Uj99u7p1hcp16u1d1rs6

音楽

CATEGORY | 音楽

高級イヤホンおすすめ15選!廉価なものとの違いを徹底解説!

2018.03.19

通勤や通学時にスマホで音楽を聞く方が増えています。ハイレゾ音源をより楽しむために、また、豊かな低音をより感じるために高級イヤホンの購入を検討されている方はいませんか?今回はおすすめの高級イヤホンを解説いたします。お好みの音楽に合ったイヤホンを探してくださいね。

  1. 高級イヤホンと廉価イヤホンの違いとは?
  2. イヤホンの種類とは?
  3. イヤホンの種類1.インナーイヤー型
  4. イヤホンの種類2.カナル型
  5. イヤホンの種類4.バランスドアーマチュア型
  6. イヤホンの種類5.Bluetoothワイヤレス型
  7. イヤホンの種類6.ノイズキャンセリング型
  8. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【1】.SONY(ソニー)/MDR-EX1000
  9. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【2】.ETYMOTIC RESEARCH(エティモティックリサーチ)/ER4SR
  10. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【3】.JTS(ジェーティーエス)/IE-6
  11. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【4】.Westone(ウエストン)/W10
  12. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【5】.audio technica(オーディオテクニカ)/ATH-E50
  13. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【6】.AKG(アーカーゲー)/N40
  14. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【7】.SENNHEISER(ゼンハイザー)/IE80 S
  15. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【8】.64 AUDIO/U2 (64A-0304)
  16. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【9】.SHURE(シュアー)/SE425-CL
  17. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【10】.EARIN(イヤーイン)/M-1 Aluminium
  18. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【11】.FENDER(フェンダー)/FXA7-GOLD
  19. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【12】.JVC(ジェイブイシー)/HA-FXZ100
  20. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【13】.KLIPSCH(クリプシュ)/X20i
  21. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【14】.beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)/Xelento remote(エクセレント・リモート)
  22. 低音を強調するおすすめの高級イヤホン【15】.Bang&Olufsen(バング・アンド・オルフセン)/BeoPlay H3 MK2 Champagne
  23. 低音を強調する高級イヤホンおすすめ15選!廉価なものとの違いを徹底解説!のまとめ
高級イヤホンは数万円もするものから、廉価イヤホンは100均で売っているものまで、イヤホンの価格帯はとても幅広いですね。今回はおすすめの高級イヤホンをご紹介しますが、高級イヤホンと廉価イヤホンはどのような違いがあるのでしょうか。

違い1.低音のバランス

廉価イヤホンは「低音を強調」する傾向にあるようです。よく言えば迫力を感じる音ですが、悪く言えばモコモコとして輪郭がぼやけている音である場合が多いのです。それに比べて高級イヤホンは低音から高音までバランスよく、奥行きと広がりのある音像を提供してくれるものが多いと言えるでしょう。使われている素材の質やイヤホンの重さや厚みがサウンドの優劣に関係しているからです。

違い2.周波数帯域の幅

高級イヤホンを使えば、廉価イヤホンでは気づかなかった音に気付く、ということがあります。それは高級イヤホンと廉価イヤホンでは再生可能な周波数帯域が違うからです。再生可能な周波数帯域が狭い廉価イヤホンで聞く音は軽く、音のパワーを感じられず物足りないものです。

