Mjpivkjpgt6xrhazzkbq

収納・整理

CATEGORY | 収納・整理

整理術の決定版!身の回りをきれいに【書類・小物・部屋・デスク編】

2019.02.18

片付けが苦手な方と言うのは意外と多いもの。今回はそんな方々に向けて簡単にできるおすすめ整理術をご紹介していきます。散らかりやすい書類や小物もアイデア次第ですっきりと。デスク周りや部屋もこの記事の整理術で綺麗になること間違いなしです。

  1. 手軽にできるおすすめの整理術をご紹介!
  2. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】①書類はケース収納が定番
  3. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】②ちょっとした書類ならマグネットで
  4. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】③小物は小分けして収納するのが鉄則
  5. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】④服の収納術
  6. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】⑤水回りは吊るす収納で
  7. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】⑥文房具類の収納術
  8. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】⑦部屋をすっきり見せるコツ
  9. 【書類や小物の整理術!デスク周りもすっきり】⑧部屋を散らかさないために
  10. 片づけが苦手な方は是非ご参考に!
引用: https://www.instagram.com/p/BagY4qtnozo/
デスク周りがいつも散らかってしまって困る、なんて方は多いのではないでしょうか。 書類や小物は油断するとすぐに散らばったり、なくなったりなどしやすいものですよね。 そこで以下では、手軽にできる書類や小物の整理術を大特集してご紹介。気軽にできてすっきり片付く整理術をまとめてお送りします。

書類用のケースが販売されているので活用しよう

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61dNDjyWu7L._SL1000_.jpg
ドキュメントスタンド A4 書類ケース ファイルボックス 24分類 大容量 耐用
価格 ¥ 1,380
書類はそのままブックスタンドなどに保存せずに、専用のケースやホルダーを使うのが収納術の鉄則。 このような市販のケースは、種類分けができて、重要な書類もなくすことなく保存することができます。 お値段もそこまで高くないので、デスクに1つが置いておきたいアイテムと言えるでしょう。

横置き型も人気が高い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Yh2Asug-L._SL1024_.jpg
プラス レターケース A4縦 浅型3段深型1段 LC-113F 16-141 ブラック
価格 ¥ 1,014
こちらは縦置きではなく横置き型の書類ケース。 縦置き型よりもスペースはとりますが、取り出しやすくすぐに使う書類の一時避難場所などとして活躍してくれます。 横置き型なら書類だけでなく、ハサミなどの文房具なども収納することができます。

忘れがちな要件の書類はマグネットで見える化

引用: https://www.instagram.com/p/BmV2ChcHEh9/
ちょっとした書類ならば、マグネットなどで整理しておくのもおすすめの方法。 マグネットで留めておくことでうっかり失くしてしまったり、要件を忘れてしまったりする危険を防ぐことができます。 上記のようなマグネットタイプの書類入れならマグネットで止めるよりも多くの書類を収納することができますね。

プリントスタンドでも見える化が可能

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ON%2Bt-fMNL._SL1000_.jpg
セキセイ カタログスタンド A4 3折4段 CSD-2777
価格 ¥ 804
書類の「見える化」には、上記のようなプリントスタンドもおすすめです。 カタログなどに使うアイテムですが、本や書類の収納ケースとしても活用することができます。 あまり重要な書類などではなく、主におしゃれな表紙の本等に使用すると良いでしょう。

小物収納は小分けがマスト

引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/79b21628b2bf67b715417154289e8f6f875baf15.jpg
小物の収納はとにかく小分けしてケース保存するのが重要。雑多にタンスや引き出しなどに入れておくと、すぐになくしてしまったりしがちです。 不透明なケースを使用する場合には、ラベルなどを使って外からでもわかりやすいようにしておくと良いでしょう。 上記はジュエリー類の収納方法。小分けして収納してあるので見た目にもわかりやすいですね。

100均のケースやバスケットを活用してみよう

引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/6be3706fcda6a413c1eec8f0130bc769a0260245.jpg
小物収納用のケースは100均が非常に便利。100均のアイテムはお値段もお手頃で大量に買っても経済的です。 サイズも色々なものが用意されているので、収納スペースに合わせて使い分けることが可能となっています。 100均では上記のようなケースのほかに、チャック付きの透明な袋なども販売されているので、細かい小物の収納も安心です。

