Hcutykietxhwxsauyjsx

健康

CATEGORY | 健康

1日3食が体に悪いって本当?食べ過ぎや老化への影響を詳しく解説

2019.03.11

日本人の食生活として、1日に3食食べる方がほとんどだと思います。しかし、1日3食は食べ過ぎ・体に悪いという説が存在します。さらに、太る原因や老化に影響があると言われることも。今回は1日3食の悪影響についてご紹介したいと思います。

  1. 1日3食は体にいい?体に悪い?
  2. 1日3食はいつから始まった?
  3. 1日3食が体に悪いと言われている原因・理由は?
  4. 1日3食のメリットとは?
  5. 1日3食では老化への影響がある?
  6. 1日3食はおすすめ!
引用: https://googirl.jp/img/14/04/1404179top.jpg
1日3食は多くの方が体にいいと耳にしますよね。しかし最近、1日3食は体に悪いという噂も流れています。もちろん必ずしも体に悪いというわけではないのですが、1日3食にも注意するべき点は存在します。しっかりと1日3食について把握しているとダイエットにも効果的なので、今回は1日3食についてご紹介したいと思います。
引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2014/11/image47-300x225.jpg
皆さんは生まれた頃から1日3食スタイルだったと思いますが、この1日3食はいつから始まったのでしょうか?1日3食は日本では江戸時代の頃から始まったとされています。昔は食べることもなかなか難しかったのですが、江戸時代の頃では多くの方が1日3食スタイルを作っていたと言われています。このため、日本人の多くは1日3食が身体に馴染みやすいと言えます。
引用: https://goripedia.com/wp-content/uploads/2018/06/bread-breakfast-coffee-374052-600x400.jpg
1日3食スタイルが日本の方に馴染みやすいとご紹介しましたが、最初にも挙げたように体に悪いという噂も存在します。これは何故かと言うと1日3食食べていると、ついつい食べすぎてしまうためと言われています。そのため1日3食を食べると太るというイメージが多くの方についています。食べ過ぎはもちろんダメですが、1日3食は摂取量も考える必要があると言えます。
引用: https://seniorguide.jp/img/sng/docs/1050/016/170317osake00.jpg
さらに、1日3食が太る原因とされているのが、食事の際に飲むお酒です。お酒を飲まない方は比較的太りにくいと言われているのですが、食事と一緒にお酒などを沢山飲む方はやはり太りやすいです。特にビールなどは、単体でもかなりのカロリーになります。食べ過ぎ以外にも飲み過ぎに注意する必要があります。
引用: https://i2.wp.com/nomad-saving.com/wp-content/uploads/2015/10/lunch_.jpg?fit=728%2C546&ssl=1
1日3食が体に悪いと言われている原因・理由をご紹介しましたが、次は1日3食が体にいいと言われているメリットをご紹介したいと思います。先にご紹介するとやはり1日3食は理想的と言えます。次のような点で体に大きなメリットがあるとされていますのでぜひご参考いただけたらと思います。

1日3食のメリット:①バランスの良い食事が取れる

引用: http://www.bc-project.jp/wp-content/uploads/2016/01/6767d85128e04867bd68f6d1243254f6.jpg
最初に挙げられる1日3食のメリットはバランスの良い食事ができるという点です。一日同じ量のカロリーを摂取しようとした場合、1日3食と1日2食では食事の内容が大きく変わりますよね。高カロリーのものを摂取するのも良いのですが、高カロリーのものばかり食べていると必要カロリーに到達していても栄養面においてバランスが悪い場合が多いです。そのため、1日3食といった食べる回数を分けてカロリーを細かく摂取していくことでバランスの取れた食生活にすることができます。

1日3食のメリット:②体に負担が少ない

引用: https://contents.gunosy.com/3/2/d585e9e2c4ff3caa8982b5caa83b02f5_content.jpg
次に挙げられる1日3食のメリットは体に負担が少ないです。これは先程ご紹介したメリットと似ているのですが、食べる回数を多くすることによって少しずつ消化し、体に負担が少ないようにできます。一度に消費できるカロリーはもちろん決まっているので、この摂取カロリー以上の食事をすると栄養が脂肪に回り、太る原因に繋がります。そのため、回数を分けて少しずつ消費していくと太りにくい食生活になります。

1日3食のメリット:③体内リズムができる

引用: https://www.life-rhythm.net/wp-content/uploads/2016/12/matsui_suimin-e1481290123473.jpg
次に挙げられる1日3食のメリットは体内リズムができることです。というのも、1日3食と言えば多くの方がイメージするのが朝昼晩ですよね。朝は体を動かすための栄養補給・昼は継続して身体を動かすための栄養補給・夜は消費したエネルギーの補填・次の日のための栄養補給の意味があります。このような生活リズムを作っていくことによって身体の体内リズムができ、体が順調に機能しやすいので1日3食は大切と言えます。
引用: https://cdn.serai.jp/wp-content/uploads/2018/02/pixta_13987812_S-500x333.jpg
1日3食のメリットについてご紹介しましたが、1日3食は老化にも大きな影響があると言われています。先程もご紹介したように、1日3食は身体のリズムを作ることができます。そのため、一定のリズムを繰り返す・習慣化させることで老化やボケ防止になります。
引用: https://i0.wp.com/inim.online/wp-content/uploads/2018/10/melissa-walker-horn-637092-unsplash.jpg?fit=699%2C466&ssl=1
今回は1日3食についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。1日3食は大切で、太らない体作りを行うことができます。さらに、1日3食は体に負担が少ないので多くの方におすすめです。1日3食はついつい食べすぎてしまうことから体に悪いと言われているので食べ過ぎに注意するようにしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://biz-journal.jp/images/post_12440_20151115.jpg