違い3.付属機能

マイク付きであったり、手元でボリューム変更や曲の選択ができたり、電話での通話開始や保留状態にできたり。専用ケースやケーブルが付属していたり。こういった付属機能や付属品などでもイヤホンの価格は変わってきます。自分にとって必要な機能を見極めて、価格も含めて自分に適したイヤホンを選びたいですね。
スマホやミュージックプレイヤーの普及により、もはや生活必需品と言えるイヤホン。そんなイヤホンにはどのような種類があるのか、それぞれの違いを確認しておきましょう。
Smr6lpxpfyvr8wvywbgi
引用: https://www.instagram.com/p/BgYbVxvjII0/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3
インナーイヤー型のイヤホンは、イヤホン本体を「耳介(じかい)」に乗せて装着するタイプです。イントラコンカ型とも呼ばれ、カナル型のイヤホンとのサイズの違いはやや大きめなものが一般的です。
Ygx7mzvuvjaw8qdhhcbt
引用: https://www.instagram.com/p/BVx3V3ahWfi/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E5%9E%8B
開放型形式なのでカナル型イヤホンと違い、遮音性は期待できません。満員電車の大敵で社会問題になったこともある、あの不快なシャカシャカした音漏れには注意が必要です。
Orbmme47tyj4qtqq0ztw
引用: https://www.instagram.com/p/BeOCdyOBKPx/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E5%9E%8B
インナーイヤー型のイヤホンはカナル型イヤホンと違い、音場空間の広さと臨場感があります。しなやかで滑らかで、アコースティックサウンドではナチュラルな質感と空気感を楽しむことができます。
A4eznroftaul0ykyokzi
引用: https://www.instagram.com/p/BQPsTuNhdmG/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E5%9E%8B
カナル型イヤホンと違い低音が弱いのが残念ですが、逆にスケール感があり、装着感も楽で聞き疲れしにくいのがカナル型イヤホンとの違いでもあります。
Rfuxbdqvlsoeoupso6fo
引用: https://www.instagram.com/p/BQ7iQqBDY-W/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E5%9E%8B
カナル型のようなぎゅーっとした装着感や閉塞感が苦手な方や、周囲の人たちに迷惑をかけない自宅での使用をメインとされる方、はじめてイヤホンを使用するという方にはインナーイヤー型イヤホンがおすすめです。
カナル型イヤホンは耳栓型とも呼ばれ、耳栓のようなイヤーピースを耳の穴にぎゅっと押し込むようにして装着します。
Hdgrxntsxgrolchhntxl
引用: https://www.instagram.com/p/BfZb98jA-Au/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
インナーイヤー型イヤホンとの違いは小型なものが多く、遮音性に優れシャカシャカした音漏れが少ないのが特徴です。周囲にいる人たちに気を使う時にはインナーイヤー型よりもカナル型のイヤホンを選択するべき、と言える現在のイヤホンの主流型です。
Hjufh5wcr7igjehdskww
引用: https://www.instagram.com/p/Be6jzBhlB1A/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
カナル型イヤホンはインナーイヤー型イヤホンと違い、しっかりと耳に装着するので、音の隅々まで聞くことができます。心地よい充実した低音もしっかりと感じ取ることができるでしょう。しかし空気感や臨場感を表現することは苦手です。
Qrhc1w9ydo1nku55no0q
引用: https://www.instagram.com/p/BeIU57MgEs5/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
インナーイヤー型イヤホンと違い、カナル型イヤホンは独特の閉塞感があり、装着に慣れないと不快な気分になったり、長時間使用すると疲れを感じる場合があります。購入時は実際に装着して確かめることをおすすめします。
Pkppij5purnomofmv8nt
引用: https://www.instagram.com/p/BDAfTqdrCiO/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
イヤホンと言えばカナル型イヤホンが主流の昨今。各ブランドから幅広い価格帯で様々なカナル型イヤホンが展開されていますので、価格や機能面、音質面などで選びやすいと言えるでしょう。Bluetoothワイヤレスのイヤホンやノイズキャンセリングイヤホンの購入を検討されている方はカナル型を選択することになるでしょう。ハイレゾ対応を求める場合もカナル型となるでしょう。スマホでの快適な操作性を高める、通話ができるマイク付きリモコン装備タイプもほとんどがカナル型です。
Of3ulycxaavipq0dnxxo
引用: https://www.instagram.com/p/vF5VIyul7A/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
しっかりとした低音を鳴らし、外部からの音を遮断できるカナル型イヤホンはインナーイヤー型イヤホンと違いナチュラルな響きを表現しにくいイヤホンです。が、BA型やハイブリッド型と記載されているカナル型イヤホンのものを選べば問題は解決です。高額なカナル型イヤホンにおいてはその不安は皆無と言えるでしょう。カナル型イヤホンの装着感が苦手でなければ、安心してカナル型イヤホンをお使いください。

