Muraddghkvzxfiqyirqw

音楽

CATEGORY | 音楽

ボイパ初心者の練習方法は?コツがわかればあの人のボイパの真似も簡単!?

2019.01.22

初心者の方はボイパの練習がしたくてもどのような方法で練習すればいいかわからないですよね。コツを掴めば誰でも簡単に真似がができるようになり、8ビートも上手にできるようになります。今回はボイパ初心者におすすめの練習法をご紹介します。

  1. ボイパ初心者の方はどのようなことを意識するのがいい?
  2. ボイパとは?
  3. 初心者におすすめのボイパの練習法は?
  4. 初心者におすすめのボイパの練習法:①楽譜・ドラム譜・音源を用意
  5. 初心者におすすめのボイパの練習法:②基本的な音を覚える
  6. 初心者におすすめのボイパの練習法:③8ビートに挑戦
  7. 初心者におすすめのボイパの練習法:④上手な人の真似をしてみる
  8. 初心者におすすめのボイパの練習法:⑤他の曲でも挑戦
  9. 【まとめ】ボイパを上手にしてライブを盛り上げよう
引用: https://stacademy-images.s3.amazonaws.com/uploads/classroom/cover_image/12412/cover_f64ffbe1-1ad2-48d2-ad50-4be3b1c152b4.jpg
ボイパはライブなどで行うと盛り上がりますよね。少し前に「ハモネプ」というテレビ番組がありましたが、この番組でボイパがかなり有名になりました。口だけで様々な音・リズムを作るので一見難しそうに見えますが、出来るようになると面白いものですよ。今回はボイパ初心者の方にご参考にしていただきたい練習法をご紹介したいと思います。
引用: http://start01.info/wp-content/uploads/2016/06/1G1Zz-1-300x217.jpg
ボイパとはボイスパーカッションの略称でもあり、口に含んだ空気の破裂音などを利用して楽器などの音を再現し、リズムを作っていく技法になります。ほとんど道具を使わないのでシンプルな技法ではあるのですが、上手になるまでにはかなりの練習が必要なので、マスターしようと考えている人はある程度の練習期間が必要です。
引用: http://skillup-plus.com/wp/wp-content/uploads/2016/11/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF_1478959294.jpg
ボイパについて簡単にご紹介しましたが、次は実際に初心者の人に是非挑戦してほしいボイパの練習法をご紹介していきたいと思います。ボイパの練習はある程度の期間が必要なので、焦らず順番を守って練習していただけたらと思います。繰り返し練習するのが上手になる秘訣です。
引用: https://static.minne.com/productimages/21435329/large/422c860ee157b0f18f3a8e8e5e2becabe07e26c6.jpg?1472308534
まずは練習の下準備として、楽譜・ドラム譜・音源を用意しましょう。しっかりと楽譜やドラム譜・音源などを用意して、ボイパの練習ができるような環境を作ります。しっかりとした一定のリズムをマスターしたい場合はメトロノームを使って練習するのも良いでしょう。
引用: https://school.jp.yamaha.com/music_lesson/wp-content/uploads/img_drums_1.jpg
まず行う練習は、基本的な音を覚えることです。ボイパは空気の破裂音で音を出すとご紹介しましたが、口の動かし方などで音が変わります。特にドラムのような音が出しやすく、色々な音を出せるようになると表現力の幅が広がるので、まずはどのような音が出せるのか覚えて連続して出せるように練習していくのが必要です。
引用: https://i0.wp.com/groovygroove-blog.com/wp-content/uploads/2016/02/8beat_bass-drum_voicepercussion.jpg?resize=1024%2C235&ssl=1
次にご紹介する練習法は8ビートに挑戦することです。8ビートはボイパの一番最初の試練だと思いますが、この8ビートがボイパの中では基本となります。上記の画像のように楽譜を用意して8ビートが一定的に出せるようにしっかりと練習しましょう。8ビートの練習を行うときは最初に用意した音源などと合わせながら練習するのが好ましいです。
練習の際は、実際に上手な人の動画などを見ながら8ビートに挑戦するのも効果的です。上記の動画のようにボイパが上手で有名な方が、動画を投稿しています。特にDaichiはビートボックス・ボイパが上手であることで有名なので、参考にしてみてくださいね。
ちなみにユーチューバーとして人気が高いヒカキンも、ボイパが上手いことで有名です。そのため、ヒカキンの動画でもボイパをしている姿が投稿されています。上の動画はDaichiとヒカキンがボイパ対決をしている動画なので、ぜひご参考いただきながら真似をしていただけたらと思います。
最後は既存の曲にボイパを合わせていく練習法です。実際の曲があるとそれぞれの曲でテンポが異なるので、かなりの練習になります。最初は難しいと思いますが、ボイパが上達した頃になると簡単に曲に合わせてできるようになります。是非挑戦してみていただけたらと思います。
引用: https://stacademy-images.s3.amazonaws.com/uploads/class_detail/class_image3/40278/detail1_104f7a92-20d6-47bd-8598-0c9aa0545ddc.jpeg
今回はボイパの練習法について簡単にご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ボイパが上手くなるまでにはそれなりの練習期間は必要ですが、できるようになると一つの特技にもなります。ぜひ皆さんもボイパができるように練習してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://kimamana-topic.com/wp-content/uploads/daichi1.jpg