Jwvhrwuhsqoiphxrpkjh

シャツ

CATEGORY | シャツ

シャツを収納する一番いい方法は?スペースやしわに悩んでいる人必見!

2019.02.17

普段着としても仕事着としても使用するものと言えば、襟付きのシャツ。今回はそんなシャツの収納方法についてご紹介していきます。おすすめのたたみ方やケース、ラックや吊る際の方法等もまとめてお届け。しわになりづらいたたみ方をマスターしてシャツを収納しましょう。

目次

  1. シャツの収納方法について大特集!
  2. 【シャツのおすすめ収納方法】①ハンガーで吊るときのコツ
  3. 【シャツのおすすめ収納方法】②しわになりづらいたたみ方
  4. 【シャツのおすすめ収納方法】③シャツがしわになる原因とは?
  5. 【シャツのおすすめ収納方法】④ケースを使ったシャツの収納方法
  6. 【シャツのおすすめ収納方法】⑤吊り下げ式のラックも収納に便利
  7. 【シャツのおすすめ収納方法】⑥Tシャツのたたみ方
  8. 【シャツのおすすめ収納方法】⑦シャツの収納に便利なグッズ
  9. 【シャツのおすすめ収納方法】⑧シャツ収納におすすめのハンガー
  10. シャツをすっきり収納してお部屋を広々と
Mvzpv9eulu2meboh1ui9
引用: https://www.instagram.com/p/BUx_E1YA2l1/

服の中でも登場頻度の多いものと言えば、「シャツ」。仕事でもプライベートでも着ない人はいないのではないでしょうか。そんなシャツですが、収納するときに注意しないとしわになったりしがちですよね。
そこで以下ではそんなシャツのおすすめ収納方法を大特集。
たたみ方をはじめ、吊るときのやりかたなどもお送りしていきます。これさえ見ればしわ知らずのシャツを着ることができますよ!

シャツの肩幅に合ったハンガーで収納すること

M8fw32qlmoddowlmvpmw
引用: https://www.instagram.com/p/BoOowAInzqP/

まずはハンガーでシャツを吊るときに注意したいことをご紹介します。
ハンガーを使うときには、「シャツの肩幅に合ったもので収納する」というのが鉄則です。ハンガーがシャツの肩幅に合っていないと、シャツが型崩れを起こしやすくなってしまい、美しいシルエットをキープするのが難しくなります。
ハンガーを買うときには、サイズ感に気を付けるのが重要なのです。

シャツをハンガーでぎちぎちに吊る収納方法は避ける

Owrljborsqctt10topzq
引用: https://www.instagram.com/p/Bt09sy_FCtJ/

シャツがしわになる原因の一つに、「他の服との接触」という事が挙げられます。
しわは他の服と触れることによっても生まれてしまうのです。そのため、ハンガーでシャツを吊るときにはなるべく服と服との間に空間を開けて収納することが重要。スペースを程よく開けることで接触を防いでしわを予防します。

シャツを収納するとき、まずボタンを締める

Awg0sdghmawnkb9hjgei
引用: https://www.instagram.com/p/BoK8pFyHA7p/

シャツは吊るだけでなく、たたんで収納することも可能です。しかしたたみ方に注意しないと、簡単にしわになってしまい次に着るときに悲しい思いをしがちです。
そこでシャツの正しいたたみ方をご紹介します。まずは、シャツのボタンを閉めるのが重要。最低でも第1ボタンと第3ボタンを閉めましょう。そうすることによって、シャツがたたんでいるうちに型崩れするのを防ぐことができます。

シャツは裏返してたたんで収納

ボタンを閉めたらシャツを裏返しにしてたたんでいきます。おすすめのたたみ方は上記の動画をご参考に。
裏返したら袖を内側に折り曲げて、クリアファイルなどを型紙代わりにしてたたむことによって非常に綺麗に仕上げることができます。袖を折り曲げるときには強く折るのではなくふんわりと折るように心がけるとしわになるのを防ぐことが可能です。最後に、裾の部分を内側に折り曲げるときれいに収納できます。

1 / 4