イヤホンの種類3.ダイナミック型

ダイナミック型のイヤホンとは、磁界の中でボイスコイルに音楽信号を流すことで振動板を振動させます。すると音が出る、という仕組みです。いわゆるオーディオスピーカーと同じ構造をしています。再生周波数帯域が広い 低音域の再現力が高いのですが、それを実現するためにはある程度の大きさが必要です。イヤホンに大きさを求めない方におすすめのイヤホンです。
Heh6j1ez1kdhhdltmpim
引用: https://www.instagram.com/p/BceMCAUjBDf/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%9E%8B
バランスドアーマチュア型はBA型とも呼ばれ、磁石に取り付けられたボイスコイルに電流を流し、鉄片(アーマチュア)を振動させ、その振動をドライバーロッドが振動板に伝える、ということで音を出しています。
Mltssk7zhylwdxjfhedn
引用: https://www.instagram.com/p/BPedSWfAgjc/?tagged=%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2%E5%9E%8B
戦前に使われていたマグネチックスピーカーと同じ原理なんだとか。
Fscxfabiinvt0goosymv
引用: https://www.instagram.com/p/BYP1wA1lUYv/?tagged=%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2
再生周波数帯域が狭く、歪み特性があり、中音域から高音域の再現力が豊かですが、カナル型イヤホンと違い低音域を鳴らすのが苦手なタイプがバランスドアーマチュア型の特徴です。
Xxgcljyxbv4aj7v1gtcb
引用: https://www.instagram.com/p/6NHLGMLKj-/?tagged=%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2
バランスドアーマチュア型イヤホンはイヤホンならではの型であり、バランスドアーマチュア型のヘッドホンというものは存在しません。

関連記事

Appleを代表する大人気製品「iPhone 7」シリーズはヘッドホン出力端子を廃止してリリースされました。それ以降、Bluetoothワイヤレス型のイヤホンが多くリリースされるようになり、もはや主流となりつつあります。
Q5iyojlfbeuiy5fw8vji
引用: https://www.instagram.com/p/BbOF-Mlg01Z/?tagged=bluetooth%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9
何と言ってもBluetoothワイヤレス型と従来のイヤホンとの違いは「コードがない」というメリットが魅力的。ですが、連続再生時間が短いことや、サイズが小さいことで紛失しやすかったり、スマホがなかなか認識しない、という場合もあります。
Fd2pr7xtqwarzgsoq3ov
引用: https://www.instagram.com/p/BSofie5AwtL/?tagged=bluetooth%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9
最近は各メーカーの最新モデルが改善を繰り返してきているので一昔前とは違い、高性能のタイプがとても多くなってきました。今後に大いに期待できそうですよ。
イヤホンを装着し、スイッチをオンにすることで周囲の騒音が消え、音楽だけが聞こえてくるという魔法のイヤホンがノイズキャンセリング型です。
Nypsnow2ypmpk2qhvcar
引用: https://www.instagram.com/p/BfuWOyjAXkv/?tagged=%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
以前と違い最近はヘッドホンだけでなくイヤホンにも搭載されている機能がノイズキャンセリング。電車や飛行機に乗った時、「音楽だけが聞こえる」「音楽だけしか聞こえない」を初めて体験した時は、きっと黙っていられないくらい大感動することでしょう。本当に周囲の音がピタっと消えるのですから。
Zpguxts22povp6xeq8u0
引用: https://www.instagram.com/p/BevA3ZSHd_s/?tagged=%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
なぜ音が消えるのか、の原理は、「音波の足し算」で説明できます。音波を波形で目視すると、ウネウネとした曲線となっています。そこに正反対のウネウネ音波をぶつけると、打ち消しあって音が消えます。騒音、雑音の音波に対して逆位相の音波を重ね合わせる、という原理なのです。すごい技術ですね。
