Rmx1h6aar6lenr1hqifx

ファッション

CATEGORY | ファッション

ホワイトデニムで冬をスタイリッシュに。かっこいい着こなし方を徹底解説!

2018.03.01

冬こそ白をスタイリッシュに着る季節!白は夏の色と決めつけていませんか?今ホワイトデニムがトレンドです。寒いから厚着しがちだけど、ホワイトデニムでスカッとかっこいい着こなし、あなたの周りだけ寒さを吹き飛ばす、そんなおしゃれをご提案します。

  1. ホワイトデニム 冬の着こなしおすすめポイント
  2. ホワイトデニム冬のおしゃれ着こなし術#1シックに
  3. ホワイトデニム冬のおしゃれ着こなし術#2ウォーミーに
  4. ホワイトデニム冬のおしゃれ着こなし術#3スタイリッシュに
  5. ホワイトデニム冬のおしゃれ着こなし術#4カジュアルに
  6. ホワイトデニム冬のおしゃれブランド Lee
  7. ホワイトデニム冬のおしゃれブランド orSlow
  8. ホワイトデニム冬のおしゃれブランド DIESEL
  9. ホワイトデニム冬のおしゃれブランド Edwin
  10. ホワイトデニム冬のおしゃれブランド LEVI'S
  11. 冬のホワイトデニムおすすめのおしゃれな着こなしのまとめ
冬になると、どうしても厚着になってしまいます。おしゃれはガマンという人もいますが、寒いのは無理!という方もいらっしゃるでしょう。私もです。そんなわけで、厚着しつつもスタイリッシュさを保つにはどうしたらいいのかということが問題なわけです。
その一つの解決法としておすすめしたいのが、ホワイトデニムによる着こなしです。
引用: http://daigaku-fashion.com/wp-content/uploads/2015/10/pq15.jpg
このように、首回りにもこもこのマフラーをぐるぐる巻きにしても、ボトムが白ならすっきりして首回りのもこもこが気にならなくなる!というわけです。
引用: http://kurumani.com/wp-content/uploads/2017/10/LK5606.jpg
こちらのお二人。どちらもガッツリ厚手のコートを着込んでいますが、左の方の方がさっぱりして見えませんか?ホワイトデニムとネイビーのコートのメリハリが効いているから、冬の厚着おしゃれもすっきりした印象に見えるのです。
まずは、シックにモノトーン系のコーデのご提案です。白と黒でかっちりまとめていくのは常套手段です。ブラック系のアイテムは冬モノには多いですからお手持ちのジャケットなどをそのまま利用して着こなしのバリエーションを難なく増やしていけます。
引用: https://sputnicks.jp/shop/item/sputnicks/picture/goods/4325_3_expand.jpg
白黒+グレーあたりでまとめるとメリハリが効いてすっきりした印象になります。着回しもしやすいコーディネートです。
Zumqn5xchjvbu5elp5sw
引用: http://i0.wp.com/fululuri.net/wp-content/uploads/2014/12/142.jpg?resize=500,667
モノトーンを基調にフォーマル感ある組合せになっています。コートや靴のブラックが重たい感じですが、それを打ち消して余りあるホワイトデニムの力強さが表れているコーデです。
ホワイトは爽やかな色なので、ともすると寒い印象のコーデになってしまいます。そこで、茶系、ベージュ系、などの暖色系と合わせると暖かなイメージを作れます。白と茶系は穏やかなマッチングで、この季節にはとっても良くなじむと思います。
B6jwaoealtt9cs38dgq6
引用: http://i1.wp.com/fululuri.net/wp-content/uploads/2014/12/62.jpg?resize=500,667
メリハリを効かせて濃いめの茶色と合わせるのもいいです。
引用: https://i.pinimg.com/474x/56/15/86/5615864d8d098c8d1d30853919745716--man-fashion-street-fashion.jpg
ベージュ系のコートと暖色系のチェックのシャツで暖かみのあるコーディネートになりました。穏やかな優しい印象を作れるコーデです。モノトーンコーデには見られなかった親しみやすさがプラスされます。同じホワイトベースのコーデでも組合せ次第で様々な着こなしに変化するのは興味深いですね。
ホワイトの洗練されたイメージを遺憾なく活かしてスタイリッシュなコーデに挑戦してみましょう。ステンカラーのコートはキレイめコーデにおすすめです。モノトーンももちろんいいですが、様々な色合いとの組み合わせを楽しんでみましょう。
引用: http://daigaku-fashion.com/wp-content/uploads/2015/10/nanocs15.jpg
ネイビー系のコートとホワイトデニムで爽やかかつスタイリッシュな印象になります。細みのコートで丈も長すぎないのがいいですね。インナーと革靴の黒で全体を引き締めています。
引用: http://daigaku-fashion.com/wp-content/uploads/2015/10/nanocs13.jpg
ベージュ系のキレイめコートとの相性もバツグンです。靴もこげ茶のスウェードっぽい素材で暖かさがプラスされます。
白は手持ちのアイテムと合わせにくいから苦手だという方、心配ご無用、意外と何でも合わせられるものですよ。勇気を出して着回しに挑戦してみて下さい。ホワイトがきれいすぎて合わせづらいと思ったら、アイボリーやオフホワイトにするのもいいです。少し暖かみのある白はくすんだ色合いのアイテムとも馴染みやすいと思います。
Vuptryhbvkdbs16aghtr
引用: https://cdn-stylehaus-jp.akamaized.net/article_parts/186573/186573_normal.jpg?1481625624
モスグリーンの渋い色合いとも合わせられます。革靴を茶系にして全体的にアースカラーでまとめているので、統一感が出ています。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/ga76vl/20140926161411688/20140926161411688_1000.jpg
スカジャンと合わせても良しです。インナーの青のチェックの柔らかい風合いが、モノトーンのキツさを和らげてくれます。
冬のおしゃれというとどうしても黒っぽくなりがちですが、こんな風に白を取り入れてみると、他の人と違った一歩先行くおしゃれが楽しめると思いますよ。
ホワイトデニムのおすすめその1は、Leeのホワイトジーンズです。すっきりしたシルエットなので、様々なスタイルに応用でき着回すほどに馴染んでくるのでおしゃれを存分に楽しめますよ。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/leb8n4/20170215111935276/20170215111935276_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/963/18460963/18460963B_1_D_500.jpg
LEE(リー) 履き心地抜群のスキニーパンツ 細身のシルエットながらもストレッチが効いており、履き心地抜群のスキニーになっています。 クセの無いデザインなので、様々なコーディネートにお使い頂けます。 カジュアルすぎない印象なので、ジャケパンスタイルにもおススメです。

