Uvcw2crcsfivvadbxzfl

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

ドライバーの選び方がわからない方へ!初心者でもわかる比較ポイント!

2019.02.18

ゴルフクラブの中でも最も重要なドライバー。しかし、一口にドライバーと言っても色々な種類があり迷ってしまいますよね。そこで今回はドライバーの選び方をご紹介。初心者におすすめの選び方や飛距離の出るもの、シャフトの硬さによる違いなどもお送りしていきます。

  1. ドライバーの選び方ってどうするの?ポイントをご紹介!
  2. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】①飛距離を出すドライバーとは?
  3. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】②初心者におすすめのドライバーとは?
  4. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】③シャフトの硬さ色々
  5. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】④ロフトの角度も重要
  6. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑤最新のドライバー事情
  7. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑥ドライバーを選ぶときに気を付けること
  8. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑦初心者におすすめのモデル
  9. 【ゴルフドライバーの選び方をご紹介!】⑧経験者におすすめのモデル
  10. 適切なドライバーを選んでゴルフをもっと楽しく!
引用: https://www.instagram.com/p/BtvOMZUH3az/
ゴルフをプレイするときに欠かせないものと言えばドライバー。ティーショットの飛距離を出すために使うドライバーは慎重に選びたいものです。 そこで以下ではゴルフドライバーの選び方を大特集してご紹介。 飛距離を出せるドライバーの原則や初心者が選ぶときのポイントなどをまとめてお送りしていきます。 最後にはおすすめのモデルなどもご紹介するので、ドライバー選びに迷っている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

重いクラブほど飛距離が出やすい

引用: https://www.instagram.com/p/BU0VXs5g-Hp/
ドライバーの原則として、飛距離が出るドライバーはある程度の重さが必要となります。 重ければ重いほどヘッドスピードが上がり、打球を強く飛ばせるためです。とはいっても、いたずらに重くするのではなく自分のスイングスピードに合った重さのものを選ぶのが重要です。 重すぎるとダフりが出やすくなる可能性もあるので、体力や技術と相談しましょう。反対に軽いとミート率が下がってしまう可能性もあります。

シャフトが長いのも飛距離が出る

引用: https://www.instagram.com/p/BCkpXA6gZBY/
シャフトと呼ばれるクラブの柄の部分の長さも飛距離に影響を及ぼします。 長ければ長いほど遠心力がかかるため、ボールを遠くに飛ばすことが可能になるのです。 こちらも重さと同様に自分に合った長さのものを使うのが重要。長すぎるとミートするのが難しくなり、短すぎるとボールが前に飛びづらくなります。

シャフトの硬さも飛距離に影響

引用: https://www.instagram.com/p/BoQyVp3Af29/
シャフトはある程度しなるように作られているのが一般的。これをシャフトの硬さと言います。 シャフトの硬さが強ければ強いほど、ボールに力をロスなく伝えることができるので飛距離は出やすくなる傾向になります。 しかし、硬すぎる場合は振ること自体がストレスになりやすく、フォームを崩す原因ともなるので十分注意しましょう。

少し重めのドライバーを選ぶのがおすすめ

引用: https://www.instagram.com/p/BhT5OaCFu8i/
初心者におすすめのドライバーは、「やや重めのものを選ぶ」というのが一般的。 初心者=軽いクラブと思われがちですが、やや重いものの方がスイングが安定するので使いやすくなります。 体重が60kg程度の方ならば290~320gの間あたりの重さを選ぶと良いでしょう。 女性の場合は、これよりもやや軽めにするとスイングしやすくなります。

ヘッドが大きいものが使いやすいと人気

引用: https://www.instagram.com/p/BrJuEIzF6eW/
初心者が使いやすいドライバーとしては、大きめのヘッドのものを選ぶというのも原則の一つ。 ヘッドが大きいことで、初心者でもボールにミートしやすくなり、快適にプレイすることができるようになります。 ルールギリギリの460cと表記されているものを選ぶようにすると安心です。

しなりすぎるシャフトは男性は使いづらいことも

引用: https://www.instagram.com/p/BtwFlM2l30T/
シャフトの硬さについてですが、シャフトの硬さは大きく分けてL、A、R、S、Xと分類されています。 LやAの硬さは女性向け、R~Xまでが男性向けで、Xに向けてだんだんと硬くなっていきます。 初心者はA~R程度、ある程度体力に自信がある方はR~S当たりの硬さを選ぶと良いでしょう。 シャフトの硬さは、スイングスピードによって選ぶのが一般的で、気になる方は一度自分のスイングスピードを図ってからクラブを選ぶようにすると安心です。

ブランドによって硬さが異なる可能性あり

引用: https://www.instagram.com/p/BtLfANZFFjN/
シャフトの硬さはブランドによって、SやRなどと表記されていても微妙に違うので要注意。 ブランド間で硬さの統一はされていないのが現状です。 また、同じ硬さでもスイングの仕方などによっても感じ方が変わってくるので、購入の際はゴルフショップなどで試すのが確実と言えるでしょう。

