Xzhjclbxue7itotffqu2

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

懸垂器具のおすすめ3選!比較するべきポイントとその使い方を徹底解説!

2020.07.17

懸垂器具を購入したいけど何を基準にして購入すれば良い分からないという方に選ぶ基準をご紹介します。どんな筋トレをしたいか、安全性を重視なのか価格を重視するのかそれとも耐久性なのかによって選ぶ懸垂器具は変わります。おすすめ器具も紹介します。

  1. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:基準
  2. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:種類
  3. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:価格の安いもの
  4. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:価格の高いもの
  5. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:スペースの余裕
  6. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:安全性
  7. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:耐久性
  8. 懸垂器具(チンニングスタンド)の選び方:将来を考える
  9. おすすめの懸垂器具(チンニングスタンド)①ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン マルチジム ぶらさがり トレーニングマシン
  10. おすすめの懸垂器具(チンニングスタンド)②【KAIKANG】ぶら下がり健康器 マルチジム トレーニングベンチ 懸垂マシン KKT082
  11. おすすめの懸垂器具(チンニングスタンド)③WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 懸垂マシーン MK580
  12. 懸垂器具を置くスペースがない方におすすめ
  13. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/56/9c/8d/569c8d02892a644ae1151608960433c7.jpg
懸垂器具の選ぶ基準は人それぞれ筋トレのメニューや考え方などによってあります。基本的に懸垂器具だけでなく色々な筋トレ器具を選ぶときの基準は安全性、耐久性、価格、筋トレ器具の置けるスペースを筋トレ器具の購入するときの基準としています。筋トレをするのには腕、腹筋、足の筋肉のトレーニングは一つ一つに筋トレ器具が存在するためかなりの広いスペースが必要です。懸垂器具の種類によっては2畳ほど使うものまでありますので、色々と考えた上での購入をおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/b4/df/8bb4dfdb6ae52e83e725d1c54becb4b3.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/61/11/ce/6111ce2d87407c0eb685c6c09e8e1d74.jpg
懸垂器具の種類は価格によっても大小大きさもあり高さも違ってくるのもあれば、安全性の欠けた不安になる懸垂器具もあります。懸垂器具を購入するのに必ず確認しなければいけないのが耐久性能です。懸垂器具は価格、安全性、耐久性を考えて購入することをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/01/63/2e01631d1c2c88237bb94def3266f2c4.jpg
懸垂器具には価格の安いものがあります。気をつけたいのが安いから安全性能の欠けた耐久力の無いものということではありません。価格の安いものは価格の高いものと比べると安全性能、耐久性能が違ってきますが、まったく持って危険で信用できないものではありません。価格の安い懸垂器具にはメッリトはあります。メリットはスペースをあまり使わず設置でき筋トレが行えることです。価格の安い懸垂器具は大体1畳ほどでおさまる大きさとなっています。大きな懸垂器具を置けない方におすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41V4T9u2fML._SX425_.jpg
価格の高い懸垂器具は安い懸垂器具とは違い安全性能が高く耐久性能が高いというメリットがあり、価格の高い懸垂器具になると懸垂以外にも筋トレを行える設備が付いてきます。懸垂器具を利用したほかの筋トレも出来ます。ただし、価格の高い懸垂器具にもデメリットが存在します。デメリットは懸垂器具の設置に時間がかかったり、設置スペースには2畳以上必要になったり、懸垂器具自体が重たかったりと価格が高く良い性能があればデメリットもあります。懸垂器具を置けるスペースがあり金銭的に余裕のある方におすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31aFQdhmr7L._SX425_.jpg
懸垂器具を置くスペースがあるかによって懸垂器具の種類が変わってきますので、スペースがある人ない人におすすめの大きさを紹介します。

懸垂器具の置けるスペースが狭い場合

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31WsLuNsQ0L._SX425_.jpg
懸垂器具の置けるスペースが狭い方は1畳ほどあれば置く事のできる懸垂器具がおすすめです。懸垂器具は大きくなくても狭いスペースでもしっかりと筋トレすることで鍛えることが出来ます。懸垂器具の置くスペースの狭い方は邪魔にならない大きさを考えて購入しましょう。

