Lmn8q1gi4tmmzpt64tkh

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

インナーカラーの市販モノでおすすめはこれ!セルフでも失敗知らず!

2019.04.12

イメージを変えてみたい!そんな人におすすめなのがインナーカラー。学校や会社でもおしゃれを楽しめるインナーカラーは、セルフでも市販モノを使って手軽にできちゃうんです。今回は失敗知らずな市販のおすすめカラーバターにクリーム、よりオシャレに見せるワザまで紹介します!

目次

  1. イメージを変えてみたいあなたも注目してほしい!インナーカラーとは?
  2. 市販モノでもキレイで染まる!インナーカラーおすすめテクニック①ブロッキングにはゴムで留めるのが便利です!
  3. 市販モノでもキレイで染まる!インナーカラーおすすめテクニック②初心者はサイドを染めるとおしゃれに仕上がります!
  4. 市販モノでもキレイで染まる!インナーカラーおすすめテクニック③インナーならビビッドなカラーがかわいくなります!
  5. セルフでも市販モノで失敗知らず!おすすめインナーカラーアイテム①ビューティーン・ポイントカラークリーム
  6. セルフでも市販モノで失敗知らず!おすすめインナーカラーアイテム②パルティ・ポイントカラーチューブ
  7. セルフでも市販モノで失敗知らず!おすすめインナーカラーアイテム③エンシェールズ・カラーバター
  8. セルフでも市販モノで失敗知らず!おすすめインナーカラーアイテム④マニックパニック・カラークリーム
  9. セルフでも市販モノで失敗知らず!おすすめインナーカラーアイテム⑤カラートリック・カラーバター
  10. インナーカラーでさりげないおしゃれを楽しもう!
75059506efad8
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/prod-hair/photographs/zoom/75/75059506efad8.jpg

最近耳にする機会が増えたインナーカラーとは、髪の内側を染めるカラーのこと。外側を変えなきゃ意味ないじゃんと思いがちですが、ちょっと動いたときなどにチラッと見える、このさりげなさが人気の秘密なんです。

Media
引用: https://www.instagram.com/p/BjFIK0lHwv2/media/

そのインナーカラー、一見難しそうですが、セルフでもコツをつかめば簡単にトライできます。まずは、初心者でも失敗しないコツやカラー選びからチェックしてみましょう。

Xlarge 4243c63f 3220 4bcd 8124 ce5f6f39b565
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/external_photo/data/279462/xlarge_4243c63f-3220-4bcd-8124-ce5f6f39b565.jpg

あなたのヘアスタイル、気になったらこのBOOKもチェック!

Media
引用: https://www.instagram.com/p/BlDcCa9l9q3/media/

インナーカラーの際に気になるのが、余計なところが染まらないかということ。全体染めならあまりに気になりませんが、必要なポイントだけを染めるインナーカラーでは、はみ出して失敗するのは避けたいものです。そこで必要なのが、ブロッキング。

20170625063719
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/web-minako/20170625/20170625063719.jpg

染める範囲を決めたら、それ以外のカラーリングしない部分については、ゴムやダッカールでまとめるのがおすすめ。染める場所だけ下ろして、しっかり染めましょう。

Fd9e452c9564dd36b1a63a6fdc57f73f 300x225
引用: https://matakuhair.net/wp-content/uploads/2018/02/fd9e452c9564dd36b1a63a6fdc57f73f-300x225.jpg

あなたのヘアスタイル、気になったらこのBOOKもチェック!

Media
引用: https://www.instagram.com/p/BmI1A7fAY4X/media/

インナーカラーをどこに入れようか、悩む人も多いはず。慣れてくれば、いろいろなやり方を試すことができますが、はじめのうちはどうやるとかわいく見えるか、不安なものです。

Media
引用: https://www.instagram.com/p/Bl-iEWXA_7T/media/

そんなインナーカラー初心者さんは、耳周りなどのサイド部分から始めてみませんか。悪目立ちせず、でもおしゃれに見せることができるのが、サイド。ロングヘアでもショートヘアでも、かわいく見せることができますよ。

1 / 4