Ydmknld04inf2gov2dts

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

無造作マッシュの作り方を紹介!パーマやワックスはあり?なし?

2019.03.23

無造作マッシュが現在メンズのヘアスタイルの中でも注目されています。マッシュは女性人気も高く、可愛い印象にすることができます。パーマなしやワックス・アイロンありでも無造作マッシュを作ることができるので、今回は無造作マッシュの作り方をご紹介します。

目次

  1. 無造作マッシュが大人気!
  2. 無造作マッシュとは?
  3. 無造作マッシュの作り方はこちら!
  4. 無造作マッシュはパーマなし?ありがいい?
  5. 無造作マッシュのワックスはどのようなものがいい?
  6. 【まとめ】無造作マッシュでメンズの魅力を高めよう!
B061484858 271 361
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/48/58/B061484858/B061484858_271-361.jpg

無造作マッシュが多くの方に人気なのですが、皆さんは挑戦したことがありますか?昔と比べると今ではメンズのヘアスタイルが様々になっているのですが、無造作マッシュを取り入れている方が現在増えています。無造作マッシュは女子ウケも良く、人気が高いヘアスタイルなので、今回はおすすめの無造作マッシュの作り方をご紹介したいと思います。

Img 4967%202 thumb autox1067 13565
引用: https://mens-hairstyle.jp/lipps_shibuya/assets_c/2018/03/IMG_4967%202-thumb-autox1067-13565.jpg

無造作マッシュと言ってもいまいちピンとこない方も多いのですが、無造作マッシュはマッシュカットに無造作の動きをつけたヘアスタイルになります。マッシュカットはかわいい印象になりやすいのですが、無造作に動きをつけることによっておしゃれな印象に仕上げ、かっこいい印象にかえてくれます。そのため、可愛いと感じられていたマッシュカットが無造作スタイルを入れることによって男らしいヘアスタイルにすることができます。

660417841225535488
引用: http://www.hair-me-up.com/style_images/t/2015/10/660417841225535488.jpg

無造作マッシュについてご紹介しましたが、次は無造作マッシュの作り方をご紹介したいと思います。無造作マッシュはマッシュカットさえしておけば簡単にセットすることが可能です。メンズの方に特におすすめなので、ぜひ無造作マッシュを作りたい方はご参考いただけたらと思います。

無造作マッシュの作り方:①シャワー&タオルドライ

160 otonaitem 03 5
引用: http://nanmou-hairstyle.com/img/160-otonaitem-03-5.jpg

まず最初はシャワーとタオルドライを行います。タオルドライはタオルを使用してしっかりと乾かすことなのですが、シャワーを浴びることによって髪の癖などを取り除くことができます。タオルドライをしてあげることによって全体のベースを作ることができるので、タオルドライもしっかりと行いましょう。

無造作マッシュの作り方:②ドライヤーの後にワックスを髪全体になじませる

Shutterstock 67325491 2 e1438327006822
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/07/shutterstock_67325491-2-e1438327006822.jpg

タオルドライが終わった後はドライヤーで乾かします。このドライヤーで乾かす作業は重要で、タオルドライよりさらに髪の仕上がりのベースを作ります。束感などをしっかりと作りたいときなどは髪を立たせるようにドライヤーをかけるのがコツなので、根本から立ち上がるようにドライヤーをかけます。ドライヤーで乾かすことができれば手にワックスを付けて全体に

無造作マッシュの作り方:③束感を作りながら動きを作っていく

B054789071 271 361
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/90/71/B054789071/B054789071_271-361.jpg

髪全体にワックスを揉み込むことができれば次は束感などを作って動きを作っていきます。ワックスを付ける場合は根本から立ち上げる場合と、毛先にかけてつけて動きを作ると綺麗に仕上がります。ワックスを付けすぎてしまうとワックスの重みで潰れてしまいやすいので注意しましょう。

1 / 2