Tjrajbws5pny0josxiie

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

サイクリングはダイエットに効果アリ!気になるペースや時間をご紹介

2019.03.14

ダイエット効果に優れるサイクリングダイエットは足だけではなくお腹など全身のダイエットにもなるので多くの人におすすめです。気になる、ペースや時間・ジムでのエアロバイク・ママチャリでも良いのか、などサイクリングダイエット情報をご紹介していきます。

  1. 多くの人におすすめしたい「サイクリングダイエット」をご紹介!
  2. サイクリングダイエットのおすすめポイント①:「効果的な有酸素運動」
  3. サイクリングダイエットのおすすめポイント②:「お腹など全身に効果がある」
  4. サイクリングダイエットのおすすめポイント③:「運動が苦手でも行える」
  5. サイクリングダイエットを成功させるためのポイント①:「ペース」
  6. サイクリングダイエットを成功させるためのポイント②:「時間」
  7. サイクリングダイエットを成功させるためのポイント③:「期間」
  8. サイクリングダイエットを成功させるためのポイント④:「サドルの高さ」
  9. ママチャリでもサイクリングダイエットは可能なのか?
  10. サイクリングダイエットで楽しく痩せよう!
引用: https://images.unsplash.com/photo-1455719103652-8c015f564e2b?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1489&q=80
普段の生活の中で自転車に乗る機会は多いと思います。ママチャリとは別に、最近ではロードバイクの人気の高まりと共にサイクリングを趣味としている人も増えている状況です。今回ご紹介したいサイクリングダイエットはこのように自転車に乗る機会がある人なら気軽に行える、多くの人におすすめしたいダイエットの方法なので是非参考にしていただければと思います。まずはサイクリングダイエットのおすすめポイントを具体的に解説していきます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1467455606185-c6faefc49816?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1396&q=80
ウォーキングなどはダイエットにも効果的な有酸素運動として多くの人が実践しているダイエット方法ではありますが、サイクリングはウォーキングよりも消費カロリーが多いことからダイエットに優れた効果がある有酸素運動としておすすめです。消費カロリーにおいてはペースや時間、ママチャリかロードバイク、などの違いによっても消費量に差がありますが、サイクリングはウォーキングよりも効果があるというデータもあるので、ウォーキングダイエットを行っていた人はサイクリングダイエットに切り替えることを検討してみてください。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1531851454380-ab14ff755bfb?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サイクリングは自転車を漕ぐ動作を行うので、脚を鍛える効果があります。しかし、サイクリングダイエットは脚を鍛えるだけではなく、バランスを保つためにお腹や背中、腕など、全身の筋肉を使っているということにも注目してほしいポイントでもあります。「お腹が出てきたからダイエットを始めよう」と考える人もいると思いますが、サイクリングダイエットはそういった人にもおすすめできるダイエット方法なのです。脚やお腹を鍛えることによって脂肪が落ちて筋肉が付きます。脚やお腹など大きな筋肉を鍛えることによって基礎代謝がアップして痩せやすい体質に改善することもできます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1466203608968-64a13c78fc58?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ダイエットは辛く厳しいものという先入観があると思いますが、サイクリングダイエットは簡単に言ってしまうと「自転車に乗るだけ」です。運度が苦手な人でもママチャリなどの自転車には乗る機会があるでしょうし、実際ほとんどの人が自転車に乗ったことがあるはずです。ママチャリに乗る延長線上にサイクリングダイエットがあると考えると気軽に行えるダイエット方法として優れていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

サイクリングダイエットのデメリット

引用: https://images.unsplash.com/photo-1523294026206-60fe99504e54?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サイクリングダイエットのおすすめポイントを解説してきましたが、もちろんデメリットもあります。サイクリングダイエットは短期間で一気に体重を落とすことは難しいので、継続して行わなければダイエットの効果はあまり実感することができません。また、サイクリングを行う場合は天候にも左右されるので、雨が続いたり、真冬・真夏などの時期は疎かになってしまうことも考えられます。そこでおすすめしたいのがジムなどでエアロバイクを行う方法です。

