Kd6lrkyvouf4mgppgb0b

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

ハイライトの色落ちまでの期間って?色は綺麗?汚い?経過を画像で解説!

2019.02.06

セルフカラーで染めたハイライトが色落ちするまでの期間はどのくらいか、皆さんはご存知でしょうか。何日か経過すると、色は綺麗なままなのか、汚いか、気になる人も多いはずです。今回はハイライトの色落ちまでの期間や経過について解説していきます。

  1. ハイライトはどのぐらいの期間で色落ちする?
  2. ハイライトの色落ちまでの期間:何日ぐらいで始まる?
  3. ハイライトの色落ちまでの期間:色落ちの原因
  4. ハイライトの色落ちまでの期間:色は綺麗?汚い?
  5. ハイライトは色落ち対策が重要
引用: https://dran-d.com/wp-content/uploads/2018/03/bigami-1-1-1024x768.jpg
最近では市販のヘアカラーの種類が充実しているということもあり、セルフカラーでハイライトに仕上げるという人が増えています。しかしハイライトのヘアカラーというのは、セルフカラーであっても美容室で染めた場合であっても、色落ちが早いという特徴があります。
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/external_photo/data/273697/xlarge_43bd52b5-1690-4914-b9bc-12d1651c45e7.jpg
ヘアカラーというのは染めてから何日かで色落ちが始まりますが、ハイライトの場合はその色落ちまでの期間が早いです。色によっては色落ちの経過が綺麗であったり、逆に汚いということもあります。今回はそんなセルフカラーでハイライトに染める人は見ておきたい、ハイライトの色落ちの期間などについて紹介します。
引用: https://dran-d.com/wp-content/uploads/2017/12/bea66ab9a2b5a634527907bc14326f6e_s.jpg
ハイライトの場合、色落ちは何日ぐらいで始まるのか、ということになりますが、早い場合だと3日ぐらいで始まります。ハイライトの場合、多くの場合はブリーチをかけることが多いため、ブリーチなしでセルフカラーを染める場合よりも、色落ちの始まる期間はかなり短いです。
引用: http://shinichihonda.net/wp-content/uploads/2016/08/20160824110947.jpg
ハイライトの色落ちについては、使用したブリーチによって異なりますが、基本的に染めてから2週間程は髪にブリーチの成分が残ります。ハイライトの場合、そのブリーチの成分が比較的強めであるため、髪に成分が残る期間も長くなり、それだけ色落ちの経過や期間も長くなるということになります。
引用: http://hairsalon-la-chouchou.com/wp-content/uploads/2017/05/IMG_2661.jpg
そもそもなぜ色落ちしてしまうのか、と疑問を持つ人も多いですが、主に2つの原因があります。一つは単純にカラーの割合が少ないということです。カラーが少ないと、それだけ時間の経過とともにすぐに抜けて落ちてしまうため、単純に色落ちしてしまいます。そしてもう一つが、ハイライトなどで使われるブリーチの成分の強さです。
引用: https://dran-d.com/wp-content/uploads/2017/12/S__6627340-1024x1024.jpg
ハイライトで使用されるブリーチというのは、基本的に確実にヘアカラーを髪に浸透させるために使用するため、染めたあとというのは基本的にブリーチの役割というのはありません。しかし、ブリーチに含まれている成分の中には、染めたあとでも髪に残る成分というものがあり、それらの成分が色落ちを引き起こしているのです。セルフカラーでブリーチを使用する場合は、しっかりとかけたあとに洗い流すことを心がけましょう。
引用: http://p.mamastar.jp/l/2015-06/0/2f86a96b5715b08c.jpg
色落ちと聞くと、色が汚いと考える人が多いのですが、それはすべてのヘアカラーで言えることでしょうか。色落ちの経過によって色が汚くなるか綺麗かどうかは、実はハイライトにしたときの髪の色にもよります。定番であるブラウン系の場合、ほとんどの場合は色落ちの経過によって汚い色になることが多いです。
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/external_photo/data/273717/xlarge_279641f0-72af-45c8-8297-081071e4fb88.jpg
一方で色落ちしても綺麗であり、色落ちの経過も楽しいヘアカラーというものもあります。アッシュグレーもその一つです。ハイライトのアッシュグレーであれば、ハイライトで色落ちの期間が短くなったとしても、あまり汚い色にならず、それどころか色落ちしても綺麗ということもあり、最近では人気のヘアカラーとなっています。セルフカラーでも染めることができるので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
引用: https://dran-d.com/wp-content/uploads/2018/02/hair_color_irochi-300x200.jpeg
今回はハイライトの色落ちまでの期間、そして期間ごとの色の経過などについて解説しました。色落ちというのはヘアカラーをする上では絶対に避けられないことです。もちろんそれはセルフカラーでも同じです。そのため、ハイライトをする場合は、色落ち対策についてもしっかりとしておくことが何よりも重要なのです。
引用: https://feely.jp/wp-content/uploads/2017/02/1a1801a083877a4a399f2913310612f5_m-368x234.jpg
しっかりとカラー剤を落とすことも重要ですが、色落ちでも楽しむことができるハイライトにするということも大切です。何よりも、まずはこれからハイライトに染めるという人は、まずは自分がハイライトで染めたい色がどのような経過で色落ちをするか知っておくのが一番です。そのうえで色落ち対策をしてもよし、あえて色落ちの過程も楽しむというのも良いでしょう。