L13wjrzttwhofssmn5r6

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

大胸筋下部の筋トレ方法は?効果の出る筋トレメニューを解説!

2018.05.25

男らしく胸板(大胸筋下部)を作り上げたい方必見!自宅で簡単に筋トレできるメニューを公開します。自宅で簡単にできる腕立て伏せなどの基本トレーニングからベンチプレスなどをジムで筋トレを中心に行い胸板(大胸筋下部)をただ鍛えるだけではなく男らしく鍛えていく方法を!

目次

  1. 大胸筋上部と大胸筋下部の違いは何?
  2. 自宅でお手軽にできる大胸筋下部の筋トレ(初級編)
  3. 大胸筋下部の筋トレ(上級編)
  4. 大胸筋下部を鍛える利点は
  5. 大胸筋下部の筋トレで得られる効果
  6. 大胸筋下部を筋トレするときのコツは?
  7. 大胸筋の構造は知ってますか?
  8. 大胸筋を鍛えるコツ
  9. 大胸筋下部トレーニングのメニューの組み方
  10. まとめ

上半身で最も男らしく魅せる筋肉は大胸筋です。
この大胸筋も大胸筋上部と大胸筋下部と外側、内側と4つに分けられてそれぞれ鍛え方が変わってきます。
大胸筋上部は胸の上部を占める大きな筋肉で大胸筋下部は胸の下側を占める筋肉で胸板を厚く、男らしく見せるのに欠かせない筋肉です。

それでは大胸筋下部の効果がでる本格的な筋トレ方法をお手軽にできるものから紹介していきます。

自宅でできるプッシュアップバーで筋トレ

まずは自宅で簡単に大胸筋下部に効果がある筋トレ!プッシュアップバーを使ったトレーニングです。上の動画を参考にして各自のメニューに取り入れてください。自宅でできるトレーニングは簡単にできますが、ついついサボりがちになってしまう方もいると思いますので筋トレのメニューを決めておくことは大切です。是非、朝起きてからのトレーニングもしくは寝る前の筋トレメニューに取り入れてください。

ダンベルアダクションで実践トレーニング

次はダンベルを使った大胸筋下部の筋トレです。ダンベルは使い方により上腕二頭筋、背筋など色々な筋肉を鍛えられるとても便利な筋トレアイテムの一つです。是非用意してダンベルアダクションを使い胸板を意識しながらの筋トレをしてみましょう。ダンベルを使ってのトレーニングは人により効果の出初めに差がありますが、自宅で簡単にできる筋トレメニューの一つでもありますのでお勧めです。

腕立て伏せで大胸筋下部の筋トレ

男らしくかっこよくできる方法が腕立て伏せです。腕立て伏せは簡単にみえて奥が深いトレーニングです。腕立て伏せをただするのではなく、呼吸を意識しながらすると更にトレーニング効果があります。腕立て伏せで鍛えられる大胸筋は大胸筋上部と大胸筋下部の両方を鍛えることができる筋トレであり、胸板を厚くする効果も出て男らしく筋トレができるので毎日のメニューには欠かせません。

Cjonezh7r6s3u3pnwhwn
引用: kobablo.com/2017/01/08/chest-training1/

男らしく見せる代表的な筋肉でもある大胸筋!大胸筋でも大胸筋下部を鍛えることで胸板が厚く見せることができます。次は大胸筋下部の筋トレで少しレベルをあげた方法をご紹介します。是非皆さんの筋トレメニューに取り入れてみてください。

大胸筋を確実に大きくする筋トレ

筋トレの定番とでもいえるベンチプレスを使ったメニューは大胸筋をメインに三角筋を鍛えることもでき男らしくみせる身体作りには効果的なトレーニング方法とも言えます。ベンチプレスも正しい使い方があり間違った使い方をしていたらせっかくメニューに取り入れても効果が半減してしまいます。ベンチプレスの効果的なトレーニング方法のポイントを挙げていきたいと思います。

1 / 3