Slu5kcpjdq8fcl21ksgz

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

1ヶ月で5キロ痩せる方法は?効果的な運動や食事メニューをご紹介!

2019.03.14

1ヶ月で5キロ痩せるための方法をご紹介!1ヶ月で5キロ痩せるために大事とされる「食事メニュー」「運動」「筋トレ」などの方法を具体的に解説していきます。中学生など大事な成長期でも1ヶ月で5キロ痩せることが可能な方法なので多くの人におすすめしたい方法になります。

  1. 短期間で痩せたい人必見のダイエット情報をご紹介!
  2. 1ヶ月で5キロ痩せることは可能なのか?
  3. 1ヶ月で5キロ痩せるためのポイント①:「食事メニュー」
  4. 1ヶ月で5キロ痩せる|おすすめの食事メニュー
  5. 1ヶ月で5キロ痩せるためのポイント②:「運動」
  6. 1ヶ月で5キロ痩せる|おすすめの運動方法
  7. 1ヶ月で5キロ痩せるためのポイント③:「筋トレ」
  8. 1ヶ月で5キロ痩せる|おすすめの筋トレ方法
  9. 中学生でも1ヶ月で5キロ痩せることが可能!
  10. 健康的に1ヶ月で5キロ痩せるダイエットを心掛けよう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DB88_onakamawari15154229_TP_V.jpg
世の中の多くの人がダイエットに興味があり、実際に痩せたいと考えていることかと思います。さらには短期間で痩せたいと考えてしまうのは当然の発想だと言えます。長期間ダイエットを行えば痩せる効果は高くなるわけですが、正しい方法を理解してダイエットを行うことで、1ヶ月という短い期間でも5キロ以上痩せることも可能になります。短期間で痩せるために必要な情報を理解して、健康的に1ヶ月で5キロ痩せる方法をご紹介します。健康的に行えば中学生などでも痩せることが可能なので多くの人に是非理解してもらいたいと思います。
引用: https://images.pexels.com/photos/53404/scale-diet-fat-health-53404.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
1ヶ月で5キロ痩せるというのはそもそも現実的なダイエットなのか?答えから言ってしまうと「1ヶ月で5キロ痩せることは可能です」。というのも、実際に多くの人が健康的に1ヶ月で5キロ痩せることに成功しているからです。実際にダイエットに成功した人の方法を参考にしつつ、おすすめの方法を具体的に解説していきます。

1ヶ月で5キロ痩せるのには個人差がある

引用: https://images.pexels.com/photos/53528/belly-body-clothes-diet-53528.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
1ヶ月で5キロ痩せる方法を解説していく前に理解してもらいたいポイントとして「1ヶ月で5キロ痩せるのには個人差がある」ということです。1ヶ月で5キロ痩せるのに適しているのは、元々体重が重く脂肪が多く付いていた人です。逆に元々痩せている人がそこからさらに痩せるとなると1ヶ月以上のスパンで痩せるようにスケジュールを立てた方が健康的なダイエットになるはずです。
引用: https://images.pexels.com/photos/406152/pexels-photo-406152.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
ダイエットの基本として食事メニューに気遣うのは大事なことになります。ただ、極端に食事量を減らすようなやり方は健康的に痩せることはできず、何よりリバウンドの可能性も高くなってしまうので絶対に行ってはいけません。1ヶ月で5キロ痩せるためのおすすめの食事メニューは「糖質制限」です。糖質とはお米やパンなど、主に主食とされる食品に多く含まれていて、やり方はそういった炭水化物を控えることです。主食系の食事は制限してしまいますが、おかずなどは食べることができるので空腹に悩まされることはないでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK153123758_TP_V.jpg
もう少し具体的に1ヶ月で5キロ痩せるためのおすすめ食事メニューをいくつか挙げていきます。

おすすめの食事メニュー:「白米を玄米に変える」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/genmanFTHG9287_TP_V.jpg
健康的に1ヶ月で5キロ痩せるためにおすすめの食事メニューは、白米を玄米に変える方法です。この方法は食事のストレスを減らすことができるので多くの人におすすめで、玄米は白米よりもカロリーが低く、なおかつ食物繊維が白米の4倍、満腹感が得られやすいというメリットがたくさんあります。

