Paxkkoyyynnayp6zaxug

家電

CATEGORY | 家電

掃除機の選び方はここを見る!選ぶポイントはコードレス?吸引力?

2019.02.12

「吸引力が高い!」「デザインがおしゃれ!」実に様々なセールスポイントをもつ掃除機がお店に並んでいますね。でも自分に合った掃除機はどれか、選び方がわからない人も少なくないはず。一人暮らしのおすすめは?コードレスは便利?あなたに合った掃除機の選び方、教えます!

  1. サイクロン、コードレス、…我が家に合う掃除機はドレ?
  2. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック①手間で選ぶなら【紙パック】もらくちん!
  3. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック②いまの主流【サイクロン】に欠点はない?
  4. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック③力強い【キャニスター】は広いリビングに!
  5. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック④移動ラクラク【コードレス】はどこでも活躍
  6. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック⑤掃除の概念を変える【ロボット】におまかせ!
  7. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック⑥夜の掃除が多い一人暮らしには【静音性】も必要!
  8. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック⑦インテリアに溶け込む【デザイン】で選ぶ!
  9. 掃除機の選び方~このポイントを要チェック⑧いまや定番【布団用】クリーナーにも注目!
  10. あなたのお部屋にぴったりの掃除機、見つかりましたか?
家電量販店に行くと、実に多くの掃除機があります。価格が安いものから、掃除機でこの値段!?というような価格帯の高級品もありますが、自宅にあった掃除機を選ぶのは、意外と大変です。
引用: https://gomiguide.net/wp-content/uploads/2016/05/vacuum-cleaner.jpg
そこで、これは譲れないというポイントをチェックしながら選ぶと、意外と自分にピッタリの掃除機が見つかります。今回は、そんな掃除機を選ぶポイントをご紹介します。もしかすると、これまで気にしていなかったポイントの中に、重視すべき機能があるかもしれませんよ。
引用: http://dist.joshinweb.jp/contents/report/kaden/sv12ff/main.jpg
使い捨ての紙パックがゴミを集める紙パック式の掃除機。昔からあるタイプのメリットは、ゴミの捨てやすさ。ゴミを直接触ることなく捨てられるので、衛生面が気になる人にはおすすめです。紙パックいっぱいになるまで使うことができるので、捨てる回数も少なくて済む点もメリット。掃除する場所が少ない一人暮らしのお部屋なら、価格も安い紙パック式も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
引用: https://osasalog.net/wp-content/uploads/2018/08/toshiba_sojiki_01.jpg
このように手間がかからない紙パック式ですが、難点も。それは、ゴミが溜まっていくと、とたんに吸引力が下がること。また、機種によっては排気の匂いが気になることもあります。紙パック代もかかるので、ランニングコストが気になる人は、注意しましょう。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/keisuke9140/20160506/20160506175123.jpg
紙パック式に変わって、最近の主流となったサイクロン式。ゴミと空気を遠心分離することで、排気がキレイで吸引力が長持ちするのが、サイクロンのメリット。紙パックのような消耗品がいらないので、追加費用が掛からない点も魅力です。
引用: https://www.dyson.co.jp/medialibrary/Group/Carousels/SlideBackground/Vacuums/Handhelds/V6_Car_and_Boat/JPN/Car_and_boat_Powerful_Suction_JPN.ashx
しかし、そんなサイクロンにも気になる点があります。それは、ゴミを捨てるとき。機種によってはホコリが舞うほか、ゴミが溜まるダストカップの清掃が意外と手間に感じるかもしれません。また、こまめなゴミ捨ても必要なので、ズボラな方にはおすすめできないかもしれませんね。
引用: https://askul.c.yimg.jp/lpm/img/irisplaza/561800_3L.jpg
大きなタイヤと大きな筐体で家庭中を走り回る、キャニスタータイプの掃除機。最近はコンパクトモデルが主流ですが、パワーで考えれば、やっぱりキャニスターが一番です。
引用: https://katadukekotsu.com/wp-content/uploads/2016/05/2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_m-500x334.jpg
時間がかかる広いエリアの掃除も、しっかりこなすことができます。しかし、持ち運びがしづらく重いため、2階に持っていくときなどは面倒に感じたことはありませんか。最近の掃除機は、軽量化も進んでいるので、持ち運びもラクになっていますよ。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/Images/prdnews/2013082/20130822195029_352_.jpg
充電池の大容量化もあり、近年の掃除機の主流となりつつあるのが、コードレスタイプです。かつては1回の充電で掃除できる時間が短く、不便な点も多かったコードレスも、最近は長時間掃除できるモデルも多く、コードありの掃除機と同じように使うことができます。
