G7s4prezlwajjpbqdxhw

CATEGORY | 車

ワイパーのおすすめを厳選紹介!雪にも対応したおすすめメーカーは?

2019.01.28

皆さんは車のワイパーはどこのメーカーのものを使っていますか?ワイパーにも様々な種類があり、ゴム部分で掃除してくれる性能も変わるため、人によっておすすめのワイパーは変わってきます。今回は特に雪や雨が多い地域の方に向けて、おすすめワイパーのメーカーをご紹介します。

  1. ワイパーでもメーカーによって性能が違う!
  2. ワイパーは3つの部品でできている!
  3. ワイパーのゴムにも種類が存在!
  4. 雪が多い場所では専用のワイパーを使用するのがおすすめ!
  5. ワイパーの交換頻度は?
  6. おすすめのワイパーメーカーはこちら!
  7. おすすめのワイパーメーカー:①ピア  グラファイトワイパー
  8. おすすめのワイパーメーカー:②PGMARO エアロワイパーブレード
  9. おすすめのワイパーメーカー:③NWB  デザインワイパー
  10. おすすめのワイパーメーカー:④Bosch 国産車用ワイパー
  11. おすすめのワイパーメーカー:⑤SOFT99 ガラコワイパーパワー撥水ブレード
  12. 【まとめ】おすすめのワイパーでより良い車環境に!
引用: http://dg24ae6szr1rz.cloudfront.net/photo/2be558aca0fc7ca4c1ca38f42b1ea6d7.jpg/w664/tr/file
車好きの方は車のパーツなどにこだわると思いますが、最近はワイパーも様々なものが登場しています。一言でワイパーと言ってもたくさんの種類が存在し、機能性が異なります。さらに、環境によって雨が多い場所や雪が多い場所があると思いますが、そんな気候でもしっかりと掃除してくれるワイパーも存在します。今回はその中でも特におすすめのワイパーをご紹介したいと思います。
引用: http://kyoei-auto-service.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/IMG_0059.jpg
ワイパーは3つの部品から構成されています。基本的には同じメーカーのパーツで作られているのですが、カスタマイズが好きな人はバラバラにカスタマイズしている人もいます。まず最初はワイパーの部品についてそれぞれご紹介したいと思います。

ワイパーの部品:①ワイパーアーム

引用: https://kazz.ocnk.net/data/kazz/product/20161028_f61b95.jpg
まず最初にご紹介するワイパーの部品はワイパーアームです。ワイパーアームはワイパーを動かす部分になります。この部分が直接車に接続されているのですが、故障してしまうとワイパーを動かすことができなくなります。ワイパーブレードやワイパーゴムは交換しやすいのですが、ワイパーアームはなかなか交換できないので大切にメンテナンスを行うようにしましょう。

ワイパーの部品:②ワイパーブレード

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono89200544-140123-02.jpg
次にご紹介するワイパーの部品はワイパーブレードです。ワイパーと耳にすると一般的にはこのパーツの部分を思い浮かべる方がほとんどだと思います。ワイパーブレードはワイパーアームとワイパーのゴム部分を支える大切な場所になります。雪などが多い地域では雪の重みによってこのワイパーブレードが壊れてしまう方もいるので、できれば耐久性が高い専用のワイパーブレードなどを取り付けるのがおすすめです。

ワイパーの部品:③ワイパーゴム

引用: https://i1.wp.com/sinsya1.net/wp-content/uploads/2016/08/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%96%B9%E6%B3%95-%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A8%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%A0.png?w=683&ssl=1
次にご紹介するワイパーの部品はゴムです。ワイパーのゴムが最も性能に大きな違いがあります。ゴムによってガラスの掃除具合が大きく変わるのですが、ワイパーの性能を意識する場合はこのゴムの性能に注目して選ぶのがおすすめです。ゴムはワイパーのパーツの中でも買い換えることが多い部品でもあるので、定期的に交換してきれいに掃除が常にできるようにしましょう。
引用: http://www.kobac-ageo.co.jp/cargoods/wp-content/uploads/2014/08/023.jpg
ワイパーの部品についてご紹介しましたが、次はワイパーのゴムの種類についてご紹介したいと思います。先程も少し触れたようにゴムは最も交換する部分でもあり種類が豊富です。どのようなゴムの種類が存在するのかご紹介しますのでぜひご参考いただけたらと思います。

ワイパーのゴムの種類:①生ゴム・ノーマル

引用: https://img09.shop-pro.jp/PA01045/621/product/90221317.jpg?cmsp_timestamp=20151218171600
まず最初にご紹介するご紹介するゴムの種類は生ゴムです。生ゴムはノーマルとも呼ばれることが多いのですが、生ゴムは一般的なワイパーに取り付けられているゴムです。生ゴムはフロントガラスにガラスコーティングや撥水コーティングを行っていない場合におすすめで、なんといってもコスパに優れているのが人気です。

ワイパーのゴムの種類:②グラファイト

引用: https://udn.webcartop.jp/wp-content/uploads/2017/07/IMG_7202-680x453.jpg
次にご紹介するゴムの種類はグラファイトです。グラファイトはフロントガラスの部分にガラスコーティングや撥水コーティングを行っている方におすすめです。ガラスにコーティングなどが行われているところに生ゴムを使用してしまうとビビリ音が出てしまいやすいのですが、グラファイトはコーティングされているので摩擦抵抗が起きにくく、ビビリ音を防ぎやすいです。

