Q1vqrpzng3y0ab1arms4

トレーニングメニュー

CATEGORY | トレーニングメニュー

僧帽筋のトレーニング方法!チューブ・ダンベル・自重のメニューを!

2019.03.04

僧帽筋のトレーニングを行えば、見た目にもたくましい背中を作ることが出来る。チューブやダンベル、自重トレーニングからマシンを使ったトレーニングまで、女性でも簡単に行える。僧帽筋を鍛えるメリットを含めて、トレーニング方法をご紹介しよう!

  1. 女性でも簡単に行える!僧帽筋のトレーニング方法とは?
  2. 男性・女性の後姿を美しく!僧帽筋についておさらいしよう
  3. 僧帽筋を鍛えるメリット①:肩こりの防止
  4. 僧帽筋を鍛えるメリット②:引き締まったからだを作る
  5. 僧帽筋を鍛えるメリット③:姿勢が良くなる
  6. 自宅でも出来る!僧帽筋のトレーニング方法①:デクラインプッシュアップ
  7. 自宅でも出来る!僧帽筋のトレーニング方法②:ダンベルシュラッグ
  8. 自宅でも出来る!僧帽筋のトレーニング方法③:アップライトローイング
  9. 自宅でも出来る!僧帽筋のトレーニング方法④:シーテッドロウマシン
  10. 自宅でも出来る!僧帽筋のトレーニング方法⑤:チンニング
  11. 僧帽筋を鍛え上げて、逞しく美しい背中を作り上げよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/muscular-bodybuilder-guy-back_1163-3559.jpg
美しい背中を作るだけでなく、肩こりなどになりにくい体を作ることが出来る僧帽筋のトレーニング。トレーニング方法には自重トレーニングや、ダンベルやマシンを使ったトレーニング、また自宅でも行えるチューブトレーニングなど様々。果たして、僧帽筋を鍛えるメリットはどんなところにあるのか。トレーニング方法も含めて、僧帽筋のを鍛える方法をご紹介しよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sporty-woman-working-out-with-weights-rear-view_1163-1855.jpg
僧帽筋は、首から肩甲骨あたりに伸びる大きな筋肉。僧帽筋というひとつの筋肉として知られる僧帽筋は、全部で上部・中部・下部と3つの筋肉に分けることが出来る。胸を張る・肩をすくめるなど、それぞれの部位が役割を担っており、人体の中の重要な筋肉のひとつ。僧帽筋を鍛えるメリットは、具体的にどんなものになるのだろうか。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/body-woman-athlete_1208-269.jpg
ストレッチの際に動かすこともある僧帽筋。僧帽筋を鍛えるメリットとして、肩こりの防止や改善が挙げられる。僧帽筋を鍛えることによって、その部位の血流が改善されことにより体温も少し上がり、肩こりの防止や改善に役立つ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/back-view-woman-performing-pull-ups_23-2147789572.jpg
背中の大きな筋肉のひとつである僧帽筋は、しっかりと鍛え上げることで上半身を逞しく引き締まった体を作る。男性であれば大きな背中を作るのに貢献し、女性であれば綺麗で美しい背中を作ることが出来るだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/muscular-woman-his-back-lifting-weights-black-background_1208-267.jpg
猫背などの姿勢が割る状態は、肩こりやお腹の出っ張りなど、さまざまな症状を引き起こす。良い姿勢を作るためにも鍛えるメリットがある僧帽筋は、姿勢を正して普段の立ち姿などを美しくしてくれる。
自重トレーニングとなるデクラインプッシュアップは、両足を高い位置に置き、プッシュアップを行うトレーニング。すこし大きめに腕を広げて、僧帽筋に効くような体勢で行う。僧帽筋を意識しながら行いたい。
ダンベルシュラッグは、適度な重量のダンベルを両手に持ち、肩を上下しながら僧帽筋に効かせていく。このとき、体勢が前に出てしまうと負荷を逃してしまうので、しっかりと上に持ち上げてトレーニングを行おう。
自宅でチューブを使って行うことが出来るアップライトローイング。少し眺めにチューブを取り、両端で踏みながらグリップを首元まで持ち上げる。僧帽筋や三角筋に作用し、鍛え上げることが出来る。
ジムにあるシーテッドロウマシンを使ったトレーニング。適切なポジションに腰掛けて、ハンドルを押しながら背中に効かせていく。適度な負荷を設定して、無理のないトレーニングを心がけよう。
チンニングは懸垂運動の事を差し、バーを両手で持ちながら体を持ち上げていく。体のバランスを取り、肘の位置に気をつて体を持ち上げていこう。他のトレーニングと違い、細かい点に注意してトレーニングを行えば、僧帽筋に効かせることが出来る。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/back-view-woman-exercising-with-dumbbells_23-2147789670.jpg
僧帽筋は、姿勢の良さはもちろん、美しく逞しい背中づくりに必要なトレーニング。自重トレーニングを始め、ダンベルやマシンを使ったトレーニングなど、その種類は豊富。自宅で出来るものから始め、いろいろな方法を試してみたい。僧帽筋を鍛え上げて、逞しく美しい背中を作り上げよう!