引用: https://getnavi.jp/wps/wp-content/uploads/2017/04/20171406-s3-2.jpg
コードレスタイプのメリットは、何といってもどこでも使えるところ。コンセントが近くになくても使えるので、階をまたいだ掃除も簡単。電源コードが届かなくて、これまで掃除をあきらめていた場所も、コードレスならラクラクです。気になる吸引力も、近年はキャニスターに負けない機種もあり、一人暮らしの家庭にもおすすめですよ。
引用: https://www.scdn.the360.life/ecimage/article/4/4267/top.jpg?t=180621105903
自分が動かなくても、自宅を留守にしていても、勝手に掃除をしてくれる。そんな夢のようなロボット掃除機も、今や多くの家庭で見かけるようになりました。中にはペットのように愛でている人もいますよね。
引用: https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2Fcontent%2Fpic%2F20161220%2F96958A9F889DE3E2E4E6E6E3E1E2E3E6E3E0E0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1083114019122016000000-PB1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&crop=focalpoint&fit=crop&fp-x=0.5&fp-y=0.5&h=433&ixlib=php-1.1.0&w=650&s=430f02ca76fb7d68d1b73ef9cba41c14
吸引力などはキャニスターなどに劣るものの、手間をかけずにキレイにしたい人にはもってこいのロボットタイプ。一人暮らしの家庭なら、外出中の時間がお部屋のクリーンタイムに早変わりしますよ。
引用: https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2016/10/00024e4414c7b1e8b827163a038a77a5-650x401.jpg
最近は、水拭きやカラ拭きまでしてくれるロボットまで登場。これからの進化も楽しみですね。
引用: https://monomax.jp/official/wp-content/uploads/b01-1420x943.jpg
日中に掃除できるご家庭ではあまり気になりませんが、一人暮らしの方にとって吸引力以上に掃除機に必要なもの、それが動作音の静かさではないでしょうか。日中に外出していると、どうしても家事は早朝か夜に行う必要があります。掃除機を使うのをためらう時間帯ですが、掃除しないわけにもいきませんよね。
引用: https://cdn-mamari.imgix.net/article-cover/1200x0_5b37a075-0d38-4b9a-90fa-17d1ac110002.jpg.jpg?auto=compress,format&lossless=0&q=90
そんな一人暮らしの方は、パワーだけでなく、騒音の大きさも検討材料に加えておきましょう。静かな掃除機なら、夜でもご近所さんに気兼ねなく掃除することができます。実際に売り場で動かしても、自分の部屋とは環境が違うため、うるさいかどうか判断しずらいので、カタログの値でチェックを。60デシベル以下なら、夜に掃除しても文句を言われないはずです。
引用: http://choitame.com/wp-content/uploads/2017/02/vacuumcleaner.jpg
高機能のモデルが増えてきた掃除機。もし機能で選びきれないなら、おしゃれさで掃除機を選んでみるのもおすすめです。国内メーカーだけでなく、海外からも多くのメーカーが参入している掃除機業界。スタイリッシュなモデルもたくさんあります。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/1/51025_1633_941b6ec7c53bd3eb6bcdf0e73af862d1.jpg
おしゃれな掃除機なら、リビングにそのまま出していても違和感なし。インテリアのひとつとして楽しむこともできます。そして、使っているときも、気分が上がれば掃除も楽しくなるはず。大変な家事を少しでも晴れやかに行える、そんな掃除機を選ぶと、毎日の生活に潤いが生まれますよ。
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/4637/03.jpg?d=201610191906
最近は掃除機も用途で選ぶ時代。その代表ともいえるのが、布団用の掃除機です。景観の問題や花粉・PM2.5対策などで、布団干しができない家庭も増えていますが、そのような家庭におすすめなのが、布団用のクリーナーです。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2015/09/062-720x480.jpg
高い吸引力でお布団もキレイに。外に干している時間が取れない一人暮らしのご家庭でも、活躍してくれるはずですよ。
引用: https://askul.c.yimg.jp/lpm/img/irisplaza/273042_3L.jpg
掃除機の選び方を、吸引力やゴミ捨ての手間などの観点からご紹介しましたが、あなたが重視したいポイントはわかりましたか。
引用: http://seabass.fool.jp/wp-content/uploads/P1160530-680x510.jpg
口コミサイトの評判でなんとなく選ぶのもいいですが、あなたの家庭の事情に合わせた掃除機をチョイスすれば、掃除はもっと便利に楽しくなるはず。きちんとした選び方で、自分に合った掃除機を手にしてくださいね。
引用: http://tamkaism.com/wp-content/uploads/2014/02/DSC04749.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.syufeel.com/wp-content/uploads/2015/02/soujiki.jpg