Fyghcoxnvu5bhvxdmj3l

健康

CATEGORY | 健康

1日2食でダイエットは危険?行う時間や健康への影響など詳しく解説!

2019.03.14

1日2食の食生活はダイエットに効果的なのか?1日2食ダイエットのメリット、デメリットや、健康面への危険性などを徹底解説していきます。食事を抜く理想的な時間帯なども詳しく説明していきますので、1日2食ダイエットに興味がある人は必見です!

  1. 1日2食のダイエットは危険なのか?
  2. 昔は1日2食が当たり前だった?
  3. 1日2食ダイエットのメリット
  4. 1日2食ダイエットのデメリット
  5. 1日2食ダイエットはいつの時間帯が効果的なのか
  6. 健康的に1日2食ダイエットを行う方法①:「朝食抜き」
  7. 健康的に1日2食ダイエットを行う方法②:「昼食抜き」
  8. 健康的に1日2食ダイエットを行う方法③:「夕食抜き」
  9. 1日2食ダイエットを成功させる秘訣
  10. 1日2食のダイエットを実践しよう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMARIC20160805310323_TP_V.jpg
一般的に1日の食事は1日3食が理想的だとされていますが、ダイエットを気にして1日2食に食事量を制限している人がいます。この1日2食という食生活が健康面への影響、危険性はどの程度のものなのか?1日2食にすることによって健康面にどのような影響を及ぼし、どのような危険があるのかを理解する必要があります。1日2食ダイエットのメリットやデメリットを解説していきます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N112_meshiumadanshi_TP_V.jpg
まずは1日3食という食生活が浸透した背景についてご紹介します。日本において1日3食が一般的になったのは江戸時代の元禄文化頃になってからだと言われています。その時代の食糧事情なども関係してきますが、江戸時代の元禄文化以前は1日2食というのが当たり前だとされていたのです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1527756898251-203e9ce0d9c4?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1354&q=80
また、世界に目を向けてみても1日2食というのは比較的近年まで一般的だった国もあるようで、90年代のアメリカにおいても1日2食というのは珍しいことではなかったようです。これらのことからも分かるように、1日2食というのが当たり前だった時代では危険なことをしているという意識なかったはずですし、健康面を著しく損ねていたというのは考えにくいとも言えるはずです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/masaki0I9A4784_TP_V.jpg
ここからは1日2食のダイエットを行うメリットについて解説していきます。

1日2食ダイエットのメリット①:「痩せる」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL4157_TP_V.jpg
1日2食にすることによって当然ながら1食分の摂取カロリーが少なくなります。カロリーが減れば脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットの効果も期待できます。1日の中で朝昼晩のいつの時間帯で食事を抜けば良いかなどは下記で更に詳しく解説していきます。

1日2食ダイエットのメリット②:「胃腸の負担を減らす」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V.jpg
1日2食にすることによって内臓を休ませることができるので胃腸の負担が減り身体の不調を軽減することができます。人は1度食事を行うと消化、排泄までに18時間近くかかると言われています。少しでも胃腸の負担を減らすことを考えると1日2食にして内臓を休ませてあげることが大事になります。内臓が疲れていると慢性疲労の原因になってしまうので、慢性的な疲労に悩んでいる人は1日2食ダイエットを行うことで身体がスッキリすることもあります。

1日2食ダイエットのメリット③:「頭がスッキリする」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TKBGOODJB_TP_V.jpg
食事をした後は眠くなる、という人も少なくないのではないでしょうか。食後に眠くなる理由は食べたものを消化させるために消化器官が活発になり、血流がそちらに集中してしまうので、脳への血流量が減り眠くなったり頭がボーっとしてしまう原因になります。1日2食にすることでこのような状態になる回数を減らし仕事のパフォーマンス向上も期待できるでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8925171031_TP_V.jpg
1日2食にすることによってメリットがある反面、デメリットもあるので、それもしっかりと確認しておく必要があります。

1日2食ダイエットのデメリット①:「空腹の反動で食べ過ぎてしまう」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Green4_hahuhahu20141123125939_TP_V.jpg
「1日2食ダイエットは痩せない」という意見も見られますが、それはなぜなのか?今まで1日3食という食生活だった人にとって1日2食というのは空腹感を強く感じてしまうはずです。1日2食ダイエットで痩せることができなかった人の多くが、この空腹感の反動で1食分の食事量が増えて摂取カロリーが多くなってしまいダイエットに失敗してしまったということが考えられます。1食分の食事量が増えると結局は胃腸への負担も大きくなってしまうのでデメリットが目立つ結果になってしまうのです。

