Tkyw8qtadwwwdwycojqe

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

手首痩せで手元から美しく!たるみがスッキリするストレッチを実践!

2019.03.11

「手首にたるみが…」そんな悩みを抱えているそこのあなた、手首痩せのためにストレッチを習慣づけてみませんか?手首を細く保ち、たるみを取るためにはストレッチが欠かせません。今回は手首痩せ、そして足首痩せについて解説していきます。

目次

  1. 手首や足首のたるみ。その原因は?
  2. 【手首&足首を痩せて細く!たるみ解消ストレッチ!】グーパー運動
  3. 【手首&足首を痩せて細く!たるみ解消ストレッチ!】おいでおいで
  4. 【手首&足首を痩せて細く!たるみ解消ストレッチ!】手首ツイスト
  5. 【手首&足首を痩せて細く!たるみ解消ストレッチ!】足首ツイスト
  6. 道具なしで簡単ストレッチ!美しい手首、足首を目指そう!
Piano hand wrist thumbnail
引用: https://pianofan.jp/wp-content/uploads/piano-hand-wrist-thumbnail.jpg
4doycfxinpd7uqy1tsujp6ubuzagd25ennkbfxu2
引用: https://images.yogajournal.jp/article/16899/4DoYCfxiNPD7uQY1TSuJp6UBuzAGd25ennkBFXu2.jpeg

「手首や足首にたるみがあって少し太く見える、だらしなく見える」という方、そのたるみの原因知ってますか?手首や足首のたるみの原因は【老廃物】、または【血流が悪い】ところにあります。日本人はどうしてもデスクワークが多く、パソコンやスマートフォンを長時間いじっていると、手首や足首は全く動かさなくなります。そのせいで動かさなくなった部分の血液の循環が悪くなり、その部分に老廃物が溜まってしまうのです。今回はそんなたるみを解消し、細くするストレッチをご紹介致します。

200b2 1603 b3b70490e14f86c3a8148feb70105169
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/0/200b2_1603_b3b70490e14f86c3a8148feb70105169.jpg
Card
引用: https://spicomi.net/media/uploads/article/image/812/card____.jpg

まず手首痩せの方法からですね。紹介するのは「グーパー運動」です。その名の通り手のひらをグー、パーと交互に作っていく、ただそれだけのストレッチです。なんだそんなこと、と思いきや、日常生活でなかなか手の平を大きく開く瞬間ってないですし、思い切り握ることもないので、実はこのストレッチ、かなり効くのです。やり方は胸の高さで腕を前に突きだし、グー、パーを交互に10回行います。終わったら腕を高く上に上げてグー、パーを10回、たったこれだけです。勿論毎日継続が重要なので、毎日行いましょう。

Img
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/1/6/5/7/2/IMG.jpg
Pixta 33136592 s 450x383
引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/08/pixta_33136592_S-450x383.jpg

手招きの動作、「おいでおいで」がありますよね。この動作を大げさに、詳しくいうと手首の根元から大きく動作させることでかなり有効なトレーニングになります。手首を内側に大きく動作させる、外側に大きく動作させる、この連続によって凝固した血液が流れだし、老廃物が流れていきます。内側、外側をセットにして、胸の高さで10回、大きく上に上げて10回行いましょう。学校の体育での準備体操でやった手首ブラブラと根本的な原理は同じ、しっかりと大げさに動作させましょう。

7
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/1/6/5/7/2/7.JPG
8
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/1/6/5/7/2/8.JPG

こちらも簡単なストレッチ、ツイストです。読んで字の如く手首を捻るストレッチとなっており、この効果は非常に大きくなっています。やり方は簡単、手を万歳のような形で掲げ、外側に捻る、内側に捻る、を繰り返していきます。このとき素早く捻るのはNG、痛める可能性があります。しっかり捻られる感覚を実感しながらゆっくり捻りましょう。内側に捻る時に息を吐き、外側に捻る時に息を吸うようにするとなおgood。この動作を外と内で10回行い、毎日継続しましょう。

1 / 2