Rcs3mqs8i10oovh0jpv0

スーツ

CATEGORY | スーツ

ダブルスーツの着こなしのポイント!シングルとの違い・ダサいを避けるコツとは?

2019.04.24

ダブルスーツはフォーマル感が強く、クラシカルなデザインのものが多いです。着方によっては、古くてダサい印象を与えてしまうことが少なくありません。そこで今回は、ダブルスーツとシングルスーツの違いや着こなし方についてご紹介します。

  1. ダブルとシングルスーツの違い
  2. ダブルスーツの着こなしポイント①タイトに着る
  3. ダブルスーツの着こなしポイント②柄物も取り入れる
  4. ダブルスーツの着こなしポイント③色違いのパンツで合わせる
  5. ダブルスーツのおすすめコーデ5選①
  6. ダブルスーツのおすすめコーデ5選②
  7. ダブルスーツのおすすめコーデ5選③
  8. ダブルスーツのおすすめコーデ5選④
  9. ダブルスーツのおすすめコーデ5選➄
  10. ダブルとシングルスーツの着こなしまとめ
ダブルスーツとは、ボタンの配列が2列になっているスーツのことを言います。ボタンは1列で3つなので、2列で合計6個付いています。重厚感があり、フォーマルで上品な印象が強いです。カジュアル感が少ないため、気軽に着るよりもしっかりと着こなすことが大切になります。一方のシングルスーツは、シングルという名前通りボタンの配列が1列だけでボタンの数も2個のみとなっています。シングルスーツは、シンプルで使いやすいので気軽に着られる定番スーツとなっています。
シングルスーツであれば、ビジネスシーンでももちろん使うことができますがオフィスカジュアルやプライベートでも使うことができます。着方を選ばないため、コーディネートしやすいところも特徴となっています。ダブルスーツの場合は、シングルよりも着こなしが難しいので組み合わせを考えないと少し古くダサいコーデになってしまうことが少なくありません。今回は、ダサい印象にならないようなおしゃれに着こなすポイントとおすすめコーデについてご紹介します。
引用: https://c.imgz.jp/948/26224948/26224948_16_D_500.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/1cb1uo/20190120225937944/20190120225937944_500.jpg
ダブルスーツの着こなしポイントその1は、タイトに着ることです。ダブルスーツはコートのような形になっているので、実際の体格よりももっと体を大きく見せるような作りになっています。その分、見た目が派手になり目立つようになります。フォーマルな印象も強くなってしまうので、気軽に着こなすのが難しくなります。ダブルスーツを着こなす場合は、少しタイトなサイズ感でコンパクトに着る方がダサい印象も軽減することができるでしょう。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/czgjig/20161115225425606/20161115225425606_500.jpg
ダブルスーツの着こなしポイントその2は、柄物も取り入れることです。無地の方がフォーマルな印象が強く、全体的にかしこまった雰囲気になります。柄物を取り入れることで、ややカジュアルさをプラスしスタイリッシュな着こなしにすることができるでしょう。スーツで多い柄は、チェックやストライプになります。柄がハッキリと目立つものであればカジュアルな感じが強くなるので、なるべく目立ちにくい柄物を選ぶようにしましょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/w55cjv/20180929225844399/20180929225844399_500.jpg
ダブルスーツの着こなしポイントその3は、色違いのパンツで合わせることです。上下同じ色でセットアップとして着るとフォーマルな印象が強くなりますが、ボトムスを別の色に変えることで程よくカジュアルな印象になります。古くダサい印象になりにくいので、ボトムスだけジャケットと違う色で合わせると良いでしょう。上下色違いで合わせる場合は、同系色の色やコントラストとなるような色で合わせるとバランスが良くなります。

茶系チェック柄ジャケット×無地スラックスパンツ

引用: https://www.instagram.com/p/BoDT8AqHRCK/
ダブルスーツのおすすめコーデ5選1は、茶系のチェック柄ダブルジャケットに無地のスラックスパンツを合わせたコーデです。チェックジャケットでも、柄が目立ちにくいものであればフォーマルな印象が強くなり、柄がハッキリと目立つほどカジュアルな印象が強くなります。茶色は肌なじみが良く合わせやすい色なので、シャツは白やブルー、パンツは黒や茶色、グレー、紺、白などで合わせられます。ネクタイは差し色として明るい色を取り入れるのも良いでしょう。
ボトムスは、細身のパンツ、ストレートのスッキリしたパンツで合わせることでダサい印象にならずにおしゃれに着こなすことができるでしょう。靴に少しかぶさるくらいの長めのものも良いですが、くるぶしがほんのすこし見える程度の丈が短いもので合わせるのもおすすめです。靴は、革靴で合わせるのが定番ですがオフィスカジュアルであればローファーやスリッポン、スニーカーなどで合わせるのも良いでしょう。靴はジャケットに合わせて茶色にするか黒が合わせやすいです。

ネイビージャケット×ネイビーパンツのブルーコーデ

ダブルスーツのおすすめコーデ5選2は、無地のネイビーダブルジャケットとネイビーパンツで合わせて全体的にブルーでまとめたさわやかコーデです。ネクタイやワイシャツもブルーでまとめることで、よりさわやかで涼しげな印象になります。タイトに着ることで、ダサい印象にもならず今流行りの着こなしができるでしょう。靴も、濃紺や黒で合わせてまとめるのがおすすめです。落ち着きある上品なコーデがしたい人に特に良いでしょう。

チェック柄ジャケット×チェック柄パンツ

ダブルスーツのおすすめコーデ5選3は、チェック柄のダブルジャケットとチェック柄のスラックスパンツを組み合わせたコーデです。総柄でも目立ちにくい落ち着きあるチェックであれば、上品かつややカジュアルな雰囲気で今流行りの着こなしができるでしょう。シャツは白、靴は定番の黒で合わせネクタイは差し色として赤や薄いブルーなど鮮やかな色を取り入れると、ダブルスーツを使ったコーデのアクセントになるのでおすすめです。

無地ジャケット×色違いの無地パンツ

ダブルスーツのおすすめコーデ5選4は、無地のダブルジャケットに色違いの無地のパンツを合わせたコーデです。色違いのパンツを合わせることで、上品すぎずカジュアル過ぎないコーデができます。ジャケットが薄いグレーなど明るめの色であれば、ボトムスは黒のパンツで引き締めるのがおすすめです。逆に、ジャケットが暗めのグレーなど落ち着いた色であればボトムスは白のパンツなど明るい色で合わせると良いでしょう。足元は、革靴で合わせるのが定番です。

ベージュの無地ジャケット×無地パンツ

ダブルスーツのおすすめコーデ5選5は、ベージュの無地ジャケットに無地パンツを合わせたコーデです。ベージュは肌なじみが良く合わせやすい色なので、ダブルスーツもベージュでまとめると良いでしょう。ワイシャツは白やブルーで合わせ、足元は革靴で合わせます。オフィスカジュアルであれば、ローファーやシンプルなスニーカーで合わせるのも良いでしょう。
今回は、ダブルスーツとシングルスーツの違いやダブルスーツの着こなしのポイントなどについてご紹介しました。一般的にスーツはシングルタイプのものが多く、シンプルで気軽に着られます。ダブルは、シングルよりもフォーマルな印象が強くかたい雰囲気になりがちでやや古い印象を与えてしまうこともあります。ダサい着こなしにならないようにするには、適度にカジュアルに着られるように組み合わせを考えて着こなしましょう。

スーツについてもっと知りたい方はこちら