Gawyqjk3ockujf4knl9p

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

自分で髪を切ることはできる?男女ともに失敗しない方法を紹介!

2019.04.22

自分で髪を切るのは怖いけど、試してみたいと思っている人は多いですよね。「自分で切ったら節約できるのに」「でも失敗したらどうしよう」と不安な人もいるでしょう。この記事では、自分で髪を切る方法や髪を切るときに必要な道具を男女別に紹介します。

  1. 自分で髪を切ることはできる?男女ともに失敗しない方法
  2. 自分で髪を切ることはできる?【髪を自分で切るメリット】
  3. 自分で髪を切ることはできる?【セルフカットの注意点】
  4. 自分で髪を切ることはできる?【必要な道具は?】
  5. 自分で髪を切ることはできる?【失敗しないポイント】
  6. 自分で髪を切ることはできる?【セルフカットの基本】
  7. 自分で髪を切ることはできる?【前髪編】
  8. 自分で髪を切ることはできる?【ロングヘア編】
  9. 自分で髪を切ることはできる?【男性のセルフカットの基本】
  10. 自分でも簡単に髪を切ることができる!
自分で髪を切ることができたらすごくラクですよね。失敗したらどうしようと不安になる人も多いと思いますが、時短や節約になるなら挑戦したいと思う人は多いのではないでしょうか。今回は自分で髪を切るコツや注意点を、男女別で詳しく紹介していきます。自分で髪を切るときに必要な道具も合わせて紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。
ここからは、自分で髪を切るにはどのようなメリットがあるのか詳しく紹介していきます。自分で髪を切るメリットを知ったら挑戦したくなるかもしれませんね。

①お金の節約

Itbmhoe6qxehq5j4flpz
まず自分で髪を切る1番のメリットは、「節約になる」ということです。自分で髪を切るため、美容室にかかる費用もありませんし、交通費もかかりません。最初に道具さえ揃えてしまえば、ずっとお金がかからず自分で髪を切ることができますね。

②時間の節約

Qkzgc9uunasp3gjpfdse
髪を自分で切ることができれば、時間の節約にもなります。仕事や学校がある人は、休みの日に時間を作って美容室に行かなくてはなりません。美容室によっては自分が希望する日や時間に予約が取れないなんて時もありますよね。もし自分で髪を切ることができたら、自宅で好きなときに髪を切ることができるので、セルフカットはおすすめですよ。

③自分の好みのカットができる

自分好みのカットができるのも、自分で髪を切るメリットのひとつです。美容室では口頭で伝えても、なかなかうまく伝わらないことがありますよね。伝えたつもりでも思い通りの髪型にならなければ後から自分で手を加える、なんて人もいるでしょう。自分で髪を切ることができれば、時間もお金も節約ができて尚且つ思い通りの髪型にすることができますよ。
自分で髪を切る時の注意点は、なるべく大きな失敗をしないということを意識しながら切ることです。大きな失敗をしてしまうと、元に戻すことができないため細心の注意が必要になります。男女共に言えることですが、自分で髪を切るときは、ゆっくりと時間を掛けながら少しずつ切り揃えて行くといいでしょう。その際は、しっかり鏡で確認しながら切るようにしてくださいね。
ここからは、自分で髪を切るときにあると便利な道具を詳しく紹介していきます。男女問わず必要になるので、ぜひ参考にしてくださいね。

①すきバサミ

すきバサミは髪をすくときに必要なハサミです。前髪やロングヘアの髪を切るときに自然な仕上がりになるのであると便利です。髪の量を整えることができるので用意しておくことをおすすめします。

②クシ

クシは100均などでも購入できます。髪の毛の長さを測るときなどにあると便利です。クシを使えば切りすぎを予防してくれるので準備しておくことをおすすめします。

③ダッカール

ダッカールやクリップは大きめのものがしっかり髪の毛を固定できるのでおすすめです。切りたくない髪をダッカールで留めておけば、間違えて切ってしまったなんて失敗も防げます。

