// FourM
Driozmazzy6miluvqbli

ビューティー・ヘルス

CATEGORY | ビューティー・ヘルス

内臓脂肪を腹筋で減らす!割れるための効果的な方法を解説!

2019.01.24

ダイエットしたい場合はまず、内臓脂肪を減らす必要があります。様々な方法がありますが、ダイエットには腹筋運動が効果的です。今回は脂肪を効率よく燃焼させ、内臓脂肪を減らす腹筋の方法をご紹介します。この記事を参考にすれば、腹筋が割れる日も訪れるかもしれませんよ。

  1. 内臓脂肪を腹筋で減らすにはどのようにすればいい?
  2. 腹筋で減らすことができる内臓脂肪とは?
  3. 内臓脂肪が多いとどのような問題が?
  4. 内臓脂肪が増える原因は?
  5. 内臓脂肪を腹筋で減らす効果的な方法は?
  6. 内臓脂肪を減らす腹筋アイテムは?
  7. 【まとめ】効果的に内臓脂肪を燃焼させていこう!
引用: https://i2.wp.com/nimai-me.com/wp-content/uploads/2017/09/ed95d7e7e1c9e6bd43f03d14e1b3e79d.gif?fit=640%2C438&ssl=1
ダイエットでお腹を凹ませるためにはお腹の内側、内臓脂肪を燃焼させていく必要があります。内臓脂肪は腹筋を行うことによって燃焼させることができるのですが、腹筋の鍛え方にはコツが有り、正しいトレーニングを行わないと効果が半減してしまいます。今回はダイエットやトレーニングでも注目されやすい、腹筋運動での内臓脂肪の減らし方についてご紹介したいと思います。
引用: https://amd.c.yimg.jp/im_siggKHy62Ayihr7zBRbB28lFcw---x400-y267-q90-exp3h-pril/amd/20180919-00037468-theanswer-000-2-view.jpg
内臓脂肪とは、体の内側につく脂肪のことです。言葉のニュアンスから内臓そのものにつくイメージがありますが、内臓の周りにつく脂肪のことを指します。皮下脂肪と違って燃焼しやすいのですが、燃焼させても外見からはわかりにくいのが特徴です。そのため、痩せているように見えても内臓脂肪がたくさんついているということも。健康のためにも内臓脂肪を燃焼させていきましょう。
引用: https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FMocosuku%2FMocosuku_41005_1.jpg&t=jpeg&q=70&w=600
内臓脂肪がつきすぎると身体を壊しやすくなり、生活習慣病の原因・引き金になってしまいます。当たり前ですが、内臓脂肪はできるだけ減らすのが好ましいと言えます。特に内臓脂肪は外見から見えにくいため、身体の変化に気付くのに遅れてしまうことが多いです。自分は痩せていると思っている方ほど要注意なので、自分は大丈夫だと思っていても自分の内臓脂肪量をチェックしてみましょう。
引用: http://sakurajadehouse.com/wp-content/uploads/2014/05/ok...90951.jpg
内臓脂肪を減らすほうが好ましいとご紹介しましたが、内臓脂肪がつくには原因が当然存在します。内臓脂肪がつく原因とされているのが食生活のリズムです。規則正しい食事では内臓脂肪は比較的つきにくいのですが、食生活リズムが崩れていると内臓脂肪はつきやすいと言われています。特に女性よりも男性の方が内臓脂肪がつきやすいので、食生活リズムはできるだけ意識して改善していくのがおすすめです。
内臓脂肪を減らすためには、腹筋を鍛えるのがいいとされています。腹筋は有酸素運動の一つですが、室内で気軽に挑戦することができるので、多くの方におすすめです。さらに、腹筋運動をしっかりと行うことによってを腹筋を割り、たくましい姿を作ることができます。上記の動画は正しい腹筋のやり方を紹介している動画ですが、内臓脂肪に刺激を与えるためにもできれば回数よりも呼吸を意識しながらゆっくり行うのが好ましいです。
内臓脂肪を減らしてさらにお腹を割りたい方は上記の動画のツイストクランチがおすすめです。普通の腹筋も効果的なのですが、ツイストクランチは名前にもあるようにねじりの動作が含まれるので、さらに腹部に刺激を与え、腹筋に強い負荷をかけることができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DxcdtF0GL._SL1000_.jpg
内臓脂肪を減らすと共に、腹筋が割れるようにトレーニングを行う男性も多いのですが、腹筋が割れるようにトレーニングするのにおすすめのアイテムが存在します。アブホイールは人気が高く、使っている方も多いトレーニング器具です。価格もお手頃なので、腹筋を割れるよう努力しているあなたにおすすめの一品。下記の動画はアブホイールの正しい使い方をご紹介した動画なので、合わせてチェックしていただけたらと思います。
Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き
価格 ¥ 1,370
引用: https://kintorecamp-ivitsqn.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2018/03/shutterstock_705814171-e1521954052266.jpg
今回は内臓脂肪を減らす腹筋についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。腹筋運動と一言で言っても、正しい鍛え方を知っている人は少ないです。回数をこなせばより効果を出しやすいイメージがありますが、ゆっくり呼吸を意識しながら行うのが最も効果が出やすい方法です。正しい腹筋の仕方を知って、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.j-wave.co.jp/blog/news/assets_c/2018/06/180605_1-thumb-480x300-74820.jpg