ワイパーのゴムの種類:③撥水

引用: http://www.cargoods-focus.com/upload/save_image/01022107_52c5569b2f2d8.jpg
次にご紹介するゴムの種類は撥水ゴムです。撥水ゴムは名前からもわかるように、撥水コーティングが施されているゴムです。シリコンゴムである場合が多いのですが、撥水処理が行われているので、ワイパーを使用するだけで撥水コーティングを行うことができます。撥水コーティングなどが面倒と感じる方はこのような撥水ゴムを使用するのがおすすめです。
引用: http://www.piaa.co.jp/wp/wp-content/themes/piaaweb/images/nav/02wiper/19_wiper_top.png
ゴムの種類についてご紹介しましたが、雪が多い地域では雪専用のワイパーを使用するのが好ましいです。雪対応のワイパーはスノーワイパーとして売られていることが多く、特におすすめのメーカーがピアです。ピアは様々なワイパーを販売していますが、雪専用ワイパーのクオリティも高いです。しっかりと掃除してくれるので、雪の中の環境でも視界がクリアと人気です。
引用: https://www.carsensor.net/contents/article_images/_29972/150521_wiper1.jpg
ワイパーの種類についてご紹介しましたが、ワイパーの交換頻度が気になる方も多いと思います。ワイパーの交換頻度は使用頻度によって大きく異なるのですが、車検の時に交換していくので十分です。さらにわかりやすい目安で言えば、ワイパーを使用して掃除した際に水の切れが悪い場合は交換のタイミングになります。そのため、掃除する際にワイパーのチェックなどを行うのもおすすめです。
引用: https://cobby.jp/wp-content/uploads/2017/06/170601_wiper-wipeleft1.jpg
ワイパーの交換時期や種類についてご紹介しましたが、次は実際におすすめのワイパーメーカーをご紹介したいと思います。ご紹介するワイパーはどれも人気が高く、使用する方が多いです。リピーターも多いので、これからワイパーの買い替えを考えている方は是非チェックしていただけたらと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518NNa2BA9L._SL1000_.jpg
まず最初にご紹介するおすすめのワイパーは「ピア グラファイトワイパー」です。ピアは雪専用のワイパーがおすすめとご紹介しましたが、普通のワイパーもクオリティが高いです。きれいに掃除をしてくれるだけでなく、上記の画像のようなグラファイトワイパーはビビリ音が限りなくない状態にしてくれるのでかなりおすすめです。
PIAA ( ピア ) グラファイトワイパー 【クレフィットプラス】 No.10 500mm CFG50
価格 ¥ 1,100
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XaQ7AXiyL._SL1050_.jpg
次にご紹介するおすすめのワイパーは「PGMARO エアロワイパーブレード」です。こちらは三段構造の仕組みとなっており、均一に力が入る仕様になっているため、フロントガラスの掃除をすると全体がきれいになりやすいです。そのため、クリアな視界が多くの方に人気であると共に、おしゃれなデザインが多くの方に好評です。
PGMARO 新登場 三段骨式 カー エアロ ワイパーブレード ヴォクシー ノア 60 系 ウィッシュWISH 10系 20系 フィット GP1 GE6,7,8,9 デリカD:5 フリード カローラアクシオ ナディア(トヨタ ホンダ スズキ 三菱(ミツビシ))などエアロ ワイパー 強力撥水コート(Uクリップ 650mm 350mm ブラック2本/セツト)
価格 ¥ 2,000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/311xYrS4KyL.jpg
次にご紹介するおすすめのワイパーは「NWB デザインワイパー」です。NWBのワイパーを使用している方は多いのですが、ぴったりとフィットするので、こちらもきれいな掃除のクオリティが人気です。さらに、美しい曲線デザインでもあるので、風の流れなども邪魔をしないので、スムーズに掃除ができるという点が魅力的です。
NWB(エヌダブルビー) デザインワイパー 450mm Uクリップ D45
価格 ¥ 1,640
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/6176tEtsL2L._SL1500_.jpg
次にご紹介するおすすめのワイパーは「Bosch 国産車用ワイパー」です。こちらは名前にもあるように、国産車専用のワイパーではあるのですが、価格がお手頃でコスパに優れていると人気です。ボッシュは取り付けが簡単な点も人気なのですが、しっかりとフィットするので空気抵抗によって浮き上がるのも防いでくれます。そのため、ワイパーなどで迷う場合はこのボッシュもかなりおすすめです。
Bosch (ボッシュ) 国産車用ワイパー エアロツインJ-フィット(+) 400mm AJ40
価格 ¥ 1,588
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Hx7Rs7-HL.jpg
最後にご紹介するおすすめのワイパーは「SOFT99 ガラコワイパーパワー撥水ブレード」です。こちらは撥水コーティングができるパワーブレードで強い撥水性がしっかりと雨・汚れをはじいてくれます。均一に力がかかるので綺麗に掃除ができるだけでなく、耐久性も抜群なので、使いやすい点が多くの方に好評です。
SOFT99 (ソフト99) ガラコワイパーパワー撥水ブレード PB-14 04614
価格 ¥ 1,807
引用: https://www.nwb.co.jp/market/img/product_rain/img_content_aerorain.jpg
今回はおすすめのワイパーについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ワイパーと一言で言ってもご紹介したように様々なワイパーが存在します。撥水性が高いものやグラファイトなどは特に人気が高く、利用している方が多いので、ぜひワイパーに迷っている方はご参考いただいて快適なカーライフを楽しんでいただけたらと思います。