R9o8yjampwjctpquxzd7

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

バスケのフォームを綺麗にしたい!フォームが気になるあなたに送る練習法

2019.01.22

バスケでは、シュートの際に綺麗なフォームを心がける必要があります。汚いフォームでは正確なシュートを放つことができず、せっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。今回はバスケのフォームを綺麗にすることができる練習法・種類をご紹介したいと思います。

  1. バスケのフォームは綺麗にすると精密度が上がる!
  2. バスケのシュートの種類はこちら!
  3. バスケのフォームを綺麗にするポイントは?
  4. バスケのフォームを綺麗にするポイント:①リズム感
  5. バスケのフォームを綺麗にするポイント:②体幹
  6. バスケのフォームを綺麗にするポイント:③真っ直ぐ飛ぶ
  7. バスケのフォームを綺麗にするポイント:④ボールの持ち方
  8. バスケのフォームを綺麗にするポイント:⑤肘の動き
  9. 【まとめ】バスケのフォームを綺麗にしてかっこよく決めよう!
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=339x1024:format=jpg/path/s4e73acd3d33eafa4/image/ie633a258d59b0b7d/version/1489478211/image.jpg
バスケットボールは世界中からも愛されているスポーツで、学校の授業でも取り入れられていますよね。人気のバスケですが、フォームが綺麗でないとシュートが決まりにくいです。フォームが汚いとシュートにブレが大きく、せっかくのチャンスをものにできません。今回はシュートを綺麗なフォームに変えるポイントをご紹介したいと思います。
引用: https://basket-count.com/wp-content/uploads/2018/11/jpn1128.jpg
まず最初にご紹介するのはバスケのシュートの種類です。バスケのシュートと一言で言っても種類はたくさんあります。動画で練習方法も紹介しているので、ぜひご参考いただけたらと思います。

バスケのシュートの種類:①フリースロー

まず最初にご紹介するのはフリースローでのシュートです。フリースローはバスケの中でも最も基本的なシュートですよね。試合では周りに人がいる上に妨害が入ってくる状況ですが、初心者の方やフォームが汚い人はここから修正・練習をしていくのが好ましいです。フリースローはできるだけ、ゴールと真正面になり、まっすぐ飛ぶようにボールを放ちます。

バスケのシュートの種類:②レイアップシュート

次にご紹介するシュートはレイアップです。レイアップはフリースローと比べてやや難易度が上がるのですが、ランニングシュートと言われており、勢いのあるシュートになります。レイアップはフォームが大切であると共に、スピードの緩急が大切です。リングに近づく際は高速で走り、ジャンプした際には速度を落として正確なシュートを放ちます。

バスケのシュートの種類:③ダンクシュート

次にご紹介するのはダンクシュートです。ダンクシュートはバスケのシュートの中では一番華やかなシュートですよね。海外チームの試合では行われることが多いのですが、日本ではあまり見かけないシュートでもあります。ダンクシュートはタイミング・身長・跳躍力・体幹と必要な点が多いので、難易度が高いシュートの種類になります。

バスケのシュートの種類:④フックシュート

次にご紹介するバスケのシュートはフックシュートです。フックシュートはレイアップ同様のスタイルにはなるのですが、レイアップよりは難易度が低いです。バックボードに軽く当てて入れるようなイメージで練習を繰り返すとコツをつかみやすいです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbaQ-dOOKOP9tu3P61pPbuqmg6bOP2oquVlODmWs1cYYY3RHtRxA
バスケのシュートの種類についてご紹介しましたが、次はバスケのフォームを綺麗にするポイントについて簡単にご紹介していきたいと思います。フォームを綺麗にするだけで精密度は大きく上がるので、フォームを綺麗にしたいと考えている方はぜひご参考ください。
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggpqAU3vd.VXNQ4hcEtUbDiQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1225115752
まず最初にご紹介するバスケのフォームを綺麗にするポイントはリズム感です。フォームと一見あまり関係ないイメージですが、リズム感よくボールを放たないと姿勢を崩しやすいです。フォームができていてもそれを維持することができなければ意味がないので、フォームを綺麗にするためにもリズム感を良くすることが必要です。
引用: https://fcl-education.com/wp-content/themes/fcl-pc/iwf/vendors/timthumb.php?w=819&h=400&src=https%3A%2F%2Ffcl-education.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2017%2F10%2FFCL-1016.jpg
次にご紹介するフォームを綺麗にするポイントは体幹です。肉体の芯を鍛えてあげることによってブレのないシュートを放つことができるので、体幹は鍛えるようにしましょう。
引用: http://sports.jp.fujitsu.com/blog/f-redwave/wp-content/uploads/sites/4/2017/07/mkm_5220.jpg
次にご紹介するフォームを綺麗にするポイントは真っ直ぐ飛ぶことです。こちらはジャンプシュートになるのですが、真っすぐ飛ばないと当然ボールが飛ぶ位置がブレます。当たり前のように感じますが、意外と真っ直ぐ飛ぶのは難しいことです。ジャンプをする場合はまっすぐ上空に飛ぶことができるような練習を重ねましょう。
引用: http://hoops-japan.com/wp-content/uploads/2018/07/IMG_0449-2.jpg
次にご紹介するフォームを綺麗にするポイントはボールの持ち方です。手の指の付け根はしっかりとボールにつけるようにしましょう。ボールを持つというよりもボールを支えるというイメージで、弧を描くために持ち上げてあげるようなイメージで持つのが好ましいです。
引用: http://www.bbspirits.com/wordpress/wp-content/uploads/2014/02/tak140206b.jpg
次にご紹介するフォームを綺麗にするポイントは肘の動きです。こちらも初心者の方やフォームが汚い方にありがちなのですが、シュートの時に肘が変な方向に動いてしまう人がいます。肘はや脇はできるだけ締めてシュート打つのがポイントです。シュートの際は、肘の動きも意識するようにしましょう。
引用: https://basketballking.jp/wp-content/uploads/2017/03/top.jpg
今回はバスケのフォームについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。バスケのフォームは綺麗にするために何度も繰り返して練習する必要があります。練習すれば誰でも綺麗なシュートを打つことができるようになるはずです。ぜひ皆さんもご参考にしていただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://hoops-japan.com/wp-content/uploads/2017/10/140525003750-ray-allen-shooting-game-3-052414.1280x720-678x381.jpg