// FourM
Jeticyzwf152b4stexol

ブランド

CATEGORY | ブランド

ボストンバッグのブランドは何があるの?おすすめアイテムと一緒に7個紹介!

2020.07.07

多くのブランドからリリースされている人気のボストンバッグ。ビジネスツールとしても、旅行用としても、手軽で扱いやすいのが人気の理由。ここではボストンバッグのおすすめブランド7個と、ボストンバッグを選ぶ時のコツをお伝えします。ぜひ参考にしてください。

  1. ボストンバッグの名前の由来
  2. ボストンバッグのデザイン
  3. ボストンバッグの人気の理由
  4. ボストンバッグのおすすめサイズと素材
  5. ボストンバッグのおすすめブランド1.LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)
  6. ボストンバッグのおすすめブランド2.COACH(コーチ)
  7. ボストンバッグのおすすめブランド3.Orobianco(オロビアンコ)
  8. ボストンバッグのおすすめブランド4.PORTER(ポーター)
  9. ボストンバッグのおすすめブランド5.GREGORY(グレゴリー)
  10. ボストンバッグのおすすめブランド6.THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
  11. ボストンバッグのおすすめブランド7.Paul Smith(ポールスミス)
ボストン、と名前が付くだけあって、ボストンバッグの名前の由来はアメリカにあります。アメリカのボストン大学の学生が大きなサイズのバッグに教科書などを入れて使っていたことから、「ボストンバッグ」と呼ばれるようになりましたが、これは日本人が考えた和製英語。欧米では一般的にクラブバッグと呼ばれています。
ボストンバッグと呼ばれるバッグはどのようなデザインのバッグを言うのでしょうか。

取り出し口が大きい

G8jfzjuesdjz2zbrasa8
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/brandacross/cabinet/across31/0522-206-6.jpg?_ex=270x270&s=2&r=1
取り出し口が口金式からファスナーに変わった頃から一気に普及したと言われているボストンバッグ。小さいサイズでもガバッと開けて、ドバッと入れるデザインのボストンバッグは男らしくて潔いですね。

平底である

引用: https://image.rakuten.co.jp/selection/cabinet/porter3/206-02606-p5.jpg
ドサっと地面に置く所作が男らしくもあるボストンバッグ。柔軟性がありながら底が平らなデザインは、たくさん物を入れることができます。サイズが大きくなればなるほど、平底の面積が大きくなります。使う用途に応じてサイズを選ぶのがコツです。

手提げカバンである

引用: https://image.rakuten.co.jp/selection/cabinet/porter3/206-02606-p3.jpg
最近は2wayタイプのボストンバッグが主流ですが、基本的にボストンバッグは手提げカバンです。ショルダーをメインにボストンバッグを使うのは、ファッション的におしゃれではないのでおすすめできません。ボストンバッグは手で持つのがスタイリッシュにキメるコツです。
メンズバッグとしては定番のボストンバッグ。人気の理由を探ってみましょう。

収納スペースが大きい

引用: https://image.rakuten.co.jp/selection/cabinet/porter3/206-02606-p1.jpg
ボストンバッグは、普段から荷物が多い人にとっては大変使いやすいデザインをしています。ボストンバッグは内側の部屋が1つのタイプが多いので、旅行などの際は仕分け袋などを使うのがコツです。

使える用途が多い

引用: https://image.rakuten.co.jp/pirarucu/cabinet/shohin/gp003_s8.jpg
旅行や連泊が必要な出張の時、荷物をたくさん運ぶ時に重宝します。物が少ない時も型崩れしにくいものが多いので1つ持っておくとよいでしょう。ボストンバッグに重たい荷物を詰め込む時のコツは、持ち手が多いボストンバッグを選ぶことです。
失敗しにくいボストンバッグの選び方は、サイズと素材をチェックするのがコツです。

旅行用には大きめのナイロン素材がおすすめ

引用: https://image.rakuten.co.jp/w-import/cabinet/ralph-01/ralph-039_4.jpg
車での旅行なら気にならないかもしれませんが、旅行中に長時間バッグを持ち運ぶのなら軽くて丈夫なナイロン素材のボストンバッグを選ぶのがコツ。

タウンユースには小さめのレザー素材がおすすめ

Yem4mr4vdhoycz4p2eg9
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/standa/cabinet/imedici/imedici-9500-dkbr.jpg?_ex=250x250&s=2&r=1
かっこよくて人気がありますが、重くなりがちなのがレザー素材のボストンバッグ。重さが気になる場合は小さめのサイズをセレクトしましょう。小さいタイプでも定番デザインのボストンバッグは見た目よりも収納力があるものが多いですよ。
人気、知名度ともに世界トップクラスのブランドLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)。ブランドの歴史は旅行用のトランクケースを作ることから始まりました。創業当時の時代、旅の交通手段は列車や馬車でした。荷物は随分と雑に扱われていたので、旅人たちは職人に頑丈なバッグを発注していたそうです。旅人の荷物を守り続けてきた歴史あるLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)なので、ボストンバッグのクオリティは間違いなし。頑丈に作られているので、長く愛用することが可能です。