④ケープ

ケープは自宅で髪を切るときにあると便利なアイテムです。髪の毛は細かいため洋服に付着すると取りずらく、後片付けも大変です。ケープはゴミ袋などでも対応できるので、髪を切るときは必ず用意しておきましょう。
自分で髪を切るときはまず、どんな髪型にしたいのか明確にしておきましょう。悩みながら髪を切ると思い通りにならず失敗してしまう可能性があります。また自分の髪質や頭の骨格を知っておくと失敗しにくく、思い通りの髪型にカットすることができますよ。
自分で髪を切る時の手順を簡単に説明していきます。まず髪を切る前に髪全体を軽く濡らし、髪のほつれが残らないようにクシで髪の毛を整えます。ダッカールで髪の毛を取り分けたら横側から少しずつ切っていきましょう。左右の長さを確認しながら最後はすきバサミで髪の毛の量を確認して終了です。男女共通の大まかな基本になるので、次は女性の前髪の切り方を詳しく紹介していきます。
サイドや後ろは不安な人も、前髪は自分で切るのに最も挑戦しやすい場所ですね。前髪だけはこまめにカットしたいという女性も多いですが、前髪だけのために美容室に行くのも大変ですよね。そんなときは自分で切って好みの前髪を作ってみましょう。
前髪を真ん中にまとめて三角形の形を作ります。女性の場合、髪の毛が長いとサイドの髪が邪魔になるため、ダッカールで留めておくと安心です。あとはまとめた前髪に横からハサミを入れて切るだけで、簡単に自分で前髪を切ることができます。この方法ならほとんど失敗することなく自然な前髪を作ることができますよ。
ロングヘアを自分で切るのは難しいように感じますが、女性でも簡単に自分でレイヤーを作れる方法を紹介します。まず頭を下に下げて、切りたい位置で髪の毛を結びます。あとはハサミを縦に入れながら毛先を切って行くだけで失敗せずにロングヘアを切ることができます。最後はすきバサミで毛先の量を調整するとキレイにレイヤーを入れることができますよ。
ここでは男性のセルフカットの簡単なやり方を紹介します。男性はこまめに切らないと伸びるのが早いため、自分で切る方法を覚えておくと便利ですよ。

①前髪

男性の前髪は女性の前髪と違い、動きがないと不自然に見えることがあります。そのため男性が前髪を切る際は真横に切るのではなく、斜めに切って行くと動きが出て自然な仕上がりになります。前髪を切るときは切りすぎないよう少しずつ様子をみながら切るようにしましょう。

②サイド

横のボリュームを抑えたい場合はすきバサミで毛の量を減らしていく方法があります。指先でサイドの髪の毛を挟み、横に出してハサミを入れてきます。根元にハサミを入れるより、毛先の方から2回ほどハサミを入れるとバランスよく切ることができるようです。男性の場合は髪を濡らさないでドライのまま切る方が、切りすぎを予防できますよ。

③襟足

襟足は自分で直接見ることができないため難しく感じてしまいますが、慣れると意外と簡単に切ることができます。襟足はハサミを持っていない方の手の指を後頭部に添わせて、指からはみ出た髪を切っていくとキレイに切ることができます。髪を切るときは指も一緒に切らないように、後頭部の指にハサミを添わせるようにして切ると安全です。指からはみ出た分だけしか切れないので、切りすぎ防止にもなりますよ。
自分で簡単に髪を切ることができたらすごくラクですよね。時間や予定を気にせず、自宅で自分好みの髪型にできるセルフカットは、男性・女性共におすすめです。失敗するのが怖い人は、まずは少量ずつ切ってコツを掴むと切りやすいですよ。必要な道具を揃えてなりたい髪型が決まったら、自分で髪を切るポイントを抑えながら楽しくチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BrGZAM9nlIl/