懸垂器具の置けるスペースが広い場合

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FLwIUfC1L._SL1500_.jpg
懸垂器具の置けるスペースの広い場合は必ずしっかりとした懸垂器具を選びましょう。懸垂器具はぶら下がり使うものなので金銭的に妥協して安全性の引くものや耐久性の無いものは事故や怪我の元になりますので、スペースのある方は安全性、耐久性のある懸垂器具を重視して選ぶようにしましょう。筋トレ器具は妥協は禁止です。妥協するぐらいなら器具を買わず自重トレーニングをおすすめします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xx0gQg5bL._SL1500_.jpg
懸垂器具は必ず重視しましょう。懸垂器具はぶら下がり懸垂器具に体を全て預けるわけなので、もし転倒や崩壊が合った場合は必ずといっていいほど怪我が起こりますので、懸垂器具を選ぶときはまずは安全性を確認して購入しましょう。どんな筋トレ器具でも安全性能は1番と考えてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51EdLQb1zML._SL1000_.jpg
懸垂器具の耐久性能は重視するかですが、懸垂器具の大体の耐久性能は80kgから100kgまで耐久性のある懸垂器具ばかりなので、成人一般男性の体重しかない方はあまり耐久性能を重視ししなくても、基本的な使い方をしていれば転倒の恐れなどは無いと思いますので重視はしなくても大丈夫です。体重が80kg以上ある方は安全性能と耐久性能の2つは必ず確認してから購入することをおすすめします。筋トレをしていて怪我をしては元も子もありません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vRnFx0s6L._SL1200_.jpg
懸垂器具を選ぶときは、必ず将来のことを考えてから選ぶようにしましょう。懸垂器具は1度買ってしまっては、使いにくいから買い換える、安全性や耐久性能に問題がでてきても簡単に捨てることや動かすことすら出来ないものとなってきますので、将来どんな体になるのか体重は耐久性無いで収まるのか、置く場所に問題は無いのかを確認してから懸垂器具を購入しましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31lUI92ROpL.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-G5B9cpwL._SL1500_.jpg
懸垂器具の置くスペースがあまり無い方におすすめする筋トレ器具は「ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン マルチジム ぶらさがり トレーニングマシン」です。この懸垂器具は懸垂器具の置けるスペースが2畳ほどあれば余裕で置く事のできる懸垂器具で、価格も10,000円以下で購入できるので、あまりお金をかけたくない方におすすめです。この懸垂器具は安いだけではなく、懸垂以外にもディップス、プッシュアップも出来ますので、この懸垂器具1台で上半身は問題なく鍛え上げることが出来ます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2BlDbMVTvL._SL1500_.jpg
ぶら下がり健康器 改良強化版 懸垂マシン マルチジム ぶらさがり トレーニングマシン
価格 ¥ 8,780
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515JMa7%2BpLL._SL1000_.jpg
続いて紹介する懸垂器具は「【KAIKANG】ぶら下がり健康器 マルチジム トレーニングベンチ 懸垂マシン KKT082 」です。この懸垂器具の価格は20,000円と高価な価格となっていますが、この懸垂器具だけで体のすべてを鍛えることが出来ます。この1台で懸垂、腹筋、プッシュアップ、ディップス、バーベルがあればベンチプレス、バーベルスクワットが出来てしまいます。スペースがあり金銭的に余裕がある方はこの懸垂器具で本格的な筋トレはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71oTMzU2x-L._SL1333_.jpg
【KAIKANG】ぶら下がり健康器 マルチジム トレーニングベンチ 懸垂マシン KKT082
価格 ¥ 18,900
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Vdwic4KqL._SL1000_.jpg
続いて紹介する懸垂器具は「WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 懸垂マシーン MK580」です。この懸垂器具はチンニングのほかにもプッシュアップ、ニーレイズ、ヒップレイズ、ディップスなどのトレーニングのできる懸垂器具です。耐久性も150kgまでとムキムキなマッチョな方や体重の重たい方でも安心してできる器具です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61yQpYhAz4L._SL1000_.jpg
WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 懸垂マシーン MK580 耐荷重150kg 筋肉トレーニング 器具
価格 ¥ 14,800
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QpBDRMJ6L.jpg
懸垂器具(チンニングスタンド)を置くスペースの無い方におすすめするチンニングスタンドは「R-STYLE ネオ ドアジム」です。R-STYLE ネオ ドアジムはチンニングスタンドを置ける広いスペースが無くてもドアがあれば簡単にセットしていつでも出来てしまう場所をとらなく価格の安いチンニングスタンドです。大きな筋トレ器具を置けない方におすすめです。
R-STYLE ネオ ドアジム
価格 ¥ 2,380

「R-STYLE ネオ ドアジム」の安全性や耐久性は?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41mf7oYhgBL.jpg
筋トレ器具で重要となってくる安全性と耐久性の問題です。「R-STYLE ネオ ドアジム」は見た目だけで行くと災害時に役立つ転倒防止ツッパリ棒にのように見え「安全性能や耐久性能は大丈夫?」と疑問のを持ってしまう筋トレ器具ですが、「R-STYLE ネオ ドアジム」の作りはかなりしっかりしている筋トレ器具で成人男性がぶら下がっても大乗な設計となっていてその耐久加重はなんと200kgも耐えることの出来る懸垂器具なので、成人平均男性の体重の方なら安全性、耐久性を気にすることなくチンニングが出来ます。

関連記事

懸垂器具の選び方は参考になったでしょうか。懸垂器具の選び方は安全性能、耐久性能、懸垂器具の価格や設置できるスペースをしっかり検討した上で購入するようにしましょう。筋トレ器具を購入するときに妥協は怪我や事故の元となりますので、筋トレ器具を購入する際は妥協の無いようにしましょう。妥協して購入するのなら筋トレ器具を買わずに自重トレーニングすることをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/09/50289910/shutterstock_173522738.jpg