種類ごと、長さごとに収納すること

引用: https://cdn.roomclip.jp/v1/1536/roomclip-bucket/img_1536/477b159235f9f8f4df3c6b02e12d547414040d13.jpg
かさばってしまいがちな服の収納術ですが、クローゼットなどにしまうときには、長さ別に分けておくのが非常に重要。 長さを統一することによって、見た目が美しくなるばかりか、吊った服の下部分のスペースを活用しやすくなります。 余った下部分のスペースには背の低いラックやクリアケースなどを置いておくとデッドスペースが生まれづらく便利です。 丈が短めの服なら突っ張り棒などを使って吊るスペースを2段にするのも良いでしょう。

たたむ場合はたたみ方に注意

服をたたんで収納する場合には、たたみ方を統一しておくのがおすすめ。 たたみ方を合わせることによって、服を重ねた時でもチグハグにならずスペースを節約することができます。 服のたたみ方は上記の動画をご参考に。 服屋さんのようにたたむことできるので非常に美しく仕上げることができます。

頻繁に掃除する水回りに便利な吊るす収納

引用: https://www.instagram.com/p/BogfXirhDzJ/
汚れやすく頻繁に掃除が必要な水回りは、「吊るす収納」がおすすめです。 吊るす収納なら掃除の際にいちいち物をどける必要がありません。 吊るす際に便利なのでが、雑貨屋さんや100均などで販売されている吊り下げようのフック。近年の商品は洗濯ばさみがついているタイプもあり、歯磨き粉など形状が独特なものも楽々吊るすことができます。

食器はラックなどで収納

引用: https://www.instagram.com/p/Bt41esrHt4R/
キッチン周りの収納ですが、全てのアイテムを吊り下げるのはなかなか難しいもの。 そんなときは上記のような網状のラックを使うのがおすすめです。 網状のラックならお手入れも簡単で、水もきれるのでキッチン用品を置いておくのにぴったり。 上記の画像のように、側面に網を配置してそこにフックなどを使ってキッチン用品を吊り下げておくのも良いでしょう。

こちらも小分けするのがポイント

引用: https://www.instagram.com/p/BtxK_ByAaif/
デスク周りで散らばってしまう文房具の収納もケースを使うのがマスト。 できれば透明なケースを使う方が、外から見た時に中身を確認しやすくて便利です。 上記のように書類ケースに仕切りを付けて簡易的な文房具ケースにしてみるのも良いでしょう。頻繁に使うものは手前に、登場頻度が少ないものは奥がわにしまうようにすると使いやすくなります。

スライダーケースを活用するのもおすすめ

引用: https://www.instagram.com/p/BtGRCVPnGI0/
文房具の収納に意外と便利なのがこちらの「スライダーケース」と呼ばれるアイテム。 スライダーケースは、口部分にスライダー式のジッパーがついているためこまごまとした文房具をしまうのにぴったりです。 付箋やシールなど、他のアイテムを汚してしまいがちな文房具はこちらのようなスライダーケースで保存しておきましょう。

統一感を重視すること

引用: https://www.instagram.com/p/BrtrUIhHVVA/
部屋をすっきり見せるコツとしては、収納のやり方も重要ですが見た目も非常に大切になります。収納できていても見た目がチグハグだと、雑多で散らばった印象を与えてしまいがちです。 そこでポイントとなるのが「統一感」。同じような色合いのアイテムや棚を使うことによって、部屋のスペース以上にすっきり見せることが可能となります。 上記の画像のように、ウッドや白をベースにするとシンプルで綺麗な部屋を実現することが可能です。

場合によっては目隠しをするのも◎

引用: https://www.instagram.com/p/BtXIcWcHoHT/
すぐに棚などを買い換えられない時には、布を使って目隠しをするというのも一つの手。 目隠し用の布は、手芸用品店などで簡単に入手することが可能です。 布の種類も色々なものがあるので、部屋の雰囲気に合ったものを使うとよりおしゃれです。綺麗に見えるのは白ベースの布。清潔感があり、部屋を広く見せる効果も期待できます。

使ったら戻すを徹底する

引用: https://www.instagram.com/p/BUUBHZ1FF7p/
部屋を散らかさないポイントは「使ったら戻す」を徹底すること。 時間にしてわずか数秒しかかからない片付けを徹底することによって、部屋が散らかるのを防ぎます。 このちょっとした心がけが積み重なって結果的に掃除の手間を省くことになるのです。

買いすぎないのも重要

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/blackmondayIMGL0444_TP_V.jpg
物が増えすぎてしまうのも、部屋が散らかる原因の一つ。 物を買うときには本当に必要かどうか熟慮してから買う癖をつけるのも部屋を散らかさないコツの一つです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt01pHBAp21/
以上、書類や小物などの収納術などをご紹介しました。 部屋の片づけは溜まってしまうと非常に面倒になりがち。この記事で取り上げたテクニックで、片付けの手間を減らしていきましょう。