SONY(ソニー)を代表するカナル型イヤホンのフラッグシップモデルと言えば「MDR-EX1000」です。原音に忠実な音質と自然な装着感、遮音性が魅力のイヤホンです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61kth943BdL._SL1150_.jpg
大口径16mmドライバーユニットが採用されていて、余計な振動を抑えています。アウトドアで理想的なリスニング環境を提供するEXモニターシリーズ最高位モデルです。もちろん信頼の日本製で、出荷時にはエンジニアがひとつずつ調整しているという、高音質のためにこだわり抜いています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51sDnUFP%2BIL._SL1150_.jpg
液晶ポリマーフィルム振動板という素材が使われていて、良い音を再生するための「余計な振動」を消し去ってくれるというもの。「MDR-EX1000」に使われている振動板は、振動板として最高級の素材なんだとか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aHllVy5xL._SL1150_.jpg
付属するケースも高級感があっておしゃれで、所有欲を刺激してくれます。
ETYMOTIC RESEARCH(エティモティックリサーチ)の最上位カナル型イヤホンである「ER4SR」は、原音をフラットに再現することができる大人気モデルです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71SsnyBo9rL._SL1500_.jpg
プロミュージシャンやオーディオマニアをも唸らせる正確無比な音質でありながら、周囲のノイズを最大98%(35dB~42dB)シャットアウトするという最高クラスの遮音性を誇ります。周囲のノイズをシャットダウンするという遮音性が高いことで、音楽再生時のボリュームを必要以上に上げなくてもよくなります。結果的に耳に対して安全で優しく、音楽を楽しむことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91aiNFpNRDL._SL1500_.jpg
美しいデザインの「ER4SR」はアルマイト加工が施されていて、ケーブルはユーザー自身で着脱できるデタッチャブルケーブルが採用されています。
カナル型イヤホンであるJTS(ジェーティーエス)の「IE-6」は、バランスドアーマチュアユニットを高域と低域に1基ずつ搭載し、高い解像度で原音を再生することが可能です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31M-qDwVLYL.jpg
幅広く鮮やかに再現される中高域音と、締りがあり輪郭がはっきりした迫力の低音がとても魅力的です。バランスよくサウンドを再生、演出してくれる高級イヤホンのハイエンドモデルです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Hpqr6qTeL.jpg
「IE-6」は耳に沿うようにデザインされているのでフィット感に優れ、長時間の使用でも心地よい装着感を保つことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HPB8Sp6TL.jpg
付属されているオレンジ色のポーチもおしゃれですね。
Westone(ウエストン)の高度な技術が施されたおすすめの高級イヤホンが「W10」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rR%2Bw60LVL._SL1500_.jpg
「W10」に搭載されているのは、Westone(ウエストン)が新開発した一基のバランスドアーマチュアドライバユニット。従来のドライバよりコンパクトで効率よく駆動します。洗練されたサウンド再生能力と優れた周波数特性により、ディテールの繊細さと透明感のある音楽を楽しむことができるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61EuhHWpFbL._SL1240_.jpg
Apple製品に対応したマイクコントローラー付き着脱式ケーブルが採用されています。ボリューム調整や再生、停止など操作することが可能です。編み込み式のケーブルは捻れやすい仕組みとなっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/613APuySUjL._SL1000_.jpg
また着せ替え可能な交換式の3色フェースプレートが付属されています。その日の気分やファッションコーデに合わせてフェースプレートを変更できるってとてもおしゃれですね。付属されているオレンジのケースは防滴加工のモニターヴォルトケース。持ち歩き時の衝撃や水濡れに安心です。様々な形の耳にフィットするように設計されたイヤーチップとSTARシリコンイヤーチップが各サイズ同梱されています。

