V5o6s1d42y0rby78pdlx

インテリア

CATEGORY | インテリア

ほうきもおしゃれなものを選ぼう!玄関や外を掃くおすすめアイテム!

2019.01.28

ほうきといえば外回りや玄関の掃除に使用することが多いですよね。最近ではほうきもおしゃれなデザインのものが多く、外でもおしゃれを演出しやすいものがあります。今回は国産などを含めおすすめのおしゃれほうきをご紹介したいと思います。

  1. おしゃれなほうきで周りにおしゃれな印象を与えよう!
  2. ほうきにも種類が沢山存在する!
  3. ほうきの選び方は?
  4. おしゃれで人気!おすすめのほうきはこちら!
  5. おしゃれで人気!おすすめのほうき:①アズマ 外ほうき
  6. おしゃれで人気!おすすめのほうき:②矢車印 棕櫚手箒
  7. おしゃれで人気!おすすめのほうき:③レデッカー わらほうき
  8. おしゃれで人気!おすすめのほうき:④アズマ  天然素材の室内用ほうき
  9. おしゃれで人気!おすすめのほうき:⑤早川工業 ドロッピー ミディーセット
  10. 【まとめ】おしゃれなほうきを使いこなそう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51b7o2-%2BO0L._SY355_.jpg
皆さんは普段どのようなほうきを使用していますか?ほうきは地味で味気ない掃除道具だと思っている方もいるかもしれませんが、ほうきでもおしゃれなものが最近多くなっています。特にほうきは室内はもちろん玄関先や外で使うと思いますが、おしゃれなほうきを使っていると、ちょっとしたものにもおしゃれに気を遣える人という印象を作ることができます。今回はそのような人気が高いおしゃれなほうきをご紹介したいと思います。
引用: http://soli-pro.com/promote/wp-content/uploads/sites/6/azuma168-a.jpg
外などで使用するほうきがおしゃれなものが多いとご紹介しましたが、ほうきと一言で言っても実はたくさん種類は存在します。もちろんそれぞれに魅力が存在し、使用する場所も異なります。今回はおしゃれなほうきをご紹介しますが、使いやすいものもありますので、ぜひ合わせてチェックしていただけたらと思います。
引用: https://resize-kinarino-mall.k-img.com/cv69145/q=85,progressive=y,rmprof=y,autoorient=y,jpeghint=y,dw=640/item_images/000/036/703/5f1b117f73eecfef043d17319973264b0873767f.jpg?1466057728
ほうきには種類があるとご紹介しましたが、次は実際にほうきの種類と選び方についてご紹介したいと思います。先ほども挙げたように、ほうきと言っても種類がたくさんあると共に、使用する場所が異なります。そのため、これからほうきを購入しようと考えている方や買い換えようと考えている方はぜひご参考いただけたらと思います。

玄関・外でほうきを使う場合は?

引用: https://shop.r10s.jp/e-takasago/cabinet/cms/nsb005_2.jpg
まず最初にご紹介するのは外や玄関先でほうきを使用する場合です。外や玄関先で使用することがほとんどだと思いますが、その時におすすめなのが黒シダのほうきです。黒シダは名前からもわかるように、上記の画像のような黒ほうきなのですが、作りがしっかりとしたものが多く、毛先がハードタイプが多いです。そのため、大きめのゴミなどもしっかりと外に掃き出すことができるので、外や玄関先で掃除をすることが多い場合は黒シダのほうきを選ぶのが好ましいです。

室内でほうきを使う場合は?

引用: https://shop.r10s.jp/meipro/cabinet/item10/10005-2.jpg
次にご紹介するのは室内で使用する場合のほうきです。部屋が広い方や、しっかりと掃除をしたい場合はほうきを使う方も多いと思います。室内で使用するほうきは室内専用のものを用意しますよね。室内でのほうきかけを行う場合はできれば国産のほうきがおすすめです。国産ほうきはやや高価なのですが、国産ほうきは手編みなどが多く、木目が細かい物が多いです。そのため、室内でできる細かいゴミなども払ってくれるのでおすすめです。
引用: https://www.taketora.co.jp/shop/item/taketora/picture/goods/1464_1.jpg
さらに、室内で使う場合は棕櫚(シュロ)のほうきもおすすめです。棕櫚の箒も国産が多く、木目が細かいです。使い勝手がいい物が多く、持ち手部分が短いものが多いです。特に棕櫚のほうきはフローリングなどを掃く際にうってつけで、ほうきの毛先が溝にも入るので綺麗にゴミを掃ききることが可能です。そのため、洋室などフローリングが多い場合はシュロのほうきを使用するのがおすすめと言えます。

耐久性に優れているほうきは?

