// FourM
Keoyiasubaxtknu8nc2w

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

ヘアカラーレベルの5~9特集!ヘアカラーレベルと髪色の種類の関係!

2019.03.13

ヘアカラーレベルは種類・髪色ごとに様々に分かれています。その中でも特に5、6、7、8、9トーンの髪色は人気が高く、美容室ではカラーレベルを指定して染める方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ヘアカラーレベルの5~9を見比べ、おすすめの色、世間から見た評判などをご紹介します。

  1. はじめに:ヘアカラーレベルは何故気にしなければいけないの?
  2. 【ヘアカラーレベル5~9を見てみよう!髪色や種類の関係は?】レベル5
  3. 【ヘアカラーレベル5~9を見てみよう!髪色や種類の関係は?】レベル6、7
  4. 【ヘアカラーレベル5~9を見てみよう!髪色や種類の関係は?】レベル8、9
  5. 【ヘアカラーレベル5~9を見てみよう!髪色や種類の関係は?】メンズ、レディースそれぞれのおすすめは?
  6. まとめ:カラーレベルを把握して自分らしい髪色を!
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg.JrcwfK4sCK.RePRA6M7pA---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-12158121242
引用: http://reonayamaguchi.tokyo/wp/wp-content/uploads/2015/12/IMG_3833-e1449204763414.jpg
ヘアカラーレベルという単語を初めて聞いたという方も少なくないでしょう。ヘアカラーレベルとは髪色の明るさを単純に数字で表したものになっていて、数字が大きい、レベルが高いほど髪色が明るく、数字が小さい、レベルが低いほど髪色が暗いといった塩梅になっています。実はこのヘアカラーレベル、何故気にしなければいけないの、という意見を耳にしますが、それはあなたの年齢や立場によりけりです。大学生まではあまり気にしなくても良いものですが、就職して仕事を始めるとここは結構大きく左右されてくるところです。では人気のカラーレベル5~9を実際に見ていきましょう。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/place1126/imgs/0/8/0854ea97.jpg
引用: http://anyhair2017.com/wp-content/uploads/2017/10/IMG_20171005_101931_651.jpg
ではまずヘアカラーレベル5から見ていきましょう。ヘアカラーレベル5はかなり数字も小さいので、黒髪に近い色になっています。黒髪に近ければ近いほど仕事場の規制も厳しくなく、特にとがめられる心配もありません。カラーレベルはほとんどの髪色に設けられていますが、カラーレベル5付近はほとんどカラーレベルで分けられている色から遠い、黒髪に近いということになっています。レッドのカラーレベルも、オレンジのカラーレベルも、ブルーのカラーレベルもほとんど5であれば黒髪です。職場が吉備路い方はこのあたりをおすすめしておきます。
引用: http://makoto-arai.media/wp-content/uploads/2016/04/img_7183.jpg
引用: http://reonayamaguchi.tokyo/wp/wp-content/uploads/2015/12/IMG_3836-e1449634241981.jpg
さて、次に6と7を紹介していきます。6や7になってくるとそのヘアカラーレベルにおける色に近づいてくるような印象ですね。暖色系なら茶髪、寒色系ならまだ黒が強いですね。暖色系はほとんど茶髪を経由してその色に近づきますが、茶髪といっても”ほんのり”という感じです。この”ほんのり”具合がかなり人気が高く、ほとんどの女性はこのくらいの色ではないでしょうか。男性も女性も”ギリギリ許されるレベル”と認識していただいて大丈夫です。
引用: http://siesta-asagaya.jp/wp-content/uploads/sites/10/2017/03/CIMG2993-389x500.jpg
引用: https://xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com/wp-content/uploads/2015/12/%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%ef%bc%98%e3%81%ae%e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc.png
では8、9について見ていきましょう。8や9ともなるとめっきりそのヘアカラーレベルの色に近づいており、見る方によっては”派手”という印象を受けるかもしれません。おしゃれな髪色というのは大体8や9になっていて、ヘアカラーレベルに詳しい方なら分かると思いますが、10になると結構変わるんですよね。地味と派手の中間、という捉え方がふさわしい8と9、ここも非常に人気が高いレベルです。しかし髪色に厳しい職場だとこのレベルは少し咎められてしまうかもしれないので、注意が必要です。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/28/71/B014472871/B014472871_271-361.jpg
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/67/55/B010116755/B010116755_271-361.jpg
さて、メンズとレディースで、どの髪色が人気で、且つどのヘアカラーレベルが人気なのかという点、気になりますよね。まずメンズですが、人気が高いのはアッシュ系のカラーです。メンズは髪色に厳しいことが多いので、ヘアカラーレベルは5や6に留める方が多いです。1枚目の写真はかなりさりげなくアッシュをいれたブラウンとブラックの中間くらいのテイストになっていて非常に落ち着いた雰囲気があります。レディースはブラウン系のカラーが人気、レベルは6や7が良いですね。レディースも落ち着いた雰囲気の方が人気のあるご時世なので、無理やりヘアカラーレベルを上げるのはあまり好ましくないかもしれませんね。

関連記事

おすすめのヘアカラーレベルについて紹介しました。おすすめのヘアカラーレベルといっても、髪色というのは顔のパーツの構造や輪郭、頭の形、髪質で似合う色が大きく変わってきます。是非あなた好みのヘアカラーレベルを探し出し、自分なりのおしゃれを楽しんでみてください。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/64/42/B010206442/B010206442_271-361.jpg
引用: https://mengym.net/wp-content/uploads/2018/02/napeless.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg.JrcwfK4sCK.RePRA6M7pA---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-12158121242