、あくまで言葉の違いだけだったということになります。

ある程度は比較されている

引用: https://i.pinimg.com/564x/f4/f6/2a/f4f62a618d20773cc352f2676a63ceed.jpg
しかしグラインダーとミルは、言葉の違いだけですが、イメージ的にはある程度比較はされてるんです。そんなグラインダーとミルをイメージ的に比較すると、ミルの場合はコンパクトで持ち運べる電動か手動のコーヒーを挽くツールのことをミルと区別されています。またグラインダーは、ある程度大きさがあって、電動で細かくコーヒーを挽けるものがグライダーと呼ばれることが多いです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/3b/f7/773bf78d6912e1657cec37abfc113cc3.jpg
そんなある程度しか比較されていないグラインダーとミルといっても、大きく分けて手動式と電動式の2種類ありますが、コーヒーを挽く刃のタイプによって種類が変わってくるんです。こちらではそんなグラインダーとミルの種類について以下に解説していきます。

コニカル式

引用: https://i.pinimg.com/564x/57/58/f6/5758f6b3edda23457258b17c1a3bbd1c.jpg
コニカル式は手動式に多い種類で、固定されたその刃と回転する二つの刃によって、コーヒー豆をすりつぶしながら挽く種類になります。コーヒー豆を挽いた時の、粗さが比較的に揃っている特徴がある種類になります。

プロペラ式

引用: https://i.pinimg.com/564x/7b/5e/96/7b5e969223bbd15bcf0277fff3dbb69c.jpg
プロペラ式は手動式は少なく電動式に多い種類になっており、プロペラ状の刃が回転することによって、コーヒー豆を簡単に挽くことができる種類です。他の種類に比べ、比較的に安く購入することができ、手入れも簡単です。

カット式

引用: https://i.pinimg.com/564x/a0/85/c7/a085c71042a9271b998f0c295bb95fac.jpg
カット式もあまり手動式はなく電動式に多い種類になっており、円盤状の刃が回転することによって、コーヒー豆を切るように挽きことができる種類です。プロペラ式よりも挽いた粉にムラが出にくく、粉の粗さが揃っている特徴があります。

グラインド式

引用: https://i.pinimg.com/564x/7e/4c/d5/7e4cd543ecaa8fb01a93d581ee1bc389.jpg
グラインド式も手動式はなく電動式に多い種類になっており、円盤状の刃ではありますが、上下に二枚ある刃がコーヒー豆をまるで臼のようにすりつぶしながら挽いてくれます。また他の種類に比べ、音も比較的静かで、挽いた粉も安定している特徴があります。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/5d/e8/a4/5de8a4ad6d75cc88b2fda45efae167e2.jpg
次にあまり意味の変わらないコーヒーグラインダーとミルを、手入れするのに必要なものを以下に紹介していきます。

ミルブラシ

引用: https://i.pinimg.com/564x/7f/9c/5b/7f9c5ba7c5b2551b3523a13e2a87fba4.jpg
コーヒーグラインダーを手入れする際に必要な道具の一つ目は、グラインダー専用のミルブラシを呼ばれるアイテムです。ですがミルブラシを用意できない場合は、歯ブラシで代用することもできます。またグラインダーによっては、手入れ用にブラシが付属されているものもあるので、そのブラシを使うと良いと思います。

