C37u8xlv4xtp6iyyp2vg

インテリア・雑貨

CATEGORY | インテリア・雑貨

洗濯洗剤で部屋干しにおすすめなのはこれ!人気商品の違いを徹底比較!

2019.02.12

洗濯をした後に気になるものと言えば、何といっても生乾きの臭い。特に部屋干しをしたときには、服が臭くなってしまいますよね。そこで今回は部屋干し用のおすすめ洗濯洗剤をご紹介。普通の洗剤との違いや柔軟剤いらずのもの、いい匂いの液体洗濯洗剤などをまとめました。

目次

  1. 部屋干し用のおすすめ洗濯洗剤を大特集!
  2. 部屋干し用と普通の洗剤の違いは?
  3. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】①酵素で強力洗浄「ライオン 部屋干しトップ」
  4. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】②ボール状で使いやすい「アリエール リビングドライジェルボール」
  5. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】③いい匂いが評判「ボールド アロマティックフローラル&サボンの香り」
  6. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】④洗濯水を抗菌水に「アタック アタックNeo」
  7. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】⑤ハーブの香りと高洗浄力「トップ ハイジア」
  8. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】⑥香水のような香り「ラボン 柔軟剤入り洗剤 ラグジュアリーリラックス 」
  9. 【部屋干し用おすすめ洗濯洗剤】⑦部屋干しに特化「トップ ハレタ」
  10. 部屋干し用洗濯洗剤で服をいい匂いに!

雨の日や花粉が気になる日には、部屋干しをするという方も多いもの。
しかし部屋干しをすると洗濯物が嫌な臭いになってしまいがちですよね。部屋干しの独特な臭いは、着ているときだけでなく部屋も不快な臭いにさせてしまいます。そんな時に便利な物と言えば、「部屋干し用の洗濯洗剤」。部屋干し用の洗剤を使うことで、雑菌の繁殖をおさえて洗濯物の嫌な臭いを軽減することが可能となっています。

Qbjanx1aanko87jaiirf
引用: https://www.instagram.com/p/BgBNo7vn8we/

そこで以下ではおすすめの部屋干し用洗濯洗剤を大特集!
柔軟剤入りや、いい匂いの絶対抑えておきたい部屋干し洗濯洗剤を中心にまとめました。普通の洗剤と部屋干し用の洗剤の違いもご紹介。洗剤選びに迷っている方はぜひ参考にしてみましょう。

一番の違いは除菌力

Winkq5uw2gf9d6el8iv9
引用: https://www.instagram.com/p/BtfCnSkHYU6/

商品のご紹介の前に、まずは普通の洗濯洗剤と部屋干し用洗濯洗剤の違いについてご紹介しておきます。
普通の洗濯洗剤と部屋干し用の洗濯洗剤の大きな違いなのが、その「除菌力」です。
部屋干しの嫌な臭いは、主に生乾きの洗濯ものに雑菌が繁殖することによって発生します。部屋干し用の洗剤は、除菌力を高めており、そんな雑菌の繁殖を抑える処方がしてあるのです。商品によっては、洗濯機そのものまで除菌することができるものも発売されています。

しっかり空間を開けて干すのが重要

Neytle5fspindyjou252
引用: https://www.instagram.com/p/BtXQUcNnhQX/

ちなみに部屋干し臭を発生させないコツとしては、しっかりと空間を開けて干すというのが非常に重要。
洗濯ものと洗濯ものの間をできる限りあけて干すことによって、風通しが良くなり生乾きになるのを防ぐことができます。
できるならば、サーキュレーターなどで風を通してあげるとより効果的です。

高洗浄力の界面活性剤と酵素がポイント

61jgpwrvevl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JgPWRVEVL._SL1500_.jpg
【大容量】部屋干しトップ 洗濯洗剤 液体 本体 820ml
価格 ¥ 321

ではここからはおすすめの部屋干し用洗剤をご紹介していきます。
部屋干し用洗剤で特に人気が高いのがこちらの「ライオン 部屋干しトップ」です。
こちらは、酵素が配合されており非常に高い洗浄力を持っているのが特徴の一品。高洗浄力で臭いの原因となる雑菌を徹底的に洗い流してくれます。タンパク汚れや皮脂汚れに特に効果が高く、汗をかいた衣類の洗濯にぜひ使いたい洗剤です。

液体タイプも粉末タイプもあり

71rmvm6pdnl. sl1100
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rMVM6pdNL._SL1100_.jpg

こちらの洗剤は、液体タイプと粉末タイプの2種類を用意。
洗濯機の種類や好みによって使い分けることが可能です。一般的には液体よりも粉末タイプの方が洗浄力が高い一方、溶け残りがしやすいという特徴を持っています。

1 / 3