ジムのエアロバイクなら天候に左右されない

引用: https://images.unsplash.com/photo-1520877880798-5ee004e3f11e?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サイクリングダイエットのデメリットにも挙げた「天候に左右される問題」の解決法としておすすめしたいのがジムでのエアロバイクです。エアロバイクは多くのジムで使われている定番のトレーニングマシンで、自宅にもあるという人もいると思います。ジムで置かれているということは、それだけエアロバイクにはトレーニング効果があることを証明しているとも言えるでしょう。ジムなら天候に左右されることなく、エアロバイク以外のマシンも活用しながらダイエットの効果を高めることができるので、おすすめは断然ジムでのトレーニングです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1452573992436-6d508f200b30?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1352&q=80
サイクリングダイエットを成功させるためには自転車を漕ぐペースも大事になります。必死になって痩せようとしてオーバーペースで漕いでいたらすぐにバテてしまい長く走ることができなくなり、ダイエットの効果を最大限発揮できなくなるので気を付ける必要があります。理想的なペースとしては1分間にペダルを90回転させるのが効果的で、ギアの重さもこのペースを快適に守れる重さに調整してあげましょう。スピードの目安としては時速20kmほどになります。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508717765549-dee93e0044fa?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サイクリングダイエットを成功させるためのコツとしては「時間」も意識して行う必要があります。サイクリングダイエットは有酸素運動なので、まずは有酸素運動の脂肪燃焼効果について理解していきましょう。有酸素運動の脂肪燃焼が活発になるのは運動を始めてから20分後あたりからだと言われています。つまりは、サイクリングダイエットを行う時には最低でも20分間はサイクリングを行う必要があると言えます。もちろん、時間が長ければ長いほど消費カロリーは増えるので、適切なペースで長時間サイクリングを行うのがポイントとなります。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524560296-e0d95f19289f?ixlib=rb-1.2.1&auto=format&fit=crop&w=1267&q=80
サイクリングダイエットに挑戦した結果「痩せない」という結論に達してしまった人も少なくないと思います。というのも、サイクリングダイエットは短期間で結果がでるダイエット方法ではないので、痩せる効果を実感する前に諦めて止めてしまう人が多いのです。サイクリングダイエットを行う時には最低でも半年は続けることをおすすめします。半年経つと効果を実感できるようになり、1年間正しいペースと時間でサイクリングダイエットを行った人はサイクリングダイエットの効果を実感できているはずです。
引用: https://images.unsplash.com/uploads/14122621859313b34d52b/37e28531?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1352&q=80
サイクリングダイエットの効果を高める簡単な方法としておすすめなのが、サドルを高めに調整することです。ペダルが真下にきた時に膝が少し曲がる程度の高さにすることで、自転車に乗る姿勢が良くなり、有酸素運動の効果がアップしたりお腹周りへの筋トレ効果を高めることができます。サドルを高めにしてお腹を引っ込めるような意識で姿勢を良くしながらサイクリングを行いましょう。また、ペダルをこぐ時には指の付け根の部分で踏み込むことでトレーニング効果を高めることができます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1484263445322-ff82b9cb51cf?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
サイクリングダイエットの気になるポイントとして「ママチャリでも大丈夫なのか?」と疑問に感じる人もいると思います。ロードバイクは数万円という相場になってしまいますが、ママチャリなら値段も安いですし、すでに所有している人も多いはずです。電動アシストの付いていないママチャリなら、サイクリングダイエットの効果は十分発揮することができるので、ロードバイクに興味が無い人なら、ママチャリでも代用可能です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1530224817496-896c93ad3178?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1319&q=80
ここまでサイクリングダイエットのおすすめポイントなどを説明してきました。身近な乗り物である自転車がダイエットにもなるというのは多くの人が気軽に行えるダイエット方法としておすすめできるのはもちろん、外を颯爽と走るサイクリングは非常に気持ちが良いものなので、楽しい気分でダイエットが行えるのも魅力だと言えます。サイクリングダイエットで楽しく健康的に痩せましょう。