おすすめの食事メニュー:「低カロリー・高タンパク質の鶏肉」

引用: https://images.pexels.com/photos/3688/food-dinner-lunch-chicken.jpg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
1ヶ月で5キロ痩せるための食事メニューに取り入れてほしいのが鶏肉です。特に鶏肉のササミや胸肉は低カロリー・高タンパク質の代表的な食材なのでダイエットの強い味方になってくれます。高タンパクなことから筋肉を付ける効果もあり、筋肉が増えると基礎代謝がアップして1ヶ月で5キロ痩せるのも夢ではありません。
引用: https://images.pexels.com/photos/601177/pexels-photo-601177.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
1ヶ月で5キロ痩せるには食事メニューだけではなく、運動も必要になります。食事と運動はダイエットの基本となるので、食事だけではなく適切な運動を行い脂肪を燃焼させるのが大事になるのです。1ヶ月で5キロ痩せるためのおすすめは「有酸素運動」です。有酸素運動とはウォーキングやランニング、自転車、縄跳びなどの誰でも気軽にできる運動であることも、多くの人におすすめできるポイントでもあります。有酸素運動は運動を始めて20分以降から脂肪燃焼の効果が高まるとされているので20分以上は行うように心掛けましょう。
引用: https://images.pexels.com/photos/221210/pexels-photo-221210.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
1ヶ月で5キロ痩せるためのおすすめの有酸素運動は「ウォーキング」と「ランニング」になります。まとめて扱われることが多いウォーキングとランニングですが、その違いなども含めて個別に解説していきます。

おすすめの運動方法:「ウォーキング」

引用: https://images.pexels.com/photos/347134/pexels-photo-347134.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
ウォーキングの魅力は誰でも簡単にできることです。ウォーキングは言ってしまえば歩いているだけなので、天候には左右されますが、お金もかからず健康的にダイエットができるとあって人気の有酸素運動になります。ウォーキングで1ヶ月で5キロ痩せるためのポイントとしては、腕をしっかりと振り大股で歩くことです。

おすすめの運動方法:「ランニング」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/shiosio_kasdfjk_TP_V.jpg
ランニングはウォーキングと比べてペースが早く、小走りしているような形で行う有酸素運動なので、1ヶ月で5キロ痩せるということを考えるとウォーキングよりもダイエット効果が高いランニングがおすすめです。運動を全く行っていない人にとってはいきなり長距離をランニングするのは難しいのでウォーキングで基礎体力を付けてからランニングを行うようにしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/amaGIMG_8604044130538_TP_V.jpg
1ヶ月で5キロ痩せる上で気にしたいポイントは美しく痩せるということではないでしょうか。男性なら筋肉が付けつつ痩せたいでしょうし、女性ならキレイなボディラインに憧れることでしょう。その方法としては筋トレがおすすめで、脂肪を燃焼させつつ筋肉を付けて理想的なダイエットを行うようにしましょう。
引用: https://images.pexels.com/photos/685534/pexels-photo-685534.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=2&h=650&w=940
筋肉を付けつつ1ヶ月で5キロ痩せるおすすめ筋トレ方法は「スクワット」と「クランチ」です。個別におすすめポイントを解説します。

おすすめの筋トレ方法:「スクワット」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6479_TP_V.jpg
スクワットは脚を鍛えるトレーニングとして広く知られていますが、実は腹筋や背筋など上半身も鍛えられるおすすめの筋トレになります。スクワットの効果を高めるポイントとしてはつま先よりも膝が前に出ないようにしながら腰を落とすことです。また、腹筋に力を入れて背筋を伸ばしながら行うと腹筋と背筋の効果を高めることができます。

おすすめの筋トレ方法:「クランチ」

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6283_TP_V.jpg
次におすすめする筋トレ方法はクランチです。クランチとは一般的に腹筋とも言われることがある筋トレのことで、お腹周りの脂肪が気になる人には最も効果的な筋トレだと言えます。クランチは体を全部起こすのではなく、おへそを見るように背中を丸めて肩を上げるような腹筋で、見た目は地味ではありますが、腰に負担が少なく、多くの人におすすめできる筋トレになります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PP_gekoucyuunojc_TP_V.jpg
ここまで1ヶ月で5キロ痩せるために必要な方法を解説してきましたが、この方法は中学生などでも可能なダイエット方法になります。中学生という多感な時期になると、小学生の頃には体型などに気にしていなかったけれど、中学生になり気を遣い始めるという時期だと言えます。実際に多くの中学生がダイエットに興味を持つ頃ではありますが、今回紹介した健康的な方法でダイエットを行わなければ大事な成長期に体に負担を掛けてしまい、体はもちろん精神面においても負荷になってしまうので、中学生の子を持つ親御さんも正しい方法を指導してあげる必要があるのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL3864_TP_V.jpg
1ヶ月で5キロ痩せる方法を解説してきましたが、今回紹介した内容は「健康的」に痩せる方法になります。1ヶ月という期間で痩せるとなると無理をしてダイエットを行う人も見受けられますが、正しい方法で健康的に痩せなければリバウンドの可能性が高くなりますし、美しく痩せたとは言いにくいので、健康的なダイエットを心掛けるようにしましょう。