Azmhfrpidavagfsgfatf

自転車

CATEGORY | 自転車

マウンテンバイク初心者へ!通勤や街乗りにおすすめのバイクはこれ!

2019.01.11

ラインナップの多いマウンテンバイク。初心者の人なら、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いのでは。街乗りや通勤から、アウトドアのコースを走破までこなすおすすめのマウンテンバイクをご紹介。初心者の人も自分に適したマウンテンバイクを選ぼう!

  1. 街乗り通勤からアウトドアコースまで走破!初心者がチェックしたいおすすめのマウンテンバイクとは?
  2. コースを快適に!マウンテンバイクを選ぶ際にチェックしたいポイントとは?
  3. 初心者におすすめのマウンテンバイク①:ジャイアント タロン2
  4. 初心者におすすめのマウンテンバイク②:トレック マリーン7
  5. 初心者におすすめのマウンテンバイク③:ビアンキ クマ27.3
  6. 初心者におすすめのマウンテンバイク④:キャノンデール トレイル7
  7. 高性能なマウンテンバイクで、街乗りやトレイルコースを楽しもう!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rg1rPh4zL._SY355_.jpg
山の中の険しい道はもちろん、街中の平坦な道路まで軽快に乗りこなすことが出来るマウンテンバイク。メーカーごとに個性の違うかっこいいマウンテンバイクには、多数のラインナップがある。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41XliSWafCL._SX355_.jpg
しかしながら、初心者の人ならどのバイクを選べばいいのか分からないという人も居るのではないだろうか。この記事では街乗りからアウトドアコース、ひいては通勤にも使えるおすすめのマウンテンバイクをご紹介しよう!

サスペンション

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/81P0gXBxOsL._AC_SS350_.jpg
マウンテンバイクのサスペンションは、悪路を走行するときにもそのタイヤからの衝撃を和らげてくれる機能を持っている。前輪のみにサスペンションがある「ハードテイル」タイプと、リアにもサスペンションがついている「フルサスペンション」の2タイプが用意されている。

ブレーキ

引用: https://previews.123rf.com/images/spv/spv0903/spv090300105/4512598-%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%88%86%E3%82%92%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%82.jpg
ブレーキにはワイヤー式とディスクブレーキの2種類があり、アウトドアコースを楽しむ人ならディスクブレーキを選択したい。少ない力でブレーキをコントロールすることができ、手が疲れないというメリットが挙げられるからだ。また、初心者の人でワイヤー式を選ぶなら、制御しやすい油圧式を選ぶのがおすすめだ。

ホイールのサイズ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/611rBUMSWUL._SY355_.jpg
ホイールサイズとして人気が高まっている650Bはおすすめ。26インチよりも少し大きいサイズとなっており、制動性などを考えるとこのサイズは使いやすい。スピードや機敏さ、ハンドリングなども加味して、扱いやすいサイズと言えるだろう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51vU5g8501L._SR600%2C315_PIWhiteStrip%2CBottomLeft%2C0%2C35_SCLZZZZZZZ_.jpg
アルミフレームで重量も12kg程度と軽量で高性能なジャイアントのタロン2。ハードテイルタイプのサスペンションを装備しており、マウンテンバイクのエントリーモデルとして名高い。価格も10万円以下とリーズナブルで、ジャイアントのコストパフォーマンスの良さが伺えるバイクだ。
引用: https://otr.jp/wp-content/uploads/2018/06/Marlin7WSD_19_23122_B_Primary-1024x683.jpg
アメリカの人気メーカー・トレックが送り出すマウンテンバイクのエントリーモデルであるマリーン7。重量は14.29kgであり、サスペンションはハードテイル。通勤などの街乗りはもちろんのこと、トレイルコースでもその性能を発揮する。価格もリーズナブルで手が届きやすい。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61E8bEtMZhL._SX355_.jpg
数々の有名な世界でのレースの活躍も知られているビアンキ。そのエントリーモデルとなるクマ27.3もおすすめのマウンテンバイク。チェレステと呼ばれる青と緑のカラーリングが特徴のバイクは、走行性能なども定評がある。性別問わずおしゃれで乗りやすいマウンテンバイクだ。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/513xMEJr74L._SR600%2C315_PIWhiteStrip%2CBottomLeft%2C0%2C35_SCLZZZZZZZ_.jpg
コストパフォーマンスと性能、軽量なマウンテンバイクとして使い勝手のいいキャノンデールのトレイル7。クールな外観に加えて、衝撃吸収性能が走行に違いを見せてくれる。エントリーモデルは価格も安く、街乗りからトレイルコースまでたのしむことができるだろう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FPvlnldFL._SX355_.jpg
平坦な道路から、トレイルコースなどの舗装されていない道を走破できるマウンテンバイク。コストパフォーマンスの高いエントリーモデルは人気も高く、初心者の人でも通勤から趣味のトレイルまでを楽しむことが出来る。各メーカーの特徴などもチェックして、最適なバイクを見つけたい。高性能なマウンテンバイクで、街乗りやトレイルコースを楽しもう!