Ggg6mhex38xvqlbwox0a

ビューティー・ヘルス

CATEGORY | ビューティー・ヘルス

活動量計の足首用のおすすめは?これ一つでいつでも健康管理ができる!

2019.01.28

最近の活動量計は足首タイプがおすすめです。Fitbitを始めとする多くの企業は、足首でも心拍数や血圧などをはかることができる活動量計を最近では展開しています。今回はいつでも健康管理ができるおすすめの足首タイプの活動量計を紹介していきます。

  1. 足首タイプの活動量計はおすすめ?
  2. おすすめ足首タイプ活動量計:Fitbit
  3. おすすめ足首タイプ活動量計:ガーミン
  4. おすすめ足首タイプ活動量計:Misfit
  5. おすすめ足首タイプ活動量計:ソニー
  6. おすすめ足首タイプ活動量計:POLAR
  7. おすすめ足首タイプ活動量計:T-PRO
  8. おすすめ足首タイプ活動量計:InBody
  9. おすすめ足首タイプ活動量計:itDEAL
  10. 足首タイプの活動量計は常につける人におすすめ
活動量計というのはここ最近で急激に出回るようになり、特に最近ではFitbitのような、消費カロリーなどだけでなく、心拍数や血圧なども記録することができるという高性能の活動量計が増えてきました。現在人気のある血圧や心拍数を記録することができるFitbitのような活動量計の多くは手首につけるタイプが多いですが、最近では足首タイプのものが出始めています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71f9gX4QjjL._SY355_.jpg
足首タイプの活動量計というのは現時点ではあまり出回っていませんが、手首よりも長時間付け続けることが可能であることはもちろん、手首などに何かをつけるのが苦手だという人でも使うことができたり、ビジネスシーンなどでも付け続けることができます。今回はそんな足首にもつけることができるおすすめの活動量計を紹介していきます。
引用: http://geared.jp/wp-content/uploads/2014/03/20140228_flyfit.jpg
現在出回っている活動量計の中でも絶大な人気のあるFitbit。Fitbitの活動量計というのは機能がかなり充実しています。消費カロリーや歩数はもちろん、血圧や心拍数なども記録することができるため、わざわざ毎日血圧計などを使って血圧や心拍数などをメモする必要がありません。
引用: https://static0.fitbit.com/simple.b-cssdisabled-gif.h7795a352c3a6ad9b20b4a5e01442b415.pack?items=%2Fcontent%2Fassets%2Ffirmhandshake2048%2Fgif%2Ffermion_alarms_vibe.gif
さらに、防水性の高さなどの機械の機能性などについてもしっかりとしているため、普段の血圧や心拍数はもちろん、ハードな運動をしているときの血圧の変化や心拍数の変化も記録することが可能です。ダイエットはもちろん、健康のために毎日の生活を見直したいと考えている人は、ぜひFitbitの活動量計を使ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://d2en6k6px5a3jz.cloudfront.net/magazine/wp-content/uploads/20180521153354/rist.jpg
Fitbitと同じぐらい現在人気のあるブランドが、ガーミンです。ガーミンの活動量計はデザインがかなりかっこいいものが多く、機能性についてもFitbitに負けずとも劣らない機能性を持っています。タイプによって機能性は異なりますが、いずれも活動量計としての基本的な性能はしっかりと兼ね備えています。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/fu-ka_20180822001818-00235
ガーミンの活動量計というのはGPSが搭載されているのが特徴であり、消費カロリーや歩数はもちろん、移動距離やどのルートで移動したかを記録することができます。足首への装着もできるため、普段から運動としてランニングをするという人や、ロードバイクが趣味であるという人にはかなりおすすめできるブランドです。
引用: http://fotopota.sakuraweb.com/archives/images/1603/DSC_5457.jpg
徹底的にシンプルなデザインを突き詰めた活動量計が、このMisfitのRayです。見た目はヘアゴムやアクセサリーのように見えますが、立派な活動量計なのです。このブランドの活動量計の最大の特徴は、手首はもちろん、足首やネックレスのように着用してもきちんと機能するというところです。実際に着用している姿も、傍から見たらアクセサリーにしか見えません。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-05-71/mars_new_life/folder/1737060/87/69877087/img_2_m?1486183229
しかしこんなアクセサリーのような活動量計で一体どうやって消費カロリーなどを確認するのか、ということになりますが、専用のアプリをダウンロードすることで、消費カロリーなどを確認することができます。さらに、重さについても数グラム程度の重さであるため、付けていることを思わず忘れてしまうほど、付け心地が良いです。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-05-71/mars_new_life/folder/1737060/87/69877087/img_3_m?1486183229
スタイリッシュな電子機器などを展開しているソニーの活動量計も、かなり機能性が高いです。ソニーの活動量計というのは消費カロリーなどを記録することはもちろん、メールやラインの送受信ができたり、さらには音楽再生機能がついているなど、活動量計というよりはスマートウォッチに近いものです。
引用: http://geared.jp/wp-content/uploads/2014/01/08_SmartBand_Black.jpg