関連記事

バランスドアーマチュアドライバーが1基搭載されているaudio technica(オーディオテクニカ)の「ATH-E50」は同社のミドルクラスに位置する高級イヤホンです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/718QW1Dh7aL._SL1500_.jpg
フラットでナチュラルで、音の分解能力とレンジ感に優れ、「無理しない素直な音」が特徴です。距離感を掴みやすい音場があるので、プロミュージシャンのライブステージでもイヤーモニターとして利用できるほどのポテンシャルを有しています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/817aGKvI6VL._SL1500_.jpg
耳の裏にかかるケーブル部分は形状を変更することができます。長時間の使用でも安定したフィット感を持続することができ、ケーブルが緩むこともありません。耳にぴったりとフィットするので、遮音性に優れています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HvoKFYokL.jpg
プロの現場でもガンガン使える耐久性も人気の1つです。
「ハイレゾ」「着脱式カナルイヤホン」「ケーブル耳掛け式」という3つを実現した、AKG(アーカーゲー)の最上位モデルがカナル型イヤホン「N40」です
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81g3HZvjwnL._SL1500_.jpg
Knowles社の高性能バランスドアーマチュアドライバーとダイナミック型ドライバーが搭載されていて、力強くレンジの広い低音を再生するハイブリット方式のAKG(アーカーゲー)の最上位イヤホンです。サウンドエンジニアや、プロミュージシャンのモニターイヤホンとしても十分対応できる正確な原音再生力と、ハイレゾ音源にも対応する広い再生周波数帯が実現されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/815Q0a7kT8L._SL1500_.jpg
付属されている専用ケースはとてもスタイリッシュです。航空機内で使用できるフライトアダプター、スマートフォンに対応したマイク付リモコンまで搭載されている充実の付属品。ハンズフリー通話や音楽の再生、停止などの操作などは簡単に行うことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91H9KsgclVL._SL1500_.jpg
着脱可能はケーブルにはmmcx端子が採用されていて、市販のイヤホン用リケーブルと互換性があります。ケーブルを交換したり、他のケーブルを使用するなど、カスタマイズが可能です。
SENNHEISER(ゼンハイザー)が改良に改良を重ね、イヤホン愛好家から絶大な人気を得ているComply製形状記憶イヤーチップが付属されている人気カナル型イヤホンが「IE80 S」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81-Yfu-ZUcL._SL1500_.jpg
「IE80 S」はどのような耳の形状にもフィットするようにデザインされていて様々なイヤーチップが付属されています。カナル型に抵抗があるという方も一度店頭などで試着してみてはいかがでしょうか。イヤーフックも付属されているので、安全で快適な装着感を得ることができるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81riADQY%2BcL._SL1500_.jpg
強磁力ネオジム・マグネットのダイナミック型ドライバーユニットが搭載されていて、立体感のある繊細な音を楽しむことができます。また、音質調整機能が搭載されているので好みの音質にカスタマイズして音楽を聞くことができますよ。最大26dBのパッシブ・ノイズアイソレーションによってより音楽に集中できるでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91qSuBQYUEL._SL1500_.jpg
専用のケースもスタイリッシュでおしゃれですね。
2基のドライバーを搭載した64 AUDIOのコスパ重視なカナル型イヤホンが「U2」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71fTb3PcdRL._SL1500_.jpg
イヤホン装着時、外耳道の密閉された空間に発生するという空気圧(音圧)をなくす技術が採用されています。これにより耳の負担や疲労を防ぎ、鼓膜を守り難聴リスクを回避することができます。かつ、「3Dフィット技術」と呼ばれる独自の技術が音楽をより立体的に再生してくれます。
2基のバランスドアーマチュアードライバーが搭載されて、より正確でバランスのとれたサウンドを楽しむことができるのがSHURE(シュアー)の「SE425-CL」です。SHURE(シュアー)のイヤホンはフィギュアスケート選手でお馴染み、羽生結弦選手が愛用しているイヤホンブランドとして話題となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71NJRHN7u4L._SL1476_.jpg
シングルツイーターとシングルウーハー、そして内臓されているパッシブクロスオーバーがバランスの良い自然なサウンドを実現してくれます。また、周囲の雑音を最大37dBまで遮断する機能も搭載されていて、あらゆるシーンで快適なリスニング環境を維持することができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714oy8lLbiL._SL1500_.jpg
プロミュージシャンによるライブパフォーマンスでの酷使にも耐えられる耐久性とデザインでありながら、クリアで安定した幅広い音質も兼ね揃えています。せっかくの高級イヤホンを長く愛用したいという方にはSHURE(シュアー)のイヤホンはかなりおすすめできます。
2013年にスウェーデンで設立されたハイファイオーディオ機器ブランド、EARIN(イヤーイン)から超軽量・超小型タイプの完全ワイヤレスイヤホンが「M-1 Aluminium」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41yyL0ixSBL.jpg
M-1 Aluminiumは超軽量で重量はわずか3.5gです。サイズも直径14.5ミリ、全長20ミリという超小型イヤホンです。油断するとすぐに無くしてしまいそうですよね・・・。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yG81nMkrL._SL1000_.jpg
本体内部には、ワイヤレス用のBluetooth用チップ・アンテナを実装した基盤、充電式のリチウムイオンバッテリー(容量60mAh)、スピーカードライバーが収められております。連続再生時間は最大約3時間。携帯用収納カプセルが充電器となっており、充電すれば更約2.5時間から3時間ご使用になれます。バランスドアーマチュア型のドライバ搭載で、コプライ社のイヤチップが装備されており、解像度の高い音質を楽しむことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/aplusautomation/vendorimages/93d2f9f1-2ab9-4e35-875e-5e5b34ca48ec.jpg._CB527106431__SL300__.jpg
iOS/Android向けアプリで音質をコントロールしたり、各種設定(バッテリー残量、ベースブースト、L/Rバランス調整等)を行うことができる優れものです。
ダイナミックドライバ1基とバランスドアーマチュアドライバ2基を搭載した、FENDER(フェンダー)のハイブリッドタイプのカナル型イヤホンが「FXA7-GOLD」です。FXAシリーズのフラッグシップモデルとです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81mydyaT7cL._SL1500_.jpg
FENDER(フェンダー)と言えばエレキギターのブランドとして世界的に有名です。ギターアンプブランドとして有名なMarshall(マーシャル)やPHIL JONES BASS(フィルジョーンズベース)などもヘッドホンやイヤホンをリリースしていることもあり、FENDER(フェンダー)から発表されたイヤホンに飛びつきたくなった人たちもきっと多くおられることでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41z6H1jEa%2BL.jpg
FENDER(フェンダー)がリリースするイヤホンとしてのフラグシップモデルに相応しいナチュラルな高音質と高い解像度はさすがの一言。ハイブリッド型の場合、二種類の異なるドライバーから構成されるため、音に違和感を覚えることがありますが、「FXA7」はとてもナチュラルで聴きやすいです。サウンドと同じくフィット感も自然。さらに、付属のイヤーチップが遮音性を高てくれます。