1日2食ダイエットのデメリット②:「栄養バランスに気を付ける」

引用: https://images.unsplash.com/photo-1483732594212-58fdd5ef8f31?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
1日2食ダイエットを行う時には食事量はもちろん、栄養のバランスにも気遣う必要があります。1日2食になり、食事量が減ってしまうと栄養素が偏ってしまう危険性があります。特に現代では野菜不足の人が多くいるので、食事以外で野菜ジュースなどで栄養を摂取するのも効果的なのでおすすめです。1日2食になることによって栄養に気遣うようになるのは健康面に様々なメリットがあるので悪い事ばかりとは言えましでしょう。
引用: https://images.pexels.com/photos/1198264/pexels-photo-1198264.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=750&w=1260
1日2食ダイエットを行う時には「朝・昼・晩」いつの時間帯の食事を抜くのかも大事なポイントとなります。その時間帯によってダイエットの効果や健康面への影響が大きく変わってくるので注意しましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kore20160715582605_TP_V.jpg
朝食は1日の活力となる食事とも言われ、大事なものだとされていますが、朝食を抜いた1日2食ダイエットにもメリットがあることも見逃せません。朝食を食べることによって朝から栄養を補給するわけですが、食事をすることで消化をするために脳への血流が減り、結局頭がボーっとしていては午前中のパフォーマンスを上げることができないので、朝食を抜くのが効果的という意見も多く聞かれます。実際、あまり食欲のない朝食を抜いた1日2食ダイエットはリバウンドの可能性も低めで、朝食の代わりに野菜ジュースなどの形で栄養補給ができるので朝食抜きの1日2食ダイエットがおすすめです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LIG63_sabisikubentou20130713_TP_V.jpg
次にご紹介したい1日2食ダイエットの方法としては昼食を抜くパターンです。昼食を抜くことによって仕事や学校などで昼食後に眠くなる、ボーっとなることを少なくすることができるのでおすすめです。朝から夕方まで約12時間ほど時間が空き、夕食から翌日の朝食まで12時間ほど時間が空くので胃腸を休めるには効果的な周期となります。注意するべき点は夕食の時間が遅い人は眠るまでの間隔が短くなり睡眠の質が低下してしまう危険性があるので気を付けてください。
ダイエットを行っている人で「○○時以降に物を食べない」というダイエットを行っている人がいます。ダイエットのことだけを考えると夕食を抜くのは効果的ではありますが気を付けなければいけないポイントがあります。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1547573854-74d2a71d0826?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
夕食というのは1日の中で最も豪華で量も食べてしまう時だと思います。最も食べてしまう夕食を抜くのは一見するとダイエットに効果的だと思いますが、夕食抜きの1日2食ダイエットはリバウンドの可能性が高いとされているので注意が必要です。夜は仕事の付き合いなので食べざるを得ない状況も考えられますし、周りが食べている中で自分だけ我慢するのはストレスが溜まるものです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL001-1onakaganattayo20140830_TP_V.jpg
その他にも夕食を抜く1日2食ダイエットを行うと、昼食から睡眠を含めた翌日の朝まで食事を摂らないことになるので、長い人では20時間にも迫る長時間食事を摂っていない状況になってしまいます。これだけ長い時間食事をしていないと低血糖になりやすくなり、倦怠感や空腹感が強くなってしまう恐れがあるので注意してください。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-239_TP_V.jpg
1日2食ダイエットを成功させるには1日2食の食事制限だけではなく、運動や筋トレなども合わせて行うことをおすすめします。運動ならウォーキングやランニングなどの簡単な運動を週3日ほど行うことがおすすめで、筋トレなら腹筋や腕立て伏せ合わせて行うことで1日2食ダイエットの効果を高めて健康的に上手に痩せられるようになるはずです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6570_TP_V.jpg
1日2食ダイエットは正しい知識を理解して適切な方法で行うのが大事になります。1日2食ダイエットで健康的に痩せることもできるので、無理のない自分に合ったペースで1日2食ダイエットを実践してみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images.unsplash.com/photo-1527756898251-203e9ce0d9c4?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1354&q=80