Yiuuf1pd8wvpwvapbgmh

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

カラーチャートで似合う髪型探し!グレーやアッシュに挑戦したい方必見

2019.03.14

髪を染めるときは色や髪型を考えますよね。カラーチャートを見ながら決めると自分にあった髪型を選びやすいです。最近は髪でもグレーやアッシュが人気で、市販のカラー剤も販売されています。今回は、カラーチャートの見方やおすすめの髪型についてご紹介します。

目次

  1. 髪を染めるときはカラーチャートを見るのがおすすめ!
  2. 髪色を決めるときにおすすめのカラーチャートとは?
  3. カラーチャートは人毛ベースとカラー剤ベースが存在
  4. カラーチャートの見方【明度編】
  5. カラーチャートの見方【色味編】
  6. グレーやアッシュにしたい場合のおすすめの髪型は?
  7. 髪を染めるときのおすすめの周期は?
  8. カラーチャートの見方を把握して綺麗な髪色に!
Original
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.lovely-media.jp/production/posts/eyecatches/000/003/975/original.jpg?1510583088

皆さんは髪を染めるときはどのような点を意識していますか?最近では髪を染める方も多く、それぞれの個性を表している方も多いです。特におしゃれな方は髪型・髪色と合わせてコーディネートする方が多いです。髪色は、カラーチャートを見ながら選ぶと自分の理想の髪色に近づけることができます。今回はそのようなカラーチャートの見方やおすすめの髪型などをご紹介したいと思います。

Images?q=tbn:and9gctueizkfazmqzxsmumanne gyqtzivqsnkiv7 b0zwqzbn1s74d
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTueizkfAzMqzXSmuMaNne-GYQtzIvQSnKiV7-B0zWqzBn1S74d

髪色を決める際におすすめのアイテムがカラーチャートです。カラーチャートは聞いたことがある方も多いと思いますが、上記に画像のようなものをイメージする方も多いと思います。上記の画像のカラーチャートはイラストをパソコンなどで書く際に使うものですが、このカラーチャートと同じものが髪用にも存在します。そのため、髪の色で悩んでいる方などはカラーチャートを見て決めるのが好ましいです。

518rehduorl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518rEhdUOrL.jpg

先程ご紹介した髪色を決めるときに役立つのがカラーチャートですが、カラーチャートには人毛ベースとカラー剤ベースのものがあります。このカラーチャートは市販のものも販売されています。主に美容室で使用されていることがほとんどですが、販売されている市販のカラーリング剤にも応用できます。人毛ベースの場合は最終的に人から見える状態で、カラー剤ベースはカラー剤の色から判断するタイプとなっています。

ヘアカラーチャート(A5両面シート)
価格 ¥ 1,580

ヘアカラーチャートには人毛ベースとカラー剤ベースがあることをご紹介しましたが、次はカラーチャートの見方についてご紹介したいと思います。カラーチャートを美容室で出されても見方がわからない時が多いですよね。まず最初は明度・明るさについてご説明します。

8908fab741b758e8bc3cfe00f07e346fa5b14baa8248d0ddacce0544d71a7fb8
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/ZAaLYKdn2CxLKUXomrUO9W3SCwINrFWZ/1/8908fab741b758e8bc3cfe00f07e346fa5b14baa8248d0ddacce0544d71a7fb8.jpg

明るさは左側に記載されている明るさレベルから判断します。レベルでも5~6では地毛と変わらない程度の明るさで、7~9は地毛よりもやや明るい明るさ、13以上になるとブリーチをしている状態になり、かなり明るい状態になります。職場や学校で制限がある場合は6~9までにおさえることが無難と言えます。

51fehicnhll
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51fehIcNHlL.jpg

次にご紹介するのはカラーチャートでも色味についてです。縦列の数字を書いているのが明るさレベルとご紹介しましたが、横は色味(ティント)になります。レッドやブラウン・ブルーなどと言った色味が存在しますが、上記の画像をご覧頂いてもわかるように、ブラウン一つとっても様々な色が存在します。そのため、まずは自分の好きな色・染めたい色を見つけてから明るさレベルを選ぶと自分の希望の色に染めることができます。販売しているカラーチャートではこの色の種類も大きく異なるので、市販のものを購入する際には色味の多さもチェックしましょう。

1 / 2