Copttfnn1hensveoruyx

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

6キロを自転車でこぐとダイエット効果はある?カロリーや所要時間を解説

2019.03.13

自転車は強度の高い運動をすることが可能だが、6キロ走ることでの所要時間やカロリー消費はどのくらいになるのだろうか。ダイエットにも適していると言われている、自転車での走行。6キロを走る際の所要時間やカロリー消費量などを解説しよう!

目次

  1. 通勤で気軽にダイエット!自転車で6キロ走る際の所要時間やカロリーの消費量は?
  2. ママチャリからロードバイクまで!ダイエットに自転車で走るメリットとは?
  3. 自転車で6キロ!サイクリングダイエットのメリット①:通勤・通学で行える
  4. 自転車で6キロ!サイクリングダイエットのメリット②:足腰への負担がかかりにくい
  5. 自転車で6キロ!サイクリングダイエットのメリット③:爽快に走ることが出来る
  6. 自転車で6キロ!サイクリングダイエットのメリット④:継続しやすい
  7. 自転車で6キロ走る所要時間と消費カロリーをチェック!
  8. 自転車で6キロ走るならどんな自転車が良い?
  9. 自転車での6キロの走行でダイエットする上で注意したいポイントとは?
  10. 自転車で6キロ走行ダイエットで注意したいポイント①:汗の対策を行う
  11. 自転車で6キロ走行ダイエットで注意したいポイント②:整備を怠らない
  12. 自転車で6キロ走行ダイエットで注意したいポイント③:保険に加入する
  13. 自転車での6キロ走行で、効果的にダイエットを行おう!
Cyclist 1150 5883
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cyclist_1150-5883.jpg

身体をシェイプアップするダイエットを行うのであれば、さまざまな有酸素運動や筋トレが効果的。しかし日常が忙しく、ダイエットに取り組む時間がないという人も多い。そんな中、自転車を使って6キロ以上走ることでダイエットが可能になると言われている。強度の高い運動になる自転車なので、カロリー消費なども見込めそうだ。

Male cyclist s foot bicycle pedal riding bike outdoors 23 2148038378
引用: https://image.freepik.com/free-photo/male-cyclist-s-foot-bicycle-pedal-riding-bike-outdoors_23-2148038378.jpg

自転車でのサイクリングで6キロ以上走ることで効果を得るダイエットだが、はたして6キロを走る上での所要時間はどれくらいになるのだろうか。

Crop woman riding bike 23 2147800956
引用: https://image.freepik.com/free-photo/crop-woman-riding-bike_23-2147800956.jpg

また、カロリー消費量としてはどの程度を見込むことが出来るのか。食事制限などを合わせて行えばダイエットになり得る、自転車での6キロ以上の走行について、所要時間や消費カロリーを解説しよう!

Cyclist 1150 5884
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cyclist_1150-5884.jpg

カロリーを減らすためのダイエット方法は様々ある。その中でも自転車でのダイエットを実践するメリットはどんなところにあるのだろうか。ママチャリを始め、ロードバイクまで使える自転車によるダイエットのメリットをチェックしてみよう!

Female touch sport holding lifestyle 1150 1433
引用: https://image.freepik.com/free-photo/female-touch-sport-holding-lifestyle_1150-1433.jpg

自転車を使ったサイクリングでのダイエットは、仕事や学校が終わった後に行うことも出来るが、通勤や通学を自転車に変えてしまえば、それだけでダイエットを兼ねてしまうのがメリット。必要以上の準備も必要なく、いつもどおりの出勤や通勤でダイエットができてしまい、一石二鳥と言えるだろう。

Cyclist 1150 7486
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cyclist_1150-7486.jpg

ランニングやウォーキングでは、間違ったフォームや適さない靴を履くことによって足腰への負担が大きくなる。その点自転車を使ったダイエットでは、身体への負担が少ない。体を痛めること無く継続ができるので、長期的なダイエットを可能にしてくれる。足腰がもともと弱いという人でも、安心してダイエットに励めるのもメリット。

Cyclist man racing bike outdoor 1150 7496
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cyclist-man-racing-bike-outdoor_1150-7496.jpg

朝の出勤や通学、またはそれ以外で電車ではなく自転車に切り替えることで感じられるのは、その爽快感。自転車でのサイクリングのダイエットは、爽快感も感じることが出来る。ストレスの多い電車での通勤や通学などの移動に比べれば、自転車でダイエットを兼ねて移動することで、快適にほどよくカロリー消費をすることもできる。

1 / 3