引用: https://jp.images-monotaro.com/Monotaro3/pi/full/mono50438194-170331-02.jpg
次にご紹介するのは耐久性に優れているほうきです。国産ほうきなどは繊細で目が細かいものが多いのですが、使い続けているとやはり傷んでしまう場合があります。しかし、最近は耐久性が高いほうきも存在し、耐久性が強いほうきは外や玄関先での使用がおすすめです。耐久性が優れているほうきは素材がポリプロピレンやナイロンのような素材で作られています。壊れにくく何年も使い続けることができるので、コスパが良いと人気です。

ちょっとしたところを掃きたい場合は?

引用: https://www.taketora.co.jp/shop/item/taketora/picture/goods/801_1.jpg
次にご紹介するのはちょっとしたところを掃きたい場合です。ちょっとしたところを掃きたい場合は上記の画像のような手箒を用意するのがおすすめです。手箒も室内などのフローリング掃除に活躍してくれやすいのですが、テーブルなど木製製品の掃除の場合に活躍してくれやすいです。手箒は国産のものも多いのですが、しなやかなので掃除がしやすく、綺麗に掃くことができるので、ちょっとしたところを掃除したい場合は手箒を用意するようにしましょう。
引用: https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/6/f/1140/img_6fe4f834fd92f6a071c0ec8ced600b871148019.jpg
棕櫚のほうきや黒シダのほうきなどほうきの選び方をご紹介しましたが、次は実際におしゃれで人気が高いおすすめのほうきをご紹介したいと思います。ほうきと言っても高価なものもあるのですが、今回はおしゃれでコスパに優れているほうきをご紹介します。買い換えようと考えている方やほうきを購入しようと考えている方は要チェックです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61wluBdThuL._SL1500_.jpg
まず最初にご紹介するおすすめのほうきは「アズマ 外ほうき」です。こちらは名前にもあるように外専用のほうきなのですが、外だけでなく、玄関先の掃除を行う場合にもおすすめです。ヤシの葉脈で作られているほうきなので中は空洞になっており、ゴミなどを掃きやすいほうきです。弾力もあるので、大きなゴミもしっかりと掃くことが可能です。
アズマ 外ほうき 名匠168 外苑ほうき
価格 ¥ 1,169
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/613cY-HPb8L._SL1500_.jpg
次にご紹介するおすすめのほうきは「矢車印 棕櫚手箒」です。こちらは棕櫚(シュロ)のホウキなのですが、持ちてが短いため、かなり使いやすいです。デザインもシンプルなのですが、おしゃれな雰囲気も演出しやすく、高級感が漂う点も多くの方に人気です。フローリングを掃くことが多い方などにはおすすめと言えます。
矢車印 棕櫚手箒五つ玉
価格 ¥ 1,820
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NUbl3xRjL._SL1300_.jpg
次にご紹介するおすすめのほうきは「レデッカー わらほうき」です。こちらも名前からもわかるように、わらで作られたほうきで、価格が安い点も魅力となっています。国産ではありませんがハンドメイド製品で、周りにおしゃれな印象を感じさせやすいです。口コミでも可愛いという意見が多く挙がっており、特に女性人気が高いので、お洒落で可愛いほうきを使いたい方にもおすすめと言えます。
レデッカー(REDECKER) わらほうき 80cm 14580
価格 ¥ 950
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71t5ZFPzdXL._SL1500_.jpg
次にご紹介するおすすめのほうきは「アズマ 天然素材の室内用ほうき」です。名前通り室内にうってつけのほうきなのですが、繊細な作りが多くの方に好評です。こちらはほうき職人の方が手作りで作っているので、1日20本しか作れない貴重なほうきで、その繊細に作られたほうきはどのような場所でも綺麗にゴミを取り除いてくれます。特にフローリングや畳などで活躍してくれやすく、ほうきの素材のホーキ草が畳と合うので、和室が多い方にまさにうってつけと言えます。
アズマ 『天然素材の室内用ほうき』 匠125 匠箒 短柄
価格 ¥ 3,180
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Pq3RbCFrL._SL1233_.jpg
次にご紹介するおすすめのほうきは「早川工業 ドロッピー ミディーセット」です。こちらは上記の画像をご覧頂いてもわかるように、化学製品のポリプロピレン素材のほうきとなっています。見栄えはかなりシンプルなのですが、カラーバリエーションが豊富であると共に、ちりとりもカラーと同じでセットとしてついてくるので、ポップでおしゃれな印象を作りやすいです。家具を好きな色で揃えたいという方にもおすすめです。
早川工業 ドロッピー ミディーセット ブルー 118249
価格 ¥ 1,080
引用: https://image.interior-book.jp/article/original/47377.jpg
今回はおしゃれなほうきについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ほうきと一言で言ってもご紹介したように色々なほうきが存在します。掃除する場所によって別々のほうきを用意しておくのがおすすめなので、ぜひ皆さんもご紹介した点をご参考いただきながらほうきを選んでいただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.1no1.jp/contents/goods/exp_1/garea1001587_0_01.jpg