関連記事

業界初の「ストリームウーハー搭載カナル型イヤホンとして話題のイヤホンがJVC(ジェイブイシー)の「HA-FXZ100」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LgMhRONYL._SL1500_.jpg
「HA-FXZ100」には多くの最新機能がてんこ盛りです。パワフルで深みのあるリアルな重低音は「ストリームウーハー」で、解像度の高い中高域は「ライブビートシステム」によって再生されます。この両立は業界においては難しいとされてきました。また、「ツインシステムユニット」によって音質が伸びやかになり、さらに不要な振動を低減する「アルミユニットベース」が採用されたことにより、さらに音質がクリアになった、というわけです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vYplztRTL._SL1422_.jpg
それぞれの耳の穴の大きさに合わせてシリコンイヤーピースは3サイズ(S、M、L)付属されています。
KLIPSCH(クリプシュ)が世界に誇る、ハイレゾ音源対応の世界最小、最軽量のバランスドアーマチュアードライバー搭載イヤホンが「X20i」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7124pPJm-BL._SL1000_.jpg
KLIPSCH(クリプシュ)のフラッグシップモデルにふさわしい立体感のある豊かでナチュラルな音質でありながら、ハイレゾ対応の世界最小イヤホンです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bLBEjtYhL._SL1000_.jpg
美しい曲線びフォルムと落ち着いた質感の光沢が大人っぽいおしゃれ感を演出しています。耳に深くフィットする新型イヤーチップは快適な装着感。遮音性にも優れていて、周囲の音やシャカシャカした音漏れをシャットアウトしてくれます。ケーブルはヘビーゲージワイヤーが使用されていて、耐久性をキープ。小型で高性能なリモコン一体型マイクも付属している高機能イヤホンです。
ハイレゾ対応の高純度な音質を実現beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)のフラッグシップイヤホンがXelento remote(エクセレント・リモート)です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61z1mWZ6OmL._SL1200_.jpg
テスラテクノロジー搭載のハイレゾ対応カナル型イヤホンである「XELENTO REMOTE(エクセレント・リモート)」は明瞭かつ迫力のあるサウンドが魅力的。ケーブルは高純度銀メッキ銅線が採用されていて、かつ着脱可能なのでリケーブルなどのカスタマイズも楽しめます。3ボタンのマイク付リモコンケーブルが付属されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/richcontents/DP_Aplus_Images/B06XGTBMML_5_170412153228._SX300_.jpg
ジュエリーのような美しすぎるフォルムはMADE IN GERMANYの職人によるハンドメイド生産です。見た目は音質に関係ないのかもしれませんが、この見た目は音質と比例しています。
軽量かつ高い耐久性と堅牢性が人気のBang&Olufsen(バング・アンド・オルフセン)のイヤホンが「BeoPlay H3 MK2 Champagne」です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QDfPV55QL._SL1500_.jpg
Bang&Olufsen(バング・アンド・オルフセン)が独自に開発した「Bang & Olufsen Signature Sound」によって、自然な低音とダイナミックでバランスのとれたサウンドを実現されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71P51LjzmrL._SL1500_.jpg
ハウジングには26個のマイクロベースポートが設けられ、より自然で抜けの良いサウンドが特徴。耳に快適にフィットするので付け心地もよく外部の騒音を遮断し、音漏れも防ぐことができます。
ハズレなしのおすすめ高級イヤホンをご紹介してきました。廉価版イヤホンにはないリッチなシステムがたくさん搭載されているので、音質にこだわりがないという方でもイヤホンの違いを楽しめるのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にお気に入りの高級イヤホンを見つけてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgYiKs0FkWx/?tagged=%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3