// FourM
Gy7sldlu1oziknupda5y

自転車

CATEGORY | 自転車

ロードバイクでソロキャンプをするための準備方法!テントや装備は?

2019.01.18

ロードバイクでのソロキャンプに必要なアイテムをチェック。パッキングはできるだけ軽量でコンパクトな方がいいだろう。荷物が多くなる傾向があるが、テントや持ち物、装備などはどんなものを持っていけばいいのか。ロードバイクのソロキャンプでの持ちものをチェック!

  1. ロードバイクでのソロキャンプの装備や持ち物とは?
  2. ロードバイクのソロキャンプはパッキングを軽量に
  3. ロードバイクのソロキャンプの持ち物を決めるポイント
  4. 最低限の装備【ロードバイクのソロキャンプの持ち物】①:テント
  5. 最低限の装備【ロードバイクのソロキャンプの持ち物】②:サイドバッグ
  6. 最低限の装備【ロードバイクのソロキャンプの持ち物】③:防寒防水スーツ
  7. 最低限の装備【ロードバイクのソロキャンプの持ち物】④:シェラフ
  8. ロードバイクのソロキャンプに必要な荷物を厳選してパッキングしよう!
ロードバイクでのソロキャンプは、自由で快適に過ごしたい。持ち物に気をつけたいソロキャンプだが、あまりに荷物が重くなってしまっても動きにくいので、軽量で最低限の荷物で楽しく過ごしたいところ。ソロキャンプに持っていくべきパッキングする持ち物や装備をチェック。ロードバイクのソロキャンプを楽しもう!
ランドナーとは違って、ロードバイクは旅目的というよりもレース目的で作られているので、できれば荷物は軽量にパッキングしたい。強度は問題がないので、軽量にして短距離から長距離まで、ソロキャンプで使えるバイクと言える。
ロードバイクのソロキャンプで持ち物を決める際のポイントをチェック。荷物が多くなりがちなソロキャンプなので、荷物を厳選することをおすすめしたい。また、地域ごとの条例で、ロードバイクに積載できる荷物の大きさが決まっている。スムーズな旅を実現するためにも、長さ45CM以内を目安にして荷物を選ぼう。

最低限の荷物

ロードバイクでソロキャンプをするのであれば、まずは持ち物を決めたい。パッキングをできるだけ少なくしたいロードバイクなので、最低限必要な荷物を割り出して、そこに足していくという考え方が有効だろう。

重量

特に長距離の運転ともなれば、持っていく装備や持ち物の重量は考える必要があるだろう。重たくなってしまいがちなテントの重量は、1kg前後から2kgほどが適しているのではないだろうか。その他の荷物も軽量化を意識するといいだろう。

サイズ

走行時の安全性にも影響するサイズ。あまりに大きいサイズのものになれば、地方の条例などもあり走行が危険と判断される場合も。できるだけ荷物のサイズは小さく見積もって準備しよう。

モンベル  ムーンライトテント1型 グリーン 1122286 GN キャンプ用品 テント

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/314jhzsAktL.jpg
モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型 1122286
価格
前述したとおり、テントはできるだけ荷物にならないように、軽量なソロ用のテントを用意しよう。さまざまなタイプのテントがリリースされているので、合わせてチェックすることをおすすめしたい。

オルトリーブ  バックローラー シティ 40L(ペア)

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81URKPDjO5L._SL1500_.jpg
ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー シティ 40L(ペア) サイドバッグ 【並行輸入品】
価格 ¥ 12,800
容量が重要になってくるサイドバック。天候や環境が変わりやすいソロキャンプなので、その他に防水性や耐久性を重視したい。見た目のデザイン性などを重視したい人もいるかもしれないが、この3点をまずチェックしてから選ぶことをおすすめしたい。

リプナー(LIPNER) 防水防寒スーツ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71jt7N%2BMI7L._SL1200_.jpg
リプナー(LIPNER) 防水防寒スーツ・オーウェン
価格
体調管理なども重要になるソロキャンプ。防水防寒スーツは、さまざまな局面で役立つ服と言えるだろう。雨降りや夜の気温が下がる時に着用して、体調管理を行うように心がけよう。

AUGYMER シュラフ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51lmyXGaGfL._SL1001_.jpg
AUGYMER シュラフ 寝袋 封筒型2018年最新型手が出せる可能 最低使用温度-5℃ 1.35kg 220cm 1人用 丸洗いできる 連結可能 防水 コンパクト 収納便利 抗菌仕様 地震 避難緊急用 防災グッズ アウトドア スリーピングバック 耐寒 冬春夏秋用 軽量 車中泊 キャンプ 登山 天体観測用 寝具 オフィス昼寝 夜勤 来客用 布団 オールシーズンのねぶくろ
価格 ¥ 3,780
テント内での睡眠で暖かく身体を保ってくれる寝袋。最近では、オールシーズン使えて価格もリーズナブルなものがリリースされている。こちらも重量などを加味して、適切な物を手に入れるようにしよう。
ロードバイクのソロキャンプでの荷物のパッキングは、できるだけ重量を減らして、最低限必要なものを持っていくのが得策。条例に引っかかることのないように荷物を準備しよう。重量やサイズにも注意して、旅の途中で動きづらい状況が出ないように気をつけたい。ロードバイクのソロキャンプに必要な荷物を厳選してパッキングしよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.road.cc/sites/default/files/styles/main_width/public/fully-loaded-touring-bike-cc-nc-nd-2.0-michael-rosensteinflickr.jpg?itok=RKFWGZlH