Uvcw2crcsfivvadbxzfl

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ドライバーの選び方がわからない方へ!初心者でもわかる比較ポイント!

2019.02.18

ゴルフクラブの中でも最も重要なドライバー。しかし、一口にドライバーと言っても色々な種類があり迷ってしまいますよね。そこで今回はドライバーの選び方をご紹介。初心者におすすめの選び方や飛距離の出るもの、シャフトの硬さによる違いなどもお送りしていきます。

目次

  1. ドライバーの選び方ってどうするの?ポイントをご紹介!
  2. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】①飛距離を出すドライバーとは?
  3. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】②初心者におすすめのドライバーとは?
  4. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】③シャフトの硬さ色々
  5. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】④ロフトの角度も重要
  6. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑤最新のドライバー事情
  7. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑥ドライバーを選ぶときに気を付けること
  8. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑦初心者におすすめのモデル
  9. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑧経験者におすすめのモデル
  10. 適切なドライバーを選んでゴルフをもっと楽しく!
Khar3rxds5md2js90n2c
引用: https://www.instagram.com/p/BtvOMZUH3az/

ゴルフをプレイするときに欠かせないものと言えばドライバー。ティーショットの飛距離を出すために使うドライバーは慎重に選びたいものです。
そこで以下ではゴルフドライバーの選び方を大特集してご紹介。
飛距離を出せるドライバーの原則や初心者が選ぶときのポイントなどをまとめてお送りしていきます。
最後にはおすすめのモデルなどもご紹介するので、ドライバー選びに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

重いクラブほど飛距離が出やすい

V46llminbsmzam8jprn7
引用: https://www.instagram.com/p/BU0VXs5g-Hp/

ドライバーの原則として、飛距離が出るドライバーはある程度の重さが必要となります。
重ければ重いほどヘッドスピードが上がり、打球を強く飛ばせるためです。とはいっても、いたずらに重くするのではなく自分のスイングスピードに合った重さのものを選ぶのが重要です。
重すぎるとダフりが出やすくなる可能性もあるので、体力や技術と相談しましょう。反対に軽いとミート率が下がってしまう可能性もあります。

シャフトが長いのも飛距離が出る

Tak1ei47ipzf9fyidryz
引用: https://www.instagram.com/p/BCkpXA6gZBY/

シャフトと呼ばれるクラブの柄の部分の長さも飛距離に影響を及ぼします。
長ければ長いほど遠心力がかかるため、ボールを遠くに飛ばすことが可能になるのです。
こちらも重さと同様に自分に合った長さのものを使うのが重要。長すぎるとミートするのが難しくなり、短すぎるとボールが前に飛びづらくなります。

シャフトの硬さも飛距離に影響

Uw0y8sl8qaju8oinlzlf
引用: https://www.instagram.com/p/BoQyVp3Af29/

シャフトはある程度しなるように作られているのが一般的。これをシャフトの硬さと言います。
シャフトの硬さが強ければ強いほど、ボールに力をロスなく伝えることができるので飛距離は出やすくなる傾向になります。
しかし、硬すぎる場合は振ること自体がストレスになりやすく、フォームを崩す原因ともなるので十分注意しましょう。

少し重めのドライバーを選ぶのがおすすめ

Ztfg3canje09ozfxujfu
引用: https://www.instagram.com/p/BhT5OaCFu8i/

初心者におすすめのドライバーは、「やや重めのものを選ぶ」というのが一般的。
初心者=軽いクラブと思われがちですが、やや重いものの方がスイングが安定するので使いやすくなります。
体重が60kg程度の方ならば290~320gの間あたりの重さを選ぶと良いでしょう。
女性の場合は、これよりもやや軽めにするとスイングしやすくなります。

1 / 4