初心者はロフト角が大きめのものを

引用: https://www.instagram.com/p/BggJ5ctFfoN/
ドライバーには「ロフト角」と呼ばれるものがあります。 ロフト角とはヘッドを地面に垂直にしたときの角度のこと。これが大きいとボールが上に飛びやすくなり、ボールを捕まえやすくなります。その反面、球が上に上がりすぎてしまう危険もあるので、角度のつけすぎにも注意しましょう。 一般的と言われているのは、10.5度程度。10.5度は誰でも使いやすいおすすめのロフト角です。

こちらも表記されている角度と実際の角度が違う可能性あり

引用: https://www.instagram.com/p/BNZLeusgjoP/
ちなみにロフト角もブランドによって表記と実際の角度が違うことがあるので注意。 おおむね表記されている角度よりも大きめに作られていることが多いようです。これはゴルファーのプライドを考慮していると言われており、角度が広い=初心者、のように考えるゴルファーが多いことに起因しています。

最新モデルは調整機能付きのものが多い

引用: https://www.instagram.com/p/BtZ9xBogpMB/
最新のドライバーは、ヘッドに調整機能がついているものが多くなっています。 ヘッドに重りがついており、これを動かすことによって自身のスイングや球の飛び方を調整することが可能です。 今からドライバーを購入する方はできれば調整機能付きのものを選ぶと良いでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BUs_SLjjxst/

自分の癖に合わせて選ぶこと

引用: https://www.instagram.com/p/BtNpJwCH24e/
ドライバーを選ぶときに気を付けることは、「自分の癖や球の飛び方に合ったものを選ぶ」ということ。 道具でスイングをサポートしてくれたり、矯正してくれたりするものを選ぶのがおすすめです。 例えばスライスしやすい方はスライス防止機能が強いクラブを選ぶ、と言った具合です。

初心者の方は上級者に選んでもらうのもおすすめ

引用: https://www.instagram.com/p/BshGVtWFqe-/
自分の癖なんてわからない、なんて初心者の方は上級者の方と一緒に選ぶのがおすすめ。 実際にクラブを振ってみて、客観的な意見をもらうようにするとドライバー選びが失敗しづらくなります。

TAYLOR MADE M2

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81P5ahk5bQL._SL1500_.jpg
TAYLOR MADE(テーラーメイド) 2017 M2 ドライバー TM1-217カーボンシャフト メンズ 右利き用
価格 ¥ 36,700 - ¥ 37,000
ここでは初心者におすすめのドライバーをご紹介していきます。 まずはこちらの「TAYLOR MADE M2」です。まっすぐ球を飛ばす性能が高く、スピンが少ない球が打てるため飛距離も上々。シンプルな形状と作りで誰が使用しても使いやすいモデルとなっています。 プロも使うクラブとなっており、過去にはあのタイガーウッズも使用したモデルです。

ピン G SERIES G400 SF TEC

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xDczHtC6L._SL1000_.jpg
ピン G SERIES G400 SF TEC ドライバー ALTA J CB ドライバー シャフト:ALTA J CB 10 SFT度 R 45.75インチ
価格 ¥ 34,800
こちらの「ピン G SERIES G400 SF TEC 」はとにかくスライスしづらいと評判のドライバー。 ミスショットへの許容性が高く、ある程度ボールをとらえていればクラブの方で球をまっすぐに運んでくれます。 球のつかまりも良いので、初心者も使いやすいドライバーです。

キャロウェイ ROGUE STAR

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AF4YYmmlL.jpg
CALLAWAY(キャロウェイ) ROGUE(ローグ) STAR ドライバー Speeder EVOLUTION for CW 50
価格 ¥ 49,680
軽量化と重量バランスの良さが売りなのがこちらの「キャロウェイ ROGUE STAR」です。 経験者におすすめなドライバーで、ヘッドがたわまず、フェースは反発性能が従来モデルよりも挙げられているので、ボールがグングン伸びると評判。プロも愛用しているクラブとなっています。

TAYLOR MADE M4

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71AflPvLn8L._SL1500_.jpg
MWD M4 ドライバー
価格 ¥ 29,500
ツイストフェースという独特の形状を採用したモデルがこちらの「TAYLOR MADE M4」。ねじれたフェースは、ボールに最適な力を加えてくれるため弾道のばらつきを少なくするのはもちろん、高飛距離も約束。 お値段もお手頃なドライバーです。
引用: https://www.instagram.com/p/BtSZYX4gx2N/
以上、ドライバーの選び方についてご紹介しました。 ゴルフクラブの中でも重要な位置を占めるドライバー。適切に選んで、ゴルフを今以上に楽しみましょう!