Lgbaol0gtvaowm9qkjwu

教養・雑学

CATEGORY | 教養・雑学

フランス語のスラング一覧!ドラマや映画で耳にする表現が一目瞭然!

2019.01.10

フランスのドラマを見る機会が増えればフランス語のスラングを耳にすることも多く、スラングを知っていなければ意味が分からないということもあり得る。悪口にも使われるが、時にかわいい、かっこいい、または下品なフランス語のスラング一覧をチェックしておこう!

  1. 知っておいて損はない!フランス語のスラングを一覧でチェック!
  2. フランス語の頻出スラング①:Mec(メック)
  3. フランス語の頻出スラング②:Nana(ナナ)
  4. フランス語の頻出スラング③:boulot (ブーロ)
  5. フランス語の頻出スラング④:Nickel(ニッケル)
  6. フランス語の頻出スラング⑤:bouffer(ブフェ)
  7. フランス語の頻出スラング⑥:N’importe quoi(ナンポ-ト コワ)
  8. フランス語の頻出スラング⑦:Putain !(ピュタン!)
  9. フランス語の頻出スラング⑧:Putain de Merde!(ピュタン・ドゥ・メ-ルド!)
  10. フランス語のスラングを網羅して、さらにフランス語を極めよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/6a/c7/59/6ac7596a43e18be889e87817496a19db.jpg
フランス語を勉強している人や、ドラマを見る機会のある人なら、スラングについても一通り知っておきたい。会話に置いてスラングを使われるとなれば、意味がよくわからなくなるケースも考えられる。中には悪口に使われるスラングもあるが、かわいいスラングやかっこいいスラングもある。下品なイメージだけではないスラングを一覧でチェックしよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/54/32/43/54324395c5acbf4269e9740480d18c01.jpg
男性名詞として使われているのがMec(メック)。この単語は、英語でいうところのguyという意味に近く、友達同士や中のいい男性どうしで使われることが多い単語。これが流暢につかうことができればかっこいい単語と言えるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/4b/9b/c74b9b6747fbfa322ed0a519c6c3678f.jpg
女性名詞で使われるNanaは、女性や女の子という意味。通常なら女性はfemme(フェム)と習うところだが、Nanaを会話の中で使い分けられればかわいい。仲のいい女性に対しては悪い意味などは特に無いので、安心して使うこともできる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/f6/d9/c7f6d974851e9ce5c8231ddb5fc56ce2.jpg
映画やドラマで耳にするboulot(ブーロ)は男性名詞としての「仕事」という意味のスラングだ。travail(トラヴァイユ)が仕事という意味の単語だが、こちらも少し下品さもありつつかっこいい言葉。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1e/f8/cd/1ef8cddf8d46a3744cd2375b45d0ff07.jpg
parfait(パーフェ)は「完璧」、つまりパーフェクトという意味の言葉。これがスラングになれば、Nicelという言葉になる。発音はニッケルとなり、鉱物のニッケルと同じ意味。若い世代の人がよく使うかっこいいスラングの一つ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/f0/f3/caf0f39b2cf3903abeec8a4be8b777bb.jpg
フランス語の食べるという意味の単語、manger(マンジェ)のスラングとなるbouffer(ブフェ)というスラング。日本語においては「食う」という意味が近い。少し下品ながら、ワイルドでかっこいいと思わせるスラングの一つ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/15/5c/13/155c131dbfb7dc685797cd838f84f9b7.jpg
フランス語で、「なにそれ?」という意味になる“N’importe quoi(ナンポ-ト コワ)”。なんとなくかわいい響きのスラングだが、日常生活においてはよく使われる言葉。また、言い争いや喧嘩のときには相手を見下す言葉として使われるので、悪口と認識されることもある言葉なので注意が必要だ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/65/8f/76/658f76722b24377ab15b1bf363f9c314.jpg
“putain!”(ピュタン!)という言葉は、フランス語を嗜んでいる人なら聞いたことがある言葉かもしれない。売春婦などという意味があるスラングだ。英語におけるFワードなどと並んで悪口にも使われる下品な言葉。何か失敗したときや、悔しい時にも使うスラングになっている。
引用: https://i.pinimg.com/564x/28/d5/df/28d5dfcfea6817ad25c550b0a0245b6a.jpg
上記の“putain!”という言葉が応用されている“Putain de Merde!”(ピュタン・ドゥ・メ-ルド!)は、相手を罵る悪口として使われる非常に下品な言葉。非常に失礼な言葉で、英語では“son of a b**ch”に近い意味となる。相手を罵る最上級の言葉なので、使わないようにするのが懸命だ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/f7/9c/71f79c9d811641b8dce0c2a3bf579efa.jpg
フランス語における日常会話でよく使われるスラングは、悪意のないかっこいい言葉や、かわいい言葉がいくつもある。しかしながら、使うときのシチュエーションや状況によっては、あまり良くないものも含まれる。スラングを知っておけば、聞き取る際に役立つ言葉もあるだろう。フランス語のスラングを網羅して、さらにフランス語を極めよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.ytimg.com/vi/_FYKIhJZdaI/maxresdefault.jpg