Zhqw1lz9yn1onb3d5qff

ビジネス

CATEGORY | カテゴリー

スーツと腕時計でおしゃれに!値段・ブランドから自分に似合うものを!

2018.04.08

スーツや腕時計をかっこよく、おしゃれに着こなす人って、それだけで仕事が出来そうですよね?やっぱりビジネスシーンでも第一印象はとても重要です。そんな第一印象で差が付く「スーツの着こなしポイント&ブランド」と「腕時計の人気ブランド」をご紹介します。

目次

  1. なぜあのビジネスマンはおしゃれに見えるのか?
  2. スーツスタイルはシルエットが大事!
  3. ビジネスシーンでの腕時計の基礎知識
  4. オーダースーツの専門店おすすめ8選
  5. オーダースーツ専門店①『DANKAN/ダンカン』
  6. オーダースーツ専門店②『Global Style/グローバルスタイル』
  7. オーダースーツ専門店③『bref/ブレフ』
  8. オーダースーツ専門店④『DIFFERENCE/ディファレンス』
  9. オーダースーツ専門店⑤『HANABISHI/ハナビシ』
  10. オーダースーツ専門店⑥『only/オンリー』
  11. オーダースーツ専門店⑦『UNIVERSAL LANGUGE MEASURE'S/ユニバーサル・ランゲージ・メジャーズ』
  12. オーダースーツ専門店⑧『FABRIC TOKYO/ファブリック東京』
  13. リーズナブルでおしゃれなスーツブランド4選
  14. お財布に優しいスーツブランド①『THE SUIT COMPANY/ザ・スーツカンパニー』
  15. お財布に優しいスーツブランド②『nano・universe/ナノ・ユニバース』
  16. お財布に優しいスーツブランド③『ORIHICA/オリヒカ』
  17. お財布に優しいスーツブランド④『SUIT SELECT/スーツセレクト』
  18. なにげに見られてますよ!あなたの腕時計
  19. リーズナブルでおしゃれな腕時計ブランド『1万円~5万円』
  20. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド①『フルボデザイン』
  21. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド②『ORIENT/オリエント』
  22. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド③『CASIO EDIFICE/カシオ エディフィス』
  23. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド④『KNOT/ノット』
  24. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑤『SKAGEN/スカーゲン』
  25. ワンランク上のビジネスマンを目指して『1000万円以下クラス』
  26. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑥『IWC/インターナショナル ウォッチ カンパニー』
  27. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑦『OMEGA/オメガ』
  28. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑧『TAG HEUER/タグ・ホイヤー』
  29. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑨『NOMOS/ノモス』
  30. ビジネスマンのスーツに似合う腕時計ブランド⑩『SEIKO/セイコー』
  31. まとめ/おしゃれに見える『スーツ&腕時計』
0
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/01/0.jpg

たまに見かけるおしゃれなオーラを放つビジネスマン。ついついスーツや腕時計をこっそりチェックしてしまいます。

同じような物を身につけているはずなのに、おしゃれビジネスマンはどこかに『違い』を出してきます。何も計算していないよ?という顔をして・・・

あからさまな高級感や強すぎる個性はビジネスシーンにおける『おしゃれ』とはカウントされません。逆に嫌悪感をもたれる場合もあります。

では『違い』とは具体的に何なのか?少しまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

E929285fac6b33553f977b605c002099
引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/29/28/e929285fac6b33553f977b605c002099.jpg

スーツのデザインや色の前に、重要なのは「サイジング」です。ご自分の体型にあったジャストサイズを着ること。「ピチピチ」ではないですよ!「ジャスト」です!まずここが大前提です。

おしゃれポイント①『袖丈』

Yシャツが袖から、1~1,5cm見えるようにしましょう。ここが隠れると、やぼったく見えてしまいます。

おしゃれポイント②『着丈』

少し着丈が短いスーツを選びましょう。お尻が半分見えるくらいが目安です。かなりスッキリとした印象になるでしょう。

おしゃれポイント③『裾丈』

違いを出すなら「ノークッション」での裾上げが良いでしょう。靴下が見えるか見えないか位がベストです。最近では春から夏にかけて、くるぶしを出す「くるぶし丈」もおしゃれに見えて人気があります。

この「サイジング」を意識するだけでスーツが良く似合うビジネスマンに一歩近づけると思いますよ。

様々なシーンに合ったスーツの選び方はこちら

1/16