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)の伝統を受け継ぐ「キーポル50」がおすすめ

Nvzk1qowsujk6unxq1fr
引用: https://www.instagram.com/p/BaTuE_4jNAp/?tagged=%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AB50
誰もが見たことのある人気のボストンバッグ。サイズといい、デザインといい、永遠に完璧の素晴らしいクオリティ。持っていて損をすることはなく、手入れをすれば孫の代まで使えます。たとえ使わなくなっても高値で売れます。
1941年にアメリカで生まれた馬車メーカー。当時は画期的と言われたサスペンション付きの4輪馬車を作ったことで有名になりました。「大切な物を運ぶ」というコンセプトは今も引き継がれ、確かな品質が人気のブランドです。

COACH(コーチ)はVOYAGER BAG 52がおすすめ

引用: https://image.rakuten.co.jp/mutie/cabinet/03239657/04634089/imgrc0070974872.jpg
飽きのこないシックなデザインが人気のボストンバッグ。便利な2wayタイプです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/auc-brandshop-purely/cabinet/photo11/54765_nioxb_5.jpg
1996年にイタリアはミラノでバッグメーカーとして名乗りをあげた大人気ブランド。匠の技を生かした高品質なバッグが魅力。街を歩けば、Orobianco(オロビアンコ)のリボンを付けたままにしている人を必ず1人は見ます。

Orobianco(オロビアンコ)はKOMPLIMENTがおすすめ

Moa2hqruyli5jye2yyl2
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/gdoshop/cabinet/471/0000539471_1.jpg?_ex=500x500&s=2&r=1
ゴルフ用のバッグとしてデザインされた人気のボストンバッグ。スポーティでありながらナイロンとレザーの組み合わせが大人っぽくて、人気があるのも納得です。
Y9jx4bw3z2cbyumf3wgv
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/modaonline/cabinet/orobianco/20170921_135.jpg?_ex=300x300&s=0&r=1
𠮷田カバンのブランドでおなじみ、世界に誇る国産の雄と言えばPORTER(ポーター)。1962年に自社ブランドとして立ち上げ、有名人に愛用されたりテレビドラマや映画でも使われたりと、とにかく大人気。

PORTER(ポーター)はPORTER BARON(ポーター バロン)がおすすめ

引用: https://image.rakuten.co.jp/touzai/cabinet/sanku/img59778500.jpg
PORTER(ポーター)と言えば3wayタイプの「タンカー」が有名ですが、このPORTER BARON(ポーター バロン)は1968年に発売されてから半世紀もの間、変わらず作り続けられてきました。当然これからものデザインは続きます。時代や流行に微動だにしない𠮷田カバンの傑作バッグです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61cJB1ZXfCL._UL1200_.jpg
「バックパックのロールスロイス」として大人気のバッグブランドがGREGORY(グレゴリー)。1977年にアメリカはサンディエゴで「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」社を設立。特にバックパックのショルダーがものすごく高い評価を受けていて、実際に使ってみると誰もが納得するクオリティです。

GREGORY(グレゴリー)はアルパカダッフルがおすすめ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91rhAFgWd3L._UL1500_.jpg
とにかく大きくて、とにかく頑丈。GREGORY(グレゴリー)の名に恥じない鉄壁のデザイン。ビジネスやプライベートで、ダイナマイトやコンクリートブロック、あるいは怒ったヤマアラシを運ぶ時には一択のボストンバッグです。
ダイナマイトやコンクリートブロック、あるいは怒ったヤマアラシを運ぶ必要があるかもしれません!?アルパカダッフル30L(ALPACA DUFFEL30)は仕事のためのバッグです。シリーズの中で一番小さいダッフルもやはり、ほかのラインナップと同様の頑丈な構造を持ち、移動のしやすさとサイズは関連がないという点で驚異的な強さを発揮します。

Uhplmjzdbwtbbebqvfja
アメリカを代表するアウトドアブランド、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)。軽くて頑丈で、激しいアウトドアで人の命を守ることも考え抜かれた本物アウトドアブランドです。Patagonia(パタゴニア)やモンベルとともに、日本でも大変人気があります。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)はGLAM DUFFEL がおすすめ

O1ffrfnxcp6heacphnne
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/lbreath/cabinet/2/5650909/6205332_m.jpg?_ex=250x250&s=2&r=1
充分な大きさがありながらも軽いうえに小さく折りたためるので、使い勝手が良すぎます。家族で旅行に行く時、みんなの荷物をお父さん一人が持つのなら、GLAM DUFFELは救世主的アイテムとなるでしょう。本当に大きくて軽くて、何でも入れられてどこまでも運べそうです。
Ydav0ytxizrydd9ifszx
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/fivestar-r/cabinet/03180028/05844356/imgrc0072887547.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1
アウトドアアイテムならではのリュック仕様。あるとやっぱり便利です。
イギリスの古き良き伝統を守りながら、いつも新しいアイデアにも果敢に挑むファッションブランド、Paul Smith(ポールスミス)。Paul Smith(ポールスミス)が右に動けばトレンドも右に動く、と言えるほどの影響力を持つブランドです。

Paul Smith(ポールスミス)はナイロン/ポリエステルのボストンバッグがおすすめ

引用: https://image.rakuten.co.jp/w-import/cabinet/pau-01/paul-378_2.jpg
シチュエーションによってボストンバッグを選ぶのが、選び方のコツですが、Paul Smith(ポールスミス)のトートバッグならオンオフ問わず、幅広いシーンでかっこよく使えるのが嬉しいですね。インナーのポケットがいかにもPaul Smith(ポールスミス)なマルチ柄がおしゃれですね。
引用: https://image.rakuten.co.jp/w-import/cabinet/pau-01/paul-378_6.jpg