// FourM
Vqno59yfdgx1w1owx8na

スーツ

CATEGORY | スーツ

スーツで冬の装いを!季節感を演出しておしゃれな印象に仕上げる!

2020.07.07

みなさん冬のスーツの装いはどのようにしていますか?冬は厚着できるからこそ様々なおしゃれな着こなしができる季節と捉える方もいらっしゃいます。寒い季節でも暖かくおしゃれな印象を与えるようなスーツの着こなしについて紹介していきます。

  1. 冬の季節感を大事にしながらおしゃれを演出するスーツの着こなし
  2. シーズンによって違うスーツの種類
  3. 防寒着としての機能も求められている冬用スーツ
  4. 冬用スーツにおける生地の選び方
  5. 冬用スーツの生地①フランネル生地
  6. 冬用スーツの生地②ツイード生地
  7. 冬用スーツの生地③サキソニー生地
  8. 冬用スーツの生地④カシミヤ生地
  9. インナーを使って冬の季節感を演出するスーツの着こなし方
  10. セーターやカーディガンでスーツの着こなしに季節感を加える
  11. 防寒対策となるアウターを使った冬スーツの着こなし
  12. 場所・場面に合った冬用スーツの着こなしを
  13. シーン別冬用スーツの着こなし:ビジネスシーン
  14. シーン別冬用スーツの着こなし:就職活動
  15. シーン別冬用スーツの着こなし:結婚式二次会・パーティー
  16. 【まとめ】冬のスーツでぬくもりとおしゃれの両立を
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/j8kwnx/20171120225355144/20171120225355144_276.jpg
季節が変わり、だんだん肌寒くなってくるとスーツを着用することが出てきます。その中でもオールシーズン使うことができると聞いて購入したスーツだが、本当にこのスーツで大丈夫なのかなと思う方もいるのではないでしょうか。また、冬は厚着できるからこそ様々なおしゃれな着こなしができる季節と捉える方もいらっしゃいます。今回は季節の中でも冬に焦点を合わせて、寒い季節でも暖かくおしゃれな印象を与えるような着こなしについても紹介していきます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/0a4n5g/20180116090653615/20180116090653615_276.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/1f6h9s/20171218205416090/20171218205416090_276.jpg
日本で売られているスーツのタイプが3種類あるのはご存知でしょうか。それが「春夏もの」「秋冬もの」「オールシーズンもの」の3タイプです。中にはどのタイプのものかもわからない方もいますが、主に見分けるのは春夏ものは背抜き使用で、薄く軽い生地を使用しています。また、秋冬ものは総裏使用で、厚く重い生地を使用しているかどうかを確認してみるとよいでしょう。さらに冬用スーツについて細かく見ていきます。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/q1nsgr/20161223131318730/20161223131318730_276.jpg
冬用スーツは外気を遮断し、寒い気温から肌を守ることで体を暖かくする役割も求められています。なので、冬用のスーツは空気を通さないで、体温で暖まった空気は逃さないような細かい織り方や、保湿性に優れているように作られているのが特徴です。またスーツの生地自体も重たく設計されています。春夏ものは目付が230gなのに対して、秋冬ものは目付が260gで設計されており、より外気をシャットアウトし、暖かいのが特徴です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/go2s8c/20161219023702244/20161219023702244_276.jpg
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/0ncmu2/20161126154227076/20161126154227076_276.jpg
冬用スーツの醍醐味は、季節感を感じることができる生地ではないでしょうか。特に冬用スーツは一般的に柔らかい毛で作られており、保湿性に優れているのですが、生地の種類によっても暖かいかどうかが変わってきます。ぜひ、チェックしていきましょう。
肌ざわりが暖かいのにプラスして柔らかいのが特徴なフランネルです。見た目からも触ると柔らかいのがわかります。糸が太めで密度は粗くなっています。それにより、保湿性が優れているので、冬用のスーツには時に欠かせない定番の記事になります。ビジネスやパーティなど様々な場面に着ていくこともでき、暖かいうえにおしゃれな印象を与えることができるのも特徴です。
英国産のウールを原料にしています。暖かい上にざらざらとした肌触りが印象的で、冬の季節感を感じさせてくれるのがこのツイードです。太い糸で織っているので、フォーマルな場面よりもカジュアルなスーツに使われるようなカントリー調になっています。ビジネスよりも結婚式の二次会であったり、パーティなどにおすすめの生地です。
この生地はイギリスやスコットランドで作られている記事になります。生地は薄く、やわらかい感触を与え、冬の季節感を演出してくれます。高級感があるのが特徴なので、フォーマルな場ではおしゃれな印象を与える着こなしにしてくれる生地になります。
この生地は聞き慣れている方も多いのではないでしょうか。細かい繊維で織られており、独特の優しい肌触りが特徴的です。軽い生地ではあるものの保湿性と保温性に優れているので、着ていると非常に体が暖かいです。また、生地には光沢感とつややかな印象を与える高級素材なので、フォーマルな場で特におしゃれな印象を与えたい方におすすめのスーツ生地です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/z4tend/20171221173255939/20171221173255939_276.jpg
冬は様々な服を重ねて着ることで着こなしを楽しむことがでいる季節でもあります。そんな冬だからこそ着ることができるインナーもあります。ここではどういったインナーが冬の季節感を演出することができ、おしゃれに見せることができるのかを紹介してきましょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/7e8pbj/20171125105345841/20171125105345841_276.jpg
冬の防寒対策として、スーツと合わすことができるのはセーターやカーディガンではないでしょうか。この場合、色合いで季節感を出すことや、柄でおしゃれ感を演出することができます。例えば、オフホワイトやライトグレーのような淡く明るい色を指し色として使うと爽やかな紳士の印象を与えることができます。また、ボルドーやネイビーのような深みのある意を指し色で使ったときは男らしさや、 おしゃれな印象を演出することができます。また、シンプルな柄を取り入れることでこじゃれた着こなしをすることが可能になります。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/97oi6p/20161207081426481/20161207081426481_276.jpg
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/p0j11s/20171218164959804/20171218164959804_276.jpg
寒い乗り切るのに必要なのがアウターではないでしょうか。またアウターを着ることがで冬の季節感を演出することができる上に体も暖かいです。アウターにも様々な種類があり、スーツに合わせることができるおしゃれなアイテムがあるので、紹介していきましょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bylu6r/20180107172603758/20180107172603758_276.jpg