足首にもつけることはできますが、メールやラインなどをこの機器で操作するとなると、少々使いづらいです。ソニーの活動量計には予め活動量計アプリがインストールされており、アプリと連携することで、心拍数などの詳しい情報も記録することができるため、ランニング中はあまりスマホを操作したくないという人にはかなりおすすめできる一品です。
引用: https://komono.me/wp-content/uploads/2018/10/7311271518129.jpg
デザインの良い活動量計を探しているということであれば、POLARがおすすめです。このブランドの活動量計のデザインは、まるで北欧雑貨のようなシックでありながらもどこかスタイリッシュな雰囲気が漂っています。アクセサリーとしても違和感のないデザインであるため、ファッションアイテムとしても取り入れやすいのも特徴です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81pxQxdqkeL._SY450_.jpg
デザインは良いけど機能性はどうなんだと気になる人も少なくありませんが、機能性についてもしっかりとしています。カロリーはもちろん、心拍数も記録することができ、時刻表示もできるため、デジタル時計として使うことも可能です。おしゃれに気を使いながらも、健康にも気を使いたいという人には、このブランドがかなりおすすめです。
引用: https://jiyukenkyusha.com/wp-content/uploads/2017/04/vivosmarthr13-980x653-1-980x576.jpg
活動量計の中でも、スポーツの分野に特化した活動量計が、T-PROです。こちらのブランドの活動量計のデザインはかなりシンプルであり、いかにも機能性を徹底的に追求したような雰囲気があります。重さに関しても約20グラムほどであるため、長時間付けていても疲れにくいです。しかしこのブランドの最大の特徴は、その機能にあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513-GV2QeKL._SY355_.jpg
通常の活動量計というのはあくまで普段の生活に根ざした記録をするのが一般的ですが、こちらは実際に今取り組んでいるスポーツを元にした活動量を記録しています。そのため、実際に取り組んでいるスポーツで良いパフォーマンスをするための生活をしたいというアスリートから人気があります。スポーツなどに本気で取り組みたいという人は、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ABprBy8rL._SY355_.jpg
活動量計で記録することができる情報といえば、ほとんどは消費カロリーや歩数、ブランドによっては血圧や心拍数が多いのですが、このInBodyというブランドの活動量計というのは、それらに加えて筋肉量や脂肪量なども記録することができるという、体組成計のような活動量計です。なかなか筋肉量なども記録してくれる活動量計というのは、あまりないものです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/71lxlnlt0aL._AC_SS350_.jpg
今までは筋肉量を測るとなると、体重計のようなものを使用して測るなど、どこでも測るということは不可能でした。しかしこちらは身につけるとひと目ですぐにわかります。筋肉量や脂肪量がわかるようになるので、ダイエットをしている人の場合は数値で脂肪が減っていることを実感することができ、一方で筋トレをしている人の場合は、数値できちんと筋肉がついているかがわかるようになります。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/imgu-a.wowma.net/exu8/cb/11/41220395/13/mb/276662701_9.jpg
パソコンの普及をきっかけに、デスクワークが普及し、さらに最近ではフリーランスという働き方も広がりつつあるため、多くの人はデスクワークをしているという人が多いです。そんなデスクワークをしている人におすすめの活動量計が、itDEALです。こちらもソニーなどと同じように、スマートウォッチのような機能性を持った活動量計として、最近注目されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yvTeup8LL._SY355_.jpg
消費カロリーなどの記録はもちろん、メールなどの送受信の機能もあるため、スマホ代わりとしても使うことができます。そして最大の特徴が、長時間座って作業をしているとアラートがなるという機能です。この機能により、休憩の目安になることはもちろん、長時間座ることによって出てくるエコノミークラス症候群の防止にもなります。ついつい長時間デスクワークをしてしまうという人は、かなりおすすめです。
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/www.goods-marche.com/wow_image1-1/GM-74R9YPZ5.jpg
今回は足首にも取り付けることができる活動量計のブランドを紹介しました。現在主流となっている活動量計というのは、手首につけるタイプのものがほとんどです。しかし手首タイプとなると、人によっては手首に何かついているのが苦手だという人や、会社で付けていると注意されてしまうということもあります。
引用: http://blog-imgs-90.fc2.com/n/o/d/nodoshiroame/IMG_2044.jpg
しかし足首タイプであれば、長時間身につけていても気になりにくく、何より長時間つけることができるため、より正確なデータを記録することができます。現在では足首タイプの活動量計というのはあまり出回っていないため、どうしても手首タイプの活動量計を足首につけるということになりますが、最近では徐々に増えつつあるので、これからは足首タイプの活動量計が主流になるという未来も、そう遠くはありません。
引用: http://fotopota.sakuraweb.com/archives/images/1603/DSC04374.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://k-tai.watch.impress.co.jp/img/ktw/list/683/421/important_image.jpg