Ylz22dl2qzi1mz3swa8e

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

縄跳びのコツを動画で解説!これで二重跳びもあやとびも飛べる!

2019.02.18

縄跳びのコツを覚えれば大人はもちろん、幼児・子供もグングン上達していくこと間違いなし!シンプルだからこそ奥が深い縄跳びのコツを分かりやすい動画と合わせて解説していきます。この動画を見れば二重跳びやあやとびも飛べるようになります。

目次

  1. 縄跳び上達のためのコツをご紹介!
  2. 縄跳びの基本!前跳びのコツを動画で解説
  3. 【幼児向け】縄跳びのコツを動画で解説①:「その場でジャンプ」
  4. 【幼児向け】縄跳びのコツを動画で解説②:「縄の持ち方」
  5. 【幼児向け】縄跳びのコツを動画で解説③:「1回ずつ回してジャンプ」
  6. 【幼児向け】縄跳びのコツを動画で解説④:「片手で縄を回してジャンプ」
  7. 【幼児向け】縄跳びのコツを動画で解説⑤:「連続ジャンプ」
  8. 【子供・大人向け】縄跳びの技のコツを動画で解説①:「交差跳び」
  9. 【子供・大人向け】縄跳びの技のコツを動画で解説②:「あやとび」
  10. 【子供・大人向け】縄跳びの技のコツを動画で解説③:「二重跳び」
  11. 【子供・大人向け】縄跳びの技のコツを動画で解説④:「はやぶさ」
  12. おすすめ縄跳び3選
  13. 縄跳びのコツを理解して技をマスターしよう!
Oulzprvm8nz0v70m2cat
引用: https://instagram.com/p/Bt-FhCYANYN/

縄跳びは誰しもがやったことがあると思います。幼児でも行うことができる縄跳びですが、幼児にとってジャンプと縄を回すという動作を同時に行わなければならない縄跳びは頭と体が混乱してしまい、上手にできないことも珍しいことではありません。そんな幼児にも分かりやすい前跳びの飛び方と大人や子供でも分かりやすい縄跳びの技の飛び方を動画で解説していきます。

Rw07j14yb3fbsk3rleef
引用: https://instagram.com/p/BtxtHJ3grOK/

小さなお子さんがいるお父さん、お母さんの中には縄跳びの跳び方を上手に教えられずに困っている人もいるかと思います。縄跳びに慣れてしまうと感覚でできてしまう前跳びはシンプルだからこそ教えるのが難しいものでもあります。縄跳びの基本である前跳びのコツをしっかりと理解した上でお子さんに教えなければ的確かつ丁寧にアドバイスしてあげられないので、動画と共に縄跳びの前跳びのコツを理解していきましょう。

縄跳びが苦手なお子さんには、まずジャンプの感覚を身に付けさせる必要があります。最初は縄を持たず、その場で身体を真っすぐに伸ばしてつま先でジャンプを繰り返し練習しましょう。縄跳びが苦手な子は膝を大きく曲げながらジャンプをしてしまうクセがあるので、この段階で直してあげましょう。跳ぶ感覚が身についてきたら、大人がお子さんの肩に手を当ててボールをドリブルするように肩を押してあげます。この方法で身体が弾む感覚も身に付けさせることができます。

縄の持ち方も縄跳びを上達するためには大事なポイントとなります。縄跳びの正しい持ち方としてはリモコン持ちが理想的です。リモコン持ちとは指を揃えて縄跳びのグリップを握り、親指を軽く伸ばしそえる持ち方。お子さんには「リモコンを持つように握ってごらん」と教えてあげると良いでしょう。

縄を正しく持ったら、1回ずつ回してジャンプの練習をしましょう。最初はゆっくりでいいので、縄を回して足元に縄がきたら落ち着いて跳び越える、という動作を繰り返して、ジャンプしながら縄を回すという動きに慣れさせるようにしてあげます。お子さんはこの時に無意識のうちにジャンプの悪い癖がでてしまうことがあるので、大人がしっかりと最初に行った「その場でジャンプ」と同じ動作になるように教えてあげましょう。

1 / 4