ベージュのトレンチコート

このベージュのトレンチコートは非常に男らしい印象を与えることができます。シンプルなのでポイントでまとまった着こなしになり、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えるます。ビジネスのような固い場面では定番となり、信頼感を与えることもできるので非常におすすめです。

チェスターコート

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/yi4wmi/20161107222431835/20161107222431835_276.jpg
シンプルかつシックで大人でおしゃれな印象を与えるのがチェスターコートです。季節感を感じることができ、上品な着こなしに仕上げることができます。チェスターコートは中に着ているスーツジャケットの色との相性も重要になってきます。様々な色のスーツに合う色を選択したいのなら、ブラック、ネイビー、グレーをおすすめします。おしゃれな色にチャレンジしたいときはボルドーなどもよいでしょう。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/47wg4v/20161206084625119/20161206084625119_276.jpg

ピーコート

トレンチコートとチェスターコートの間のおしゃれを演出したい方におすすめなのがピーコートです。 色に関してはチェスターコートで説明したときと同様ですが、よりカジュアルな場面でも使うことができるといえるでしょう。

ビジネスシーンに合うアウターの柄

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/26nto2/20151204143720072/20151204143720072_276.jpg
スーツの冬の着こなしでは柄もおしゃれな印象を与えるのに必要な要素です。しかし、アウターが周りの人に与える印象は非常に大きいものがあります。ですので、チェック柄のような派手なものは控えたほうが良いでしょう。無地はシンプルで定番ですが、冬の季節感を活かしながらスタイリッシュに見せたいときにおすすめなのが、ストライプです。着ている人のスタイルをよりよく見せてくれるのでアウターの柄ではストライプをおすすめします。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/no1eis/20161218225328145/20161218225328145_276.jpg
ファッションにおいて大事なのはその場所に合っている服装をしているのかということです。冬の季節感を大事にすること、暖かいことなどおしゃれにおいて大事なポイントは様々ありますが、この場所・場面に合っていることが最重要項目といっても過言ではありません。スーツの着こなしの中でも非常に重要なポイントなのでしっかりチェックして、マスターしていきましょう。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/eo4tbn/20160908103031564/20160908103031564_276.jpg
その職場によりますが、営業であれば信頼感を与える着こなしが良いでしょう。スーツの柄は基本的に無地を意識し、グレーを使用するとより明るい爽やかな印象を与えることにつながります。フランネル生地ですと、冬の季節感を大事にしながらスーツを着こなすことができるので、おすすめです。また、会社によってドレスコードがあると思われます。それにより、派手なスーツの着こなしができたり、固い印象のコーディネートしかできなかったりするので、しっかりと確認して合わせるようにしましょう。
就職活動が人生においてはじめて長い期間スーツを着ることになるのではないでしょうか。このスーツについてはリクルートスーツと呼ばれる無地の定番スーツを着用していると問題ないでしょう。就職活動においては派手におしゃれにしすぎると常識がないように思われます。特に差が出るのがスーツの上に着るアウターではないでしょうか。派手なアウターは避け、リクルートスーツに合うような色身を使用することをおすすめします。
一応フォーマルな場所なので、しっかりとした意識を持ったコーディネートにしましょう。アウターはクロークで預けることになるので、スーツの着こなしで差がでます。カシミヤのような高級感のある素材でおしゃれを演出したり、ストライプの柄でスタイリッシュな印象を与えるなどのおしゃれをおすすめします。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/cuots8/20171121233659376/20171121233659376_500.jpg
冬の季節だからこそ、重ね着をして暖かいうえにおしゃれを楽しむことができます。スーツのインナーとアウターに関しても紹介したので、スーツを着用する中では抜けがなく着こなすことができます。ファッションは人の外見の印象を大きく形作っています。ファッションの着こなしで周りに与える印象も大きく変わるので、冬のスーツの着こなしをマスターして、冬の季節をより楽しむようにしてください。