その2orSlow(オアスロウ)です。ちょっとロールアップしてコケティッシュに穿きこなすといい感じです。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/6d8ryv/20140924003147992/20140924003147992_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/321/3119321/3119321B_1_D_500.jpg
「orSlow」スリムフィットのホワイトデニム。穿きこむほどに味わい深くなり、変化が楽しめます。細めのシルエットで、裾はチェーンステッチが施され、ロールアップ時にもしっかりと存在感を出してくれます。抜け感のある旬なスタイルとも相性がよく、新しい定番として、ワードローブに加えたい一本です。

見た感じごつく見えますが独特の風合いで穿き心地は柔らかです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/2f4m9v/20180209223910366/20180209223910366_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/285/29014285/29014285_142_D_215.jpg
TEPPHAR. ストーンWASHを加えたホワイトデニム。クリーンなホワイトデニム地の横糸にブラックカラーを使用する事で、アブレーションの部分が自然な色落ちにより風合いの変化が楽しめるように仕上げています。生地を洗いに掛ける際、専用の柔軟剤を混ぜる事で非常に柔らかい生地感を実現。履き心地も抜群の1本です。

Edwinは日本のメーカーだけあって日本人好みを熟知している印象があります。キレイめのデザインはカジュアルでも、フォーマルテイストにも着こなしは自由自在です。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/leb8n4/20170120165131805/20170120165131805_1000.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/922/13978922/13978922B_1_D_500.jpg
E STANDARD BY EDWIN (イースタンダード バイ エドウィン) 逆輸入されたヨーロッパ限定商品 ヨーロッパではハイエンドモデルとしての位置づけになっている、EDWINの日本企画日本製デニムです。 全体をシンプルなディテールに仕上げてますが、細部にわたり『TOKYO JAPAN』ネームやバックポケットのWステッチがシングル仕様になっているなど、今までに無い新しい仕様のEDWINのデニムになっています。 ホワイトはナノ・ユニバースの別注カラーになっており、シルエットはヨーロッパでは欠かせないスキニーシルエットに仕上がっています。 EDWINの長年培われてきたノウハウが詰まったアイテムを、是非お楽しみ下さい。

LEVI'Sの501モデルのご紹介です。伝統あるLEVI'Sの定番モデルですが、2013年にモダンなストレートデニムに進化した一品です。緩やかなデザインですがすっきりとした仕上がりで、着こなしの幅を広げてくれると思います。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/v9a5ze/20170417115443957/20170417115443957_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/566/4633566/4633566B_1_D_500.jpg
13ozのライトホワイトのエクリュデニムを使用。馴染んだ風合いながらも明るさを残した白に仕上げ、これから夏にかけての爽やかなコーディネートに欠かせない一着。濃いめのカジュアルシャツを合わせてコントラストを効かせた着こなしがおすすめ。    501(2013 モデル)の特徴: ・ウエストが広がり、すっきりとしたヒップ周り ・バックポケットの開口が大きくなり、利便性アップ ・膝から裾にかけて、スリムになり、よりモダンなシルエットに

冬の寒い季節にホワイトデニムをおしゃれに着こなすことでワンランクアップしたコーデをしましょう。ホワイトが映える季節だからこそできる着こなしをあなたにご提案できたかと思います。ブランドも意識しつつおしゃれなメンズを目指しましょう!