ブロアー

引用: https://i.pinimg.com/564x/d0/78/44/d07844f95094d672ce4b5a6ec6632b65.jpg
次に必要な道具は、空気に圧をかけて吹き出すことができるブロアーです。カメラ用のブロアーや、パソコンのキーボードの掃除に使われるエアダスターなどで代用するのも良いと思います。またグラインダーの手入れに最も適しているのは、手動でできるポンプ式のブロアーをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2b/a0/e8/2ba0e83922226d807007cfaedbbe830a.jpg
手入れをする際にまずはグラインダーのホッパーや受け皿に残っている粉を、乾いたタオルなどで綺麗にふき取りましょう。またこの時の手入れのポイントとして、電動式の場合は必ずコードを抜いておくことが大切です。グラインダーの材質によって、水洗いができるものもあるので、水洗い可能か確認しておくこともポイントです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a9/cb/40/a9cb40f4cc4138c519bf32af63f33b11.jpg
コーヒーグラインダーの刃の種類によっても、手入れの仕方が変わってきます。コニカル式であれば、細い溝が多いので、細めのブラシとブロアーで綺麗に粉を取り除くことが大切です。またカット式やグラインド式も、細かい溝の刃が多いので、細いブラシとブロアーでしっかりと掃除をし、もし粉が固まっていて、届かない場所があった時は、竹串などを使用すると良いと思います。プロペラ式は、手入れが一番簡単ですが、プロペラの刃の周りにコーヒーの粉が溜まりやすいので注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/41/3a/66/413a662555a26b4e4e9180d3b043b289.jpg
今まではコーヒーグラインダーの手入れ方法を紹介してきましたが、手入れをしないとデメリットがあるんです。そんなグラインダーを手入れしない事によって、粉が溜まってしますことで故障の原因になるのはもちろんのこと、コーヒーの味も落ちてしまうんです。また粉が酸化してしまい、虫を引き寄せてしまうこともあるんです。その為、たとえ手入れが面倒でも美味しくコーヒーをいただくためには、手入れをすることがとても大切なのです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/313/11957313/11957313B_39_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/313/11957313/11957313B_b_02_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/313/11957313/11957313B_b_04_500.jpg
RUSSELL HOBBS COFFEE GRINDER / ラッセルホブス コーヒーグラインダー ¥5,400税込

コーヒーグラインダーのおすすめアイテムの一つはこちらの、ラッセルホブスコーヒーグラインダーです。コーヒーを美味しく飲めることにこだわり作り出されており、コーヒー豆を入れるボウルをクリアカバーからのぞきこむことができ、好みのコーヒー豆の挽き具合に調整することができるんです。またスイッチ一つで調整することができて、自宅でもまるでカフェで飲んでいるようなコーヒーを楽しむことができるおすすめのコーヒーグラインダーになっています。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/007/30087007/30087007_B_01_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/007/30087007/30087007_B_03_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/007/30087007/30087007_B_04_500.jpg
全自動ミル付 コーヒーメーカー グリーン ¥8,640税込

二つ目におすすめするコーヒーグラインダーはこちらの、全自動コーヒーグラインダーです。コーヒー豆を挽くことから、ドリップまで全自動ですることができ、プロのようなコーヒーの味わいを楽しむことが出いるおすすめのアイテムです。また豆挽きと粉の2WAY仕様でデザインされており、好みの挽き具合でコーヒーを作り出せます。静音設計にもなっているので、ストレスを感じることなくコーヒーを飲むことができるおすすめのコーヒーグラインダーになっています。

関連記事

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/790/12357790/12357790_131_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/790/12357790/12357790_B_04_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/790/12357790/12357790_B_06_500.jpg
Kalita × BEAMS JAPAN / 別注 コーヒー ミル KIRI(桐) 2段 ¥48,600税込

最後におすすめするコーヒーグラインダーは、この桐箪笥のコーヒーグラインダーです。和を感じさせるフォルムに仕上げられており、タンス職人が作り出したアイテムになっています。グラインダーの機能をそのまま残しながらも、美しいシルエットを作り出してくれています。あえて手動式で作り出すことによって、コーヒー豆の挽き具合を調整することができ、好みの味わいを楽しむことができるおすすめのコーヒーグラインダーになっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d7/3f/41/d73f410e4d33f55a0584e848919d5a2a.jpg
おすすめのコーヒーグラインダーはいかがでしたか?コーヒーグラインダーとミルを比較すると、言葉の意味にはあまり違いはありませんが、コンパクトなのかそうでないのかで、イメージが変わってきます。またコーヒーグラインダーの手入れを怠ってしまうと、コーヒーそのものの味が落ちてしまい、本来の味を楽しむことができないので、必ず手入れすることをおすすめします。そんなコーヒーグラインダーでコーヒー豆を挽いて、ゆったりとしたコーヒータイムを楽しんでみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/e4/3e/de/e43ede0572b5efae6637e1d8ce9099e6.jpg