Eyhaov4tbnwdhkjyklcz

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

二人暮らしの初期費用が知りたい!なににいくらかかる?疑問を解決!

2019.02.18

二人暮らしを始めるときに気になるものと言えば初期費用。初期費用を知っておくといざと言うときに役に立ちます。そこで今回は二人暮らしの初期費用についてご紹介。相場や家電や家具にかかるお金、東京や大阪など地方によっての違いなどもまとめました。

目次

  1. 二人暮らしの初期費用についてご紹介!
  2. 【二人暮らしの初期費用特集】①家賃の初期費用相場
  3. 【二人暮らしの初期費用特集】②おすすめの家の広さは?
  4. 【二人暮らしの初期費用特集】③家電の初期費用相場
  5. 【二人暮らしの初期費用特集】④家具の初期費用相場
  6. 【二人暮らしの初期費用特集】⑤東京で二人暮らしするときの初期費用
  7. 【二人暮らしの初期費用特集】⑥大阪で二人暮らしする時の初期費用
  8. 【二人暮らしの初期費用特集】⑦その他意外とかかりがちな費用
  9. 【二人暮らしの初期費用特集】⑧二人暮らしのメリットとは?
  10. 二人暮らしの初期費用を知って新生活をスタート
Sawbjz0zblnhlznysdro
引用: https://www.instagram.com/p/Bt47VC0nP1j/

二人暮らしをする時に気になってくるのが経済的な負担。特に、二人暮らしをスタートする際の初期費用は非常に気にかかるところです。
そこで以下では、二人暮らしの初期費用の相場や家電、家具にかかる金額をご紹介。
東京や大阪で二人暮らしをする時の違いなどについてもまとめました。
これから同棲にチャレンジしよう、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Hatommatuyevmbus6f1x
引用: https://www.instagram.com/p/Bt5o1P2ndpu/

おおむね家賃の5~6倍ほどを見積もっておこう

Carsso0ow3klyc8zufgc
引用: https://www.instagram.com/p/Bt4kenTHCzm/

まずは二人暮らしをする時の家賃の初期費用相場をご紹介します。
二人暮らしをする時には、改めて家を借りるなんて方も多いでしょう。
家を借りるときの初期費用は、敷金と礼金で家賃の1か月分ずつ、前家賃で1~2か月、不動産屋さんへの仲介手数料でさらに家賃1か月分が最低でもかかってきます。
合計すると家賃の5~6か月分ほどは用意しておく必要があります

礼金や敷金によってはもっとかかる場合も

Cljlo7kgxt7a65lkrwys
引用: https://www.instagram.com/p/Bt4WUT2Hw2n/

敷金や礼金は物件や地方によっても大きく変わってくるので要注意。
敷金2か月、礼金2か月なんて物件も多いので家賃用の初期費用は多めに用意しておくのがおすすめです。
十分予算に余裕がないとなかなか二人暮らしを始めるのは難しいと言えるでしょう。

2K以上は欲しいところ

V0ok27wmssco0ihgh9lh
引用: https://www.instagram.com/p/Bt3WfdVHAXw/

二人暮らしを始めるにあたって、部屋の広さというものも重要になります。
二人暮らしをするときには、最低でも2K以上の広さがあると良いと言われています。1Kや1LDKでは一つの部屋にずっと一緒にいることになるので避けるのがベターです。またお風呂トイレは別にすると女性の方がストレスが溜まりづらくおすすめです。

2LDK以上あるとよりゆったり

Ib711bfc4rdgzxj71heg
引用: https://www.instagram.com/p/BnLrS4-gtdh/

二人暮らしにおすすめの間取りは、ずばり2LDK。リビングダイニングに寝室と言った間取りで、広々としたリビングダイニングは二人暮らしをするのにぴったりです。
2Kよりもリビングスペースに余裕があるので、ソファなどを配置しゆったりリラックスできる空間を作り上げましょう。

20万円ほどは必要とのこと

P1eqtnz4zilzlrujgqvn
引用: https://www.instagram.com/p/Bs7lc1QnvrE/

家電の初期費用ですが、おおむね20万円程度が相場だといわれています。
20万円のうちわけとしては、テレビ、洗濯機、冷蔵庫などが各5万円ずつ、そこに細々とした生活家電が加わることにより20万円程度が必要と言うことになるのです。
家電ではありませんが、PCなどが加わるとさらに高額